挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
目指す地位は縁の下。 作者:ビス
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

51/120

04



ルリカ様は、私が冷めた声で問うと、顔を紅潮させた。
屈辱、と書いてありそうな顔で激昂し声を荒げる。


「折角穏便に済ませてあげようとしているのにっ!」

「…………。」


場違いにも、ため息が出そうになる。

……全然穏便じゃありませんよ。私が逃げたら、私の親は叱責程度じゃすみません。


「……貴方は、私以上に箱入りな様ですね。」

「っ!!」


――パァン!!


カッとなったルリカ様は、私の頬を平手で打つ。
長い爪が擦り、ガリッ、と嫌な音がした。


……痛っ、たぁ。絶対血出た。


容赦無く張り飛ばされた頬は、一拍置いて熱と痛みを伝えてくる。押さえた手の平に、うっすらと赤いものが付着した。

……右目の斜め下辺りに、小さな傷が出来た様です。一応側室なのに、顔に傷を付けてしまいましたよ。


「……私にそんな口をきいて、ただで済むと思っているの?」


ただでって……既に報復してるじゃありませんか。


私はもうため息を堪えられなかった。
長く息を吐き出し、ルリカ様を見る。


「事実です。貴方は、私以上に覚悟が無い。……いいですか、貴方は側室。お父上に甘えて全てを与えられ、ただ笑っていればいいだけのお嬢様では無いのです。」

「!!」


再び飛んできた手を、今度は掴んで止める。そう何度も殴られると思ったら大間違いですよ。


「離しなさいよっ!」

「はいはい。」


掴まれた手を、外そうと振るルリカ様に抵抗せずに、私はアッサリと手を離した。


体勢を崩しよろめきながらも、ルリカ様は私を睨み付ける。


「覚悟ならあるわ!!私は、陛下に相応しくある為に、いつだって自分を磨いているもの。毎日肌や髪の手入れを念入りして、香や衣装や宝石を取り寄せて、誰よりも美しい私であるよう努力しているわ!!」


……方向性は、側室としては間違っていないのかもしれない。
美しく着飾り、陛下の目を楽しませるのも、大切な役目だ。私自身はそちら方面の才能が皆無な為、頭から抜け落ちていたけれど。


でもね、ルリカ様。


「美しければ、全て許されるわけではありません。」


例え正室ではなくとも、陛下の……この国の主の妻なのです。

国と民の為になにが出来るかを考え、導くなどと大それた事は言えませんが、少なくとも、陛下の邪魔をする存在で、あってはならないと思います。


「美しく無い貴方が言うと、僻みにしか聞こえないわ。」


ハン、と鼻で嘲笑された。確かに私は美人じゃありませんけどね。


「貴方より私の方がずっと美しいわ。ずっとずっと!!……なのに、何故あの方は私を見ないの!?」

「……え?」


ルリカ様は、自慢の綺麗な顔を歪めた。
だんだんとヒステリックに高くなる声と、吊り上がる眼尻。その形相は鬼気迫るものがある。


「あの方好みの衣装に化粧、細身な方がお好きだと聞いて、食べるものにも気を付けているわ。苦手だった二胡(にこ)も弾けるようになった!!……なのにあの方は、私を見ない!!見て、下さらないっ…!!」

「………………。」


怒りの形相が、泣きそうなものに変わる。声も最後の方は絞りだす様でした。


……鈍い私でも、これは流石に分かります。
ルリカ様は、陛下の事が好きなんですね。


政治とか見栄とか、そんなドロドロとしたものは関係無く、


陛下に、恋をしてしまったのですね。


.
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ