挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
目指す地位は縁の下。 作者:ビス
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

63/120

02



 それから程無くして、私達は二度目の邂逅を果たす事になる。


 他国との争いは変わらずあったが、やや膠着状態にあった為、私はすぐには戦場に戻らず、都で過ごしていた。


 傭兵業での稼ぎがまだ大分残ってはいるが、日雇いの仕事でも探そうかと街をぶらついていた私は、突然背後から声を掛けられた。


『モエギ様っ!』

『!?』


 鈴が鳴る様な愛らしい声に呼ばれ、私は目を瞠る。振り返ると、こんな場所にいる筈の無い少女が駆け寄って来た。


『やっぱり、モエギ様でしたわ!』


 息をきらせ頬を上気させたクレハは、私を見上げ、嬉しそうに笑う。


『どうして貴方が……家の者はどうされた?』


 名家の令嬢……しかも、つい先日攫われかけた娘を、一人で出歩かせるなど、あり得ない。
低い声で問うと、クレハは悪びれる事無く笑む。


『移動中に、モエギ様をお見かけしたので……誤魔化して置いて来てしまいました。』

『…………』


 私は深くため息をついた。
クレハにも問題があるが、箱入りの令嬢に、簡単に撒かれる方が大問題だ。
攫われた事も含め、カナイ家の警備態勢はどうなっているんだ、と問いたい。


『……貴方は先日攫われたばかりでしょう。軽率な行動は慎みなさい』

『!』


 諫める様に言えば、クレハは何故か目を丸くした。その上、嬉しそうに頬を染める。
……不可解な反応だ。身分を考えれば、無礼者と怒らせる事はあっても、喜ばれる事は無いと思うのだが。


『はい。有り難うごさいます。』

『……私は、注意したつもりです。礼を言われる覚えはありません』


 困惑し、そう返すが、クレハは余計嬉しそうな顔になった。
花の様な美貌が、ゆるりと綻ぶ。


『私を叱る者はおりません。父も母も甘やかすばかり。……モエギ様は私を心配して叱って下さったのでしょう?だから、有り難う、でいいのです』

『…………』


 私は、瞠目した。
甘やかされている、と言いながらも、クレハの表情は嬉しそうでは無かった。

寧ろ、叱られた事を喜んでいる。


『……モエギ様は、まだ都にいらっしゃるのですか?』

『……ええ。暫くは』

『それなら、またお会いする事は出来ませんか?』


 クレハに近付くという事は、あの男に近付く事。
偶然にでも会ってしまえば、己の中のどす黒いものが溢れてしまうかもしれない、という恐れがあった。
だが、クレハを拒む事が出来ずに私は、また会う事を約束してしまった。



『……モエギ様!』

『クレハ。』


 度々、彼女の家の裏門で、私達は会った。
裏門に番兵は配置されている筈なのだが、何日か置きに、数刻いなくなる事があるらしい。職務放棄だろう、それは。両親に教えた方がいいと言ったが、クレハは困った様に笑った。モエギ様に会えなくなってしまうわ、と冗談めかしていたが、理由は別にある気がする。
クレハの顔を見ていたら、それを問い質す事は出来なかったが。


『しかし……こうして人目を忍んで会っていると、道ならぬ恋をしている様だな。』

『!』


 表情を曇らせてしまったクレハを見ていられずに、笑わせる為、わざとそう言うと、クレハは目を丸くした後、顔を真っ赤に染めた。


『……クレハ?』

『……っ、……違、違うんですっ……!』


 真っ赤な顔のまま、クレハは涙目で、違う、と繰り返す。だが否定すればする程、墓穴を掘っていた。


 しまった。……そう思った。


 こんな真っ直ぐな反応を返されて、分からない程愚かでは無い。
年頃の少女が、危機を救ってくれた者に好意を抱くというのは、何ら不思議な事では無いだろう。


 私が女であると、わざわざ口にした事は無かったが、まさか勘違いされていたとは……。


 私の困惑を悟ったのか、クレハは泣きそうに顔を歪める。


『……ごめんなさいっ!』

『クレハっ?』


 駆けていく背中を、止める事は出来なかった。


 気まずい別れ方をして、それを最後にしてしまうのは躊躇われたが、私は女で、その上半分だけとはいえ、血の繋がった姉だ。会わない方がクレハの為だろうと判断し、私は再び戦場に戻った。
 次に都に戻った時、クレハの様子を窺いに行こうかとも思ったが、再度彼女を傷付ける事になりそうで出来なかった。
そうして無駄に時間を過ごしているうちに、傭兵団の伝手(つて)でエイリ家に雇われる事となり、私はクレハに会う事は叶わなかった。


.
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ