挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
目指す地位は縁の下。 作者:ビス
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

95/120

側室(仮)の迷い。



 サラリ、
艶やかな漆黒の髪に指を通す。何度もそれを繰り返していると、私の膝に頭をのせた陛下は、機嫌良さげに瞳を閉じた。


 顔色の悪い陛下が心配で、お休み下さいとお願いしたのだが、陛下は頷いてはくれなかった。
でも引き下がる訳にはいかないと、しつこく食い下がった結果、渋々と頷いて下さった。不機嫌そうに寄った眉間のシワや眇められた瞳に、怒らせてしまったかと怖くなったのだけれど……今考えると『怒っていた』のでは無く『拗ねていた』表情だったんだろう。


 膝枕をしてくれ。
それなら、休む。そう言って陛下は、まるで機嫌を損ねてしまった子供みたいだったから。


 膝枕をして直ぐに、不機嫌そうな様子は消え去り、今では上機嫌だ。
なんて可愛い方なんだろう。そんな事を考えていると知られれば、また機嫌を損ねてしまいそうだけれど。


「……サラサ」

「はい」


 低く艶のある低音が、私を呼ぶ。返事をすれば、陛下は目を開ける。
黒曜石の瞳が、見下ろす私を映した。


「何もなかったか」

「……」

「オレがこれない間に、お前を煩わせるような事は、なかったか」


 目を瞠り、一瞬固まってしまった私が答える前に、陛下は言葉を続け、問いを重ねる。


 私はゆっくりと、かぶりを振った。


「何も」


 少しだけ頭の片隅を掠めたものには触れずに、ただ微笑む。
けれど返されたのは、困ったような苦笑だった。


「……誤魔化すのが下手だな、サラサ」

「…………」


 嘘はついたつもりは無かった。けれど、目を逸らしたものがある事も事実。


 言葉に詰まる私を見て、陛下は苦笑を微笑に変える。その穏やかな瞳や笑みは、大人の男の人のもので、さっきまでの少し幼い顔が幻であったかの様。
下から伸びた大きな手が、私の髪をそっと撫でた。


「キサトがお前に何か贈ったそうだな」

「……はい。頂きました」

「オレよりも先にお前に贈り物をするとは、許せん」


 冗談めかして、陛下は言う。私の肩の力を抜かせるように、わざと(いかめ)しい表情を作って。
その優しさを嬉しいと思うのに、上手く笑えなかった。


「陛下には、本を頂きましたよ」

「あれは数えてくれるな。お前には、もっと良い物を贈りたい」

「いいえ。私は、嬉しかった。……宝石も美しい衣装も、私には勿体ないです」

「サラサ」


 宝石も衣も、私には価値が分からない。
嬉しいよりも先に、その重さに押しつぶされそうになった。


「……そんな顔をするな」


 陛下の手の甲が、私の目元をゆるゆると撫でる。涙は出ていない。
でも多分、泣きそうな顔をしているんだろう、私。


「……陛下、申しわけ、」

「謝るな」


 私の謝罪を陛下は遮った。


「謝らなくて、いい」


 陛下は、優しい。
今更になって、重さに押し潰されそうになっている私に気付いているだろうに、責めない。
臆病な私を、急かす事なく待ってくれている。


 それなのに、その優しさに応える事が出来ない自分が歯痒い。


「望まないお前に、色んなものを押し付けようとしているのはオレだ。謝るなら、オレだろう」

「いいえっ、」


 望まないものじゃ、ない。
私は、貴方を望んだ。それに付随する力や争いを、視界にいれる事が出来ていなかっただけで。


 私が好きになった方は、この国の頂点に立つ方。
全てを切り離して、アカツキ様だけを欲しがるなんて、出来っこないのに。


『唯一の寵妃……つまり貴方は現在、この後宮の誰よりも、皇后の地位に近いと言う事なのだから』


 アヤネ様に言われるまで、考えもしなかった。
皇帝陛下と、両想いとなる事の意味を。


 私は、陛下の事が好きな、ただの小娘です。
もっと言うなら、この国の民……いえ、この世界の人間ですらない。


 そんな人間が、この国の頂点に君臨する方の隣に立つなんて、許されないんじゃないか、そう思ってしまう。


「……いや、謝るべきはオレだ。お前が望まないと知っているのに……オレはサラサに、隣にいて欲しいと思っている」

「……へい、か」


 無意識に胸の辺りを押さえた。
胸が苦しい。嬉しい、嬉しい、嬉しいのに、苦しい。怖い。


 じわりと滲んだ涙を、陛下の指が掬い取る。


「わたしは、……この国の事を、殆ど知りません」


 箱入り娘以上に、私は何も知らない。
本やアヤネ様のお話で、知識は少しだけあっても、肌で目で耳で、己の体で得た情報は無いに等しい。


 そんな私が、この方の隣に立つ資格はあるのでしょうか。


.
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ