挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
目指す地位は縁の下。 作者:ビス
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

40/120

03



コンコン、と少し強めに寝室の扉をノックした。


「……………。」


少し待ってはみるが、やはり返答は無い。
起きている事前提で、そのまま扉越しに語り掛ける事にした。


「…ホノカ様。サラサ・トウマです。」

「……………、」


相変わらず、返ってくる声は無い。だが、扉に近付けていた耳は、中からの小さな音を拾った。

衣擦れの様な微かな音と、木が軋む音は、多分彼女が寝台から身を起こした時のもの。


…追い詰められた精神状態では、眠る事も難しいんじゃないかとは思いましたが…眠れない、食べれないでは、本当に死んでしまいますよ。


「聞こえているのでしたら、此処を開けて下さい。」

「………………、」

「表に出て下さいとは言いませんから、何か召し上がって下さいませ。」

「………………、」

「…ホノカ様。」


何を言っても、何度呼び掛けても返事は無い。
…この位で出てきて下さるなら、侍女の方はあそこまで憔悴はしてなかったとは思うので、予想の範疇内ですが。


…一応声も掛けましたし、此処からは強引にいかせていただきますよー。


「…ホノカ様、扉には近付かないで下さいね。」


中へと声を掛けると、私は少し扉から離れた。

寝台の扉は、私の部屋のものと同じ観音開きのタイプ。外見が一緒なので、構造も一緒だと思います。

私の寝室には、内鍵は一応あるが、細い棒を閂の様に通してあるだけ。


…つまり、ですよ。

それさえ壊せれば、開く訳です。


「…さぁ、いきますよ。」

「さ、サラサ様っ!」


衣の裾を持ち上げ、狙いを定めた私を、珍しくも慌てた様なカンナが止めた。


「何をなさる気ですか…っ!」

「………蹴破ろうかと…」

「サラサ様っ!!」


……怖い顔になったカンナに、凄い勢いで怒られました。
いくらオカン級に懐の広いカンナでも、どうやらコレはアウトらしい。当り前だけど。


「お怪我をなさったら、どうするんですか!」

「…え、ソコ!?」


カンナ…やろうとしていた私が言うのもなんですが、他人様の寝室の扉を蹴破ろうとした人間ですよ。叱るべきはそこじゃあないでしょう。


「…カンナ、……?」


何処から突っ込むべきか、考えあぐねている私の耳に、

何かが外れる様な、小さな金属音が聞こえた。


「…………、」


ゆっくりと、扉が開く。

ほんの少し開かれた隙間から、ゆらゆらと不安定に揺れる白いものが覗く。


それはシーツを頭から被った塊…お顔は見えないけれど、多分ホノカ様。


拒絶されない内にと、私は隙間から寝室へと身を滑り込ませた。



「…………ホノカ様、」

「………………、」


シーツを被ったまま、ホノカ様は俯いた。
背は高めの彼女が、小さく頼りなげに見えるのは、背を丸めている事だけが理由では無い。

細い肩は、震えている。


「…………ど、して…?」


噛み締められ血の気が失せた唇から、消え入りそうな声が洩れた。


「…………え?」


言葉は聞こえたが、ソレが何をさしての言葉なのかが分からなくて、私は聞き返した。


「…どうして…貴方は、そんなに明るくいられるの…?」

「……ホノ、」

「どうして、私ばっかり…私だけがこんな惨めな気持ちにならなくてはいけないのっ…!?」

「…っ、」


私の声は、激昂したホノカ様に遮られた。顔を上げた拍子にシーツがずり落ち、ホノカ様の顔が漸く見れた。


明らかにやつれてしまったホノカ様の顔色は悪い。それなのに目だけが怒りによってか爛々と輝き、まるで別人の様相だ。

穏やかに微笑む佳人の面影は、そこには無い。


「こんな閉鎖空間で誰かに嫌われては生きていけないから、人の顔色を窺って、なるべく目立たない様にしているのに…それでも嫌味を言われて…!!自由に生きている貴方は、親しい方が居て幸せそうに笑っている……何故なの!?」

「……………。」

「今回の事だって、そう。同じ噂をたてられているのに、貴方は堂々としていて……私は惨めにコソコソ隠れる……もう嫌!!こんな場所、もう嫌なのっ…!!苦しいの………!!」

「…………………。」


私は黙って、ホノカ様の言葉を聞いていた。
今回の事だけじゃなくて、おそらくずっと前から、ホノカ様の胸に支えていた苦い感情の吐露を。


「……ホノカ様、」

「…っ?」


やがて、全て吐き出したのか、荒く呼吸を繰り返すホノカ様の手をとり、


私は彼女に言った。


『取り敢えず、ご飯食べましょうか。』と。


.
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ