挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
目指す地位は縁の下。 作者:ビス
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

52/120

05



少し……少しだけ、絆されてしまいそうになった。
だって、気持ちは分かります。

素敵ですよね、陛下。格好良いですよね、陛下。


分かります。……でも、ルリカ様。


これは見過ごす事は出来ません。


陛下の許し無しに、外部の人間を招き入れた事だけでは無い。


私は、カンナやイオリの情報、そして自分で現場を見て、一つ、辿り着いた仮定がある。



「……だから、賊に襲われたなんて嘘をついたのですか?」


二度目の件だけでは無い。

もしや、一度目の事件も?
そう、思い至ってしまったのだ。


「!!?」

私の言葉に、ルリカ様は明らかに動揺した。
元々大きな目が、際限まで見開かれている。


「……な、何を、……わたくしに向かって、なんて事をっ……、無礼でしょう!!」



一瞬取り乱したものの、ルリカ様は直ぐに我に返り、声を荒げた。


「嘘では無いと?」

「嘘なんてつきませんわ! 貴方こそ、何を根拠にそんな事を……、」

「根拠は、目撃証言の少なさ……そして、その数少ない目撃証言の不可解な部分です。」


証拠が無い以上、ただの推測でしかない。
発言には気を付けなければならないと思ってはいたけれど、……でももう、此処まで来たら躊躇していられません。


私もルリカ様も、瀬戸際。

今を逃したらきっと、色んな事が手遅れになる。


「どこが不可解だと言うのよっ!!」

「……目撃した場所は、この部屋を出てすぐの通路、でしたよね。賊の特徴については、頭と口元を黒い布で覆い隠し、黒衣を身に纏った大柄な男、との事でした。」

「……それの何がおかしいの。」

「そうですね……、まず特徴の方ですが、真夜中でも無いのに、黒一色って、逆に目立つんじゃないでしょうか。」

「……っ、」

「後、格好がそのまんま過ぎるというか……。」


賊の特徴を聞いた私が、一番先に思った事は、『テンプレ』だった。


「争いごとに縁の無い貴族の子女が思い浮べる、賊の姿そのまま……って気がしたんです。」


ベタ過ぎてリアリティーが無い、と思った。


それでふと思い出したんです。

私が女子高生だった頃、近所で事件が起きました。
道を歩いていた人が、暴漢に襲われ、幸い怪我は無かったものの犯人は逃走。

警察が公開した犯人の特徴は、帽子にサングラスにマスク、と個人を特定出来る情報はほぼ無し。
小説か漫画の犯人みたいだけど、現実でもそんな格好するもんなんだな、と私は思ったのですが……後日その事件は、自作自演……狂言である事が判明。


後から考えると、冬場か花粉症の時期ならともかく、初夏にその格好は逆に目立つよねぇ、と納得したものだったけれど。


まさに今回も、それと同じです。


夜でも無いのに、黒ずくめは目立つ。
後宮内でも勿論だが、辿り着くまでの道程でもかなり目を引く筈だ。


それで、もしや……と思ったのですが、同時に気になった。嘘をついたとしたのなら、何故、真夜中にしなかったのか。

賊を見たと証言された時間は、夕方。何故、そんな中途半端な時間にしたのかと。


そこで、目撃場所が絡んでくる。


「次に場所、ですが……この部屋って、基本護衛からの死角が殆ど無いんですよね。」


ルリカ様の部屋は、後宮の裏門に近いので、正面側は門番から見える。左に曲がってすぐの通路は、門番からは死角になるが、今度は別の定所の見張り番の視界に入ってしまう。

「交代の時刻…それも、ほんの僅かな時間くらいです。完全に人目が無くなるのは。」

「っ!!」


夕刻が、見張り番の交代の時間。

ルリカ様の部屋に近い場所で、『たった一人だけが、賊を発見する』には、その時間である必要があった。……私はそう考えました。


.
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ