挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
目指す地位は縁の下。 作者:ビス
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

8/120

皇帝陛下の困惑。



「……どうかしたか?」


 またも深夜、忍んで訪れた部屋でオレを待っていてくれた少女に、オレはそう問うた。


 何時も通り笑顔で、おかえりなさいと出迎えてくれたサラサの様子が、今日は少々おかしい。


 嬉しそうな笑みも、オレのグラスに酒を注いでくれる、少しだけぎこちない手付きも何時も通りなのだが……何故か今日は、いつもよりも距離がある。


 心の距離、などとは言わない。武骨な男が、精神論など語るつもりは無い……物理的に少し遠いのだ。


 いつもは意識せずとも、柔らかで甘い彼女の香りを感じる。戯れに伸ばした手が、容易く彼女の髪を絡め取れる位の位置が常だ。


 それなのに、今日は違う。
サラサが意識的に開けたであろう、人一人座れる位の隙間が、酷く落ち着かない気分にさせる。


「………え、」


 オレの問いに、彼女は目に見えて狼狽した。
ソレを見て、この隙間が彼女の意志である事を確信する。


「……サラサ?」

「……う」


 体を退こうとした彼女の、寝台に付いていた手を上から重ねる様に押さえ、距離を詰める。
至近距離で真っ直ぐに瞳を覗き込めば、頬が薄らと赤く色付いた。


「……オレが何かしたか?」

「…………へ?」

「気付かないうちに、お前に不快な思いをさせてしまったか?」

「……え、は?」


 オレの言葉に、唖然としたサラサは、次いで戸惑う様に瞬きをする。


「そんな事、」

「……気を遣う必要は無い。嫌な事は、嫌と言ってくれ」


 慌ててかぶりを振るサラサの言葉を遮り、オレはそう続けた。


「オレは、気のきかぬ粗野な男だ。王族とはいっても、詩を諳じ楽を奏でる様な雅やかさなど欠片も持たぬ。……戦局は読めても、今お前が何を憂いているかは分からぬ情けない男だ」


 だからサラサ、嫌な事は嫌と言え。
でなければオレは、お前にどう触れたらいいか分からない。


 そう、心のままに吐露すれば、サラサは愛らしい顔を、熟れた果実の様に真っ赤に染めた。


 見開かれた目が戻るのに合わせ、眉も下がる。
困り顔のままサラサは、上目遣いにオレを見た。可愛い。


「……陛下は、何もしてません。…………これは私の問題なんです」


 ついつい引き寄せられる様に、サラサの髪を撫でようとしたが、サラサは顔を反らす事でそれを避ける。


 ……これで、何もしてないと言われてもな。


「……サラサ?」


 若干、恨みがましい目付きになってしまった様だ。サラサは呻き、言葉に詰まる。
やがてバツが悪そうに、彼女は小さな声で呟く様に話しだした。


「……これは何と申しますか……えーっと、罰則?」

「……は?」

「私なりに、私の気を引き締める為に決めた条件と申しますか……」

「……サラサ?」


 意思の疎通を図る為、名を呼ぶが、サラサはすっかり己の思考に捕らわれているようで、ぶつぶつと呟いている。


「私はダメダメです。初戦敗退したダメ子なのですよ。次は同じ失敗をしない為にも、罰の意味で陛下断ちといいますか……」

「……オレ断ち?」


 それは一体何だ。と目で問うと、キョトンと目を丸くしたサラサは、


「願いが叶うように、好きなものを断つ……ようは願掛けなのです」


 と、事も無げに言ってのけた。


 意志薄弱な私は会う事まで断てませんでしたので……せめて接触断ちです。
などと言う愛らしい猫を、




まったく。

どうしてくれようか。


.
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ