挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
目指す地位は縁の下。 作者:ビス
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

56/120

09



「………貴方は、一体、」


呟いた声は、酷く擦れている。極度の緊張と困惑、それから恐怖で、気を抜いたら昏倒してしまいそうだ。


『どうなさいましたかっ!! トウマ様っ!! エイリ様!!』


施錠された出入口の戸が、外側から強く叩かれる。さっき私が壁に突っ込んだ時の音が聞こえたのか、護衛武官の方々が、必死に私達を呼んでいた。


「……っ、」


助けて。その言葉は、口から出る前に飲み込まざるを得なかった。

分かっていますね、と言いたげな視線と共に、モエギさんは剣をルリカ様の頭へと突き付けたから。


私は悔しさに唇を噛み締め彼女を睨み付けるが、モエギさんの表情は全く崩れなかった。


「っ、……大丈夫です。まだ入って来ないで下さい。」

『……しかしっ、』

「……お願いします。」

『…………。』


私の言葉に納得がいかないのか、食い下がった武官に、静かな声で訴えると、扉の音は止んだ。


今は、まずい。

どうにか、ルリカ様も私も、無事に逃げられるような、隙を見つけなければ。


「…………ど、…して……?」

「!」


消え入りそうな、小さな声がした。私の腕の中で、ルリカ様が顔を上げる。
その顔色は、青を通り越して紙の様に白い。


鼻先を掠めてしまいそうな間近に切っ先を突き付けられながらも、ルリカ様はまだ信じきれずにいる。

ルリカ様とモエギさんが、どの程度の仲なのかは知りませんが、少なくとも、こんな風に裏切られる事は予想していなかったらしい。

気が強くプライドが高い彼女が、弱々しく体を震わせている。


しかし、そんなルリカ様を見るモエギさんの目は、氷柱(つらら)の様に冷たく鋭かった。


「……どうしてっ?モエギ……!」


絞りだした悲痛な声に、モエギさんは唇の片側を吊り上げ嘲けるように笑う。


「……どうして、ですか。お聞きになりたいのならば、お話しますが。」

「…………。」


無言で見上げるルリカ様に、返事を『是』だと判断したのか、モエギさんは、事も無げに言い放った。


「私怨ですよ。」

と。


ルリカ様は、あまりの事に目を見開き絶句している。

きっと彼女は、『止むに止まれぬ事情故に』、そんな言葉を期待していたのだろう。
自分を、裏切りたくて裏切っている訳じゃない。そうやって、抱いていた微かな希望は、あっさりと潰えた。


「う、そ……嘘よっ! モエギが、私を裏切るなんて……っ、」


ルリカ様は、必死に否定する。だがモエギさんは至極冷静なまま、張り付けたような微笑を浮かべた。


「ルリカ様。貴方は私の何を知っているというのです?私がどこで生まれ、どのように育ち、どうやって生きてきたのか、貴方は何も知らない。」

「……それはっ、」

「そうですね。それは知りようが無い。……ですが貴方は、知ろうとすれば知れる事からも目を背けた。父親や周囲に甘やかされ、守られる事を当然と思い、奪われる人間の痛みなど、知ろうともしなかった。」


淡々とした声は、だんだんと責める色を濃くして行く。
私はそれに口を挟めずにいる。泣きそうなルリカ様の肩を抱いたまま。


.
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ