挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
目指す地位は縁の下。 作者:ビス
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

76/120

側室(仮)の別れ。



 エイリ家当主の処刑より3日後の今日。
ルリカ様は、後宮を去る。




「其処を退いて。イオリ」


 私は、前に立ち塞がるイオリを見上げて、強い口調でそう言った。


「なりません」


 だが相対する、私の護衛武官は厳しい表情を崩さず一蹴する。
普段甘過ぎる位に甘い彼女は、今度ばかりは私の我が儘を聞いてくれる気は無いようだ。


「お願い、イオリ」

「…………」


 命令しても懇願しても、彼女は頷きはしなかった。何度このやり取りを繰り返しただろう。
イオリは無言で、諫めるような視線を寄越すだけ。


「……っ、」


 感情的に怒鳴り散らしても、何の解決にもならない。
落ち着け、と己に言い聞かせるが、気は急くばかり。


 こうしている間にも、別れは迫っている。
もしかしたら、二度と会えないかもしれない……特別な別れが。


「お願いよ、イオリ……!私は、これ以上後悔したくない!」

「…………っ」


 必死な私は、酷い顔をしているのかもしれない。イオリは一瞬、息を詰めた。
しかし表情に迷いが感じられたのは、ほんの数秒で、振り切る様に顔を反らした彼女は私に背を向ける。


「……何と仰られても、お通しする事は出来ません」

「イオリ!」


 無情にも、扉が閉められる。扉を叩くが、開かない。
外側からも鍵がかかるのか、これ。と下品にも舌打ちしてしまった。


「これ以上、御身を危険に曝す事は出来ません。……どうか聞き分けて下さい」


 苦い声だった。


 彼女の、護衛武官としてのプライドを傷付けてしまったのは、私の浅慮ゆえ。
それを承知で我が儘を言う私は、本当に自分本位だと思う。
でもこれは、諦める訳にはいかない。


 私は、ルリカ様に言いたい事がある。


 閉じ込められてしまった私は、扉とは反対側の窓に近付いた。諦める気はゼロです。


 はしたないと思いつつも身を乗り出すと、裏手にも別の武官が待機していた。
目が合い、曖昧に笑って誤魔化すが、丁寧に礼をされる。……気まずい。


「……」


 予想はしていたとはいえ、ショックです。
前も後ろもダメとなると、……どうしよう。


 心は痛みますが、ここは仮病で騙すとか。演技力に自信は全くありませんが。
しかも私、殆ど病気にかかった事が無いので、余計に不安がつのる。


 頭痛が痛いとか言いだしそうで怖いわ。我ながら。


 ……それでも、やるしか無いんだ。
そう、私が覚悟を決めた時だった。


 裏手の窓が、コンコン、とノックされたのは。


「……?」


 窓越しに、手が見えた。
一瞬、さっきの武官さんかと思ったけれど、すぐに違うと否定する。
女性の手では無い。骨張ってゴツゴツとした手だ。


「……っ、」


 我ながら、これは病に近い気がする。手だけで分かるって、結構な重症だよね。
後宮に出入りする事が出来る男性、と考えて辿り着いた答えじゃない。


 私の大好きな手だと、感情が訴えた。


「…………っ、」


 窓を開けて身を乗り出す。もう、恥じらいなんて感じない。


 勢い良く開けた窓の向こう、少し驚いた様に瞠られた漆黒の瞳に、泣きたくなった。


「……へい、か」


 上手く言葉が出ない。
伝えたい事は山とあるのに、臆病な心と混乱する頭が邪魔をする。


「…………」


 何も言えない私に、陛下は眉間にシワを寄せた厳しい表情で、手を伸ばした。


「……ルリカ・エイリに、会いたいのだろう?」

「!」


 瞠目する私に向けて、陛下は両手を広げる。


「イオリを説き伏せている時間は無い。……おいで」


 何故ご存じなのだろう、とか疑問はあった。
でも、そんな事は些細な事。


 多忙なこの方が、私の為に動いてくれたのに、何を躊躇う事があるだろう。


 私は、広げられた両手に飛び込んだ。


.
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ