挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
目指す地位は縁の下。 作者:ビス
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

75/120

側室(仮)の苦悩。(2)



「はい」

「……ありがとうごさいます」


 手渡された水を、礼を言ってから呷る。冷たい水が食道を流れていくのを感じながら、私は深く息を吐いた。


「……大丈夫?」

「はい。……すみません。続けて下さい」


 血の気が戻らない為、まだ指先が冷たい。
たぶん顔色も酷いんだろう。真っ青な顔でまだ続けろと言う私に、アヤネ様は困った様に笑った。


 強情な私が引かない事は、短い付き合いながらも彼女には分かっているのか、アヤネ様はため息を一つつき、話を再開させた。


「……説明した刑の話だけれど、今回の件には、当て嵌まらないかもしれない」

「え……?」


 アヤネ様は、躊躇い言葉を濁した。


「……噂の域を出ないのだけれど、陛下は縁座や腰斬刑を廃止したいと考えていらっしゃる、と聞いた事があるわ」

「!」


 私は思わず立ち上がる。
それを見て、アヤネ様は苦い顔付きになった。


「あくまで、噂よ!……期待させておいて、前例と同じだった場合、より深い傷を負ってしまいそうだから、言いたく無かったのだけれど」


 アヤネ様は、額に手をあてて項垂れる。
最悪なパターンを予測して、心のダメージの軽減を計るのは日本人気質には合っているけれど……今は、希望を捨てたくない。


「助かる可能性も、あるのですね?」

「……ルリカ様はね」


 疲れた表情でアヤネ様は、尚書は無理よ。と付け加えた。


「吏部尚書の罪は、今回の件だけでは無いもの。今まで泣き寝入りしていた人達も、証言し始めているようだし」

「…………」

「腰斬を免れたとしても、死罪は確定でしょうね」


 死刑は、私の生まれた日本にもあった。
殺伐としたニュースが苦手な私は、チャンネルを変えたりもしていたけれど……。


 それでも今回の事は、目は反らせない。
これは、テレビ画面の向こうの話では無い。知り合いの、父親の話。


 私は再び椅子に腰掛け、目を瞑る。


 無罪放免では、被害者の人や家族が救われない。


 ……かといって、人が死ぬ事を、良かったなんて言えない。
でもそれはきっと、大切な人を奪われた事の無い私の綺麗事なんだ。


 今まで当り前に隣にいた人が、ある日突然帰って来なくなる恐怖を想像しただけで、何も言えなくなる。


「…………」


 私に、一体何か出来るだろう。


 国政に口を出す様な、資格も資質も無い。誰かを許す事も出来ず、裁く権利も無い。


 こんな未熟で中途半端な私に、一体何が出来るんだろう。


「…………」


 見上げた先、窓の外の空は、混乱し淀む私の心とは真逆に、雲間から光が差し始めていた。




 ――それから、一月後。


 元吏部尚書の死刑が確定し、打首に処された。


 縁座は適用され無かったが、エイリ家は財産没収及び、身分剥奪。
また吏部尚書と共に、贈賄等の不正に関わっていた吏部官吏は摘発され、処分された。


 尚書の弟、夫人の兄弟もその中に含まれた為、縁座は無くとも、エイリ家に関わりの深い家の殆どが没落する事となる。




 ……そしてルリカ様も、側室の地位を解かれる事となった。


.
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ