挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
目指す地位は縁の下。 作者:ビス
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

57/120

10



「『クレハ・カナイ』」


その名を、ご存知ですね。


モエギさんは、そう言った。
疑問では無く、断定の形だったソレは、取り乱し叫ぶようなものではなかったが、静か故に迫力があった。


「……?」


クレハ・カナイ。
私自身には、聞き覚えの無い名前だ。少なくとも、側室の中にはいない筈。

ルリカ様も戸惑った様子で、すぐにモエギさんの凶行と結び付ける事は出来ていないようだ。


「……知っては、いる…けれど、」


自信無さげに呟かれた声は、深く関わりのある人の話をしている様には聞こえない。
友達の友達や、俳優さんの話をするような……あくまで直接関係は無い、けれど名や顔は知っている。そんな戸惑いを含む声音に、私も首を傾げざるを得なかった。


その程度の関わりしかない人間に、酷い事など出来るのでしょうか。
出来て噂話をする位じゃあ…………ん?


あれ……何か今、引っ掛かりました。

カナイ、という名を、何処かで耳にした事がある気がする。
クレハというお名前には心当たりが無いものの、……いつだか、日本で漢字表記するなら『金井』もしくは『叶』となるのかな、なんて考えた記憶が……。


……ああ!
噂話です。アヤネ様と一緒に初めて参加したお茶会で、ルリカ様が話していた噂の人物が、そんな名前でした。


確か、少し前に結婚したカナイ家令嬢のお話でしたよね。……ただ生憎私は、漢字表記の方に思考を飛ばしていた為、その後の内容までは覚えていない。


「どのような方ですか?」


モエギさんは、凍り付きそうな冷たい目でルリカ様を射ぬく。

ルリカ様は気圧され、息を飲んだ。細い肩は震えているが、それでも彼女はモエギさんの問いに、小さな声で答えた。


「カナイ家、工部侍郎……いえ、元工部侍郎のご息女で……最近ご結婚なされて……お相手は確か、吏部官吏だった筈……。」

「…………。」


ルリカ様の話を聞きながら私は、気になった事かある。


……『元』工部侍郎?

私の……いえ、厳密にはサラサの父親が昇進し、工部侍郎になったのは、もしやその方が辞めたからなんですかね。

私が側室になった事で、出世の足掛かりが出来、いつかは昇進するだろうとは思っていましたが……思えば結構突然でした。前の方が辞められた事で、急遽その穴を埋める形の昇進だったとも考えられます。


……でも、何で突然辞められたんだろう。


緊迫した場面で、場違いにも考え事に耽りそうになった。我に返り、その疑問を頭から弾き出そうとしたのだが、すぐにそれは解決する事となる。

続けられた、ルリカ様の言葉で。


「……でも、結婚されてすぐに自害したと聞いたわ。お父上はそれが切っ掛けで病に伏され官吏を辞されたとか。」

「!」


自害。その重い言葉を聞いた瞬間、モエギさんの瞳が眇められた。


「……理由を、ご存知か。」

「……え?」


呟いたモエギさんの声は、低くこもっていて、とても聞き取り辛い。
ルリカ様が聞き返すと、向けられていた切っ先が揺れた。まるで何かの衝動を押し殺しているかの様に、柄を握るモエギさんの手が、微かに震えている。


「……クレハ・カナイが自害した理由を、ご存知かと聞いている。」

「え……?……知らないわ。」


困惑顔のルリカ様に、嘘は無いように見える。
だがその事こそが、モエギさんの逆鱗に触れてしまった。


ダンッ!!

「…っ、」


ルリカ様のすぐ横を掠め、壁に剣が突き立てられた。パラリ、と真紅の髪が一房、床に散る。

目を見開き、声も出せない程怯えているルリカを見つめたまま、剣を引き抜いたモエギさんは、渇いた笑い声をあげた。
歪んだ笑みの恐ろしさに、私はルリカ様を抱き締める。


「現皇帝陛下が即位と同時に後宮に召しあげると決めた側室は、五人。当初、その中に貴方は含まれていなかった筈です。……なのに貴方は、五人目の側室。その意味をお分かりか?」

「……っ、」

「……え?」


.
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ