挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
目指す地位は縁の下。 作者:ビス
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

46/120

03



…大事になる前に、イオリに相談するべきでしょうか。


最早問題は、私達、側室同士の小競り合いにおさまる話では無い。
後宮に、主人の許可無く外部の人間を入れるなんて、簡単に許される事じゃないでしょう。


吏部尚書という地位があれば、色んな方面に顔がきくでしょうし、ある程度の我が儘なら押し通せてしまえるんでしょうが、これは流石に…。

兵部も、皇帝陛下の許可無しに、そんな勝手許さないでしょうし。


「………………、」


…うん。
此処で悶々と考えていても、埒があきません。一旦退却しましょう。


私の早とちりなのだとしたら、それにこした事は無いし。抱え込む前に、聞く事が正解なのだ、たぶん。


「……、」


ホノカ様、一度帰りましょう。

そう、提案するつもりでした。


ですが、私が小声でそう告げる直前、





「…其処にいるのは誰だ!!」

「…っ、」


壁の向こうから、鋭い声がした。


……しくじりました。


己の思考に捕われている間に、大分距離が近付いていた事に気付かなかった。


神経を研ぎ澄まし、周りを警戒している兵士が、気配を隠している訳でもない小娘を見過ごす筈ないのに。…もっと早く、立ち去るべきでした。


「……………。」


己の腑甲斐なさに歯噛みしつつも、私は立ち上がる。

私の護衛の方を一瞥し、無言のまま、ホノカ様を逃がすよう目で訴えた。

一瞬躊躇うが、すぐに頷いた護衛武官に手を引かれる形でホノカ様は立ち上がる。


泣きそうな顔で、私に手を伸ばす彼女を安心させる為、ヘラリと緊張感の無い笑顔を浮かべた。


何勝手に、私のフラグたてているんですか。大袈裟ですよ。


『大丈夫』

唇の動きだけでそう伝え……伝わったかな。相手がホノカ様だからイマイチ不安ですが。


二人を追い払った私は、物陰から出て、彼らの前に立つ。


「……っ、」


現れた私を見て、近衛軍の鎧を身に纏った二人の武官は、瞠目する。

中央に立つ美少女は、彼らよりも一拍遅れて、驚愕を顔に張り付けた。


長い髪は、ホノカ様の柔らかな赤毛とは違い、炎を紡いだ様な鮮烈な紅。
同色の吊り上がり気味の瞳は、私を見て際限まで見開かれている。

純粋な驚きだけだった表情に、だんだんと黒いものが混ざって行く。憎しみと苛立ちと嫌悪と…色んな負の感情が視線に籠められ、私に突き刺さった。


「…トウマ、様。」


呟いたのは、憎々しげに睨み付けるルリカ様では無く、戸惑う武官だった。


何故貴方が此処に?


視線が雄弁にそう語る。


「何故、トウマ様が…」

「…丁度良いわ。」


そして視線だけでなく、言葉に出そうとした武官の声は、ルリカ様に遮られた。


彼女は私を見て、紅に塗られた唇を、笑みの形に歪める。口角は吊り上がっているが…目は全く笑っていない。


「…貴方に、お話があるの。私と一緒に来て下さる?」

「……………。」


嫌だ。行きたくありません。

嫌な予感しかしないもの。


そう心の中で反抗してみるものの、実際は口に出せない。だって今、圧倒的に立場が弱いんですよ。

なんせ…


「…隠れていらした理由も、お聞きしたいですし。」


そう。
こそこそ隠れて様子を窺っていた身としては…中々強くは言えないわけで。


……なんか、今更ですが、身の危険を感じます。勿論女の子としての、なんて色っぽい話で無く。


立ってはいけないフラグが、たった気がした。


.
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ