挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
目指す地位は縁の下。 作者:ビス
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

39/120

02



「……………。」


………さて。

来てしまいましたよ。


あれから、渋る護衛の方と、心配してくれるカンナを説き伏せ、なんとか部屋を出る事が叶いました。
お願いという名の我が儘を押し通した私に、二人ともついて来てくれています。…本当に申し訳ありません。


…ですが、後悔はしたくないのです。


掴めるかもしれない誰かの手を、見ないフリは絶対に嫌です。


「………………。」


ホノカ様のお部屋の前に立ち、私は心を落ち着ける為、深く息を吸い込む。


「…よろしいでしょうか。サラサ様。」


吸い込んだ息を吐き出し、私は伏せていた目を開けた。


「……いいわ。」


私が頷くと、カンナは扉に向き直り、ノックをした。

―――コンコン、


「……………………、」


長い沈黙が落ちる。返答は中々こない。

留守…な筈は無いと思うのだけれど。


少し私が不安になった頃、中から小さな声が聞こえた。


「…はい。どちら様でしょうか。」


お付きの侍女であろう女性の声は、明らかに警戒している。怯えと疲れとが交ざった声には、覇気が無い。


「…トウマ家侍女、カンナ・クダンと申します。」

「………トウマ様」


小さく呟かれた声から感じるのは、戸惑い。
警戒している相手では無いが、訪ねる理由が分からないからだろう。


それでも扉はゆっくりと開いた。


「……!」


怯えながらも出てきた侍女は、カンナの後ろにいる私を見て、瞳を見開いた。


……ごめんなさい。規格外…というか、破天荒な側室で。


私の代わりに話をしようとしてくれていたカンナを制し、一歩前に出た。


「…直接訪ねる様な、礼儀知らずな真似をして申し訳ありません。…ですが、どうしてもホノカ様にお会いしたかったのです。お取り次ぎ下さいませんか?」

「…お、お止めください!」


頭を下げた私に、侍女の方は蒼白になった。…困らせるのは更に本意では無いので、直ぐに顔を上げる。


「…………、」


侍女の方は、とても困ってらっしゃった。
私と室内を、交互に見ている。


ホノカ様と私は、会った事すら数える程度しかありませんし、困惑するのは当り前かもしれません。


…ここは、ご様子だけお聞きして帰るべき?

私が出直す事を考え始めていると、侍女の方は意を決した様に扉を大きく開けた。


「…中へどうぞ。」

「!」


人目を気にする素振りをした彼女に、私は口早にお礼を言って室内へと足を踏み入れた。


「……………、」


後ろで扉が閉まる音を聞きながら、室内を見回す。私の部屋と似た様な造りの落ち着いたリビングには、ホノカ様の姿は無かった。


お掛け下さい、と勧められた椅子に座り、私の背後に二人が立つ。


お茶の用意をしようとする侍女の方をやんわり止め、早速話を切り出した。


「…あの、ホノカ様は…、」

「……………。」


侍女の方は、表情を曇らせ俯く。
ふらつきそうな位、彼女は憔悴していた。顔色は蒼白く、良く見ると目の下には(くま)が出来ている。


「……数日前から、寝室に閉じこもってしまわれたのです。」

「………………、」


…ああ、やっぱり。

普通の女の子…しかも貴族の令嬢が、誹謗中傷に耐性がある訳ないんですよ。


「…私がいけないのです。噂を、あの方のお耳に入れてしまうなんて。」


侍女の方は、悔いる様に顔を歪めた。握り締めた手が震えている。


「…隠した所で、いつかは知る事になった筈です。」

「…ですが、」

「それに、理由も分からないまま、陰で何かを言われ続ける事の方が辛いでしょう。」

「…トウマ様。」


悪い想像は、考えれば考える程膨らんでしまう。それを止める事が出来るだけマシです。

…辛い事にかわりは無いでしょうが。


「……それよりも、閉じこもっている、と言っていましたよね。…お食事はとっていらっしゃるんですか?」

「…お部屋の前に置いておきます、とお声を掛けているのですが…」

「…………。」


この反応は、食べていませんね。用意したまま残されているパターンです。


「…何日くらいですか?」

「…三日間、何も召し上がっておりません。」

「三日…。」


…あり得ません。

餓えで自殺でもする気ですか…!!


「……トウマ様?」


突然立ち上がった私に、侍女の方は訝しむ様な声をかける。


「消化の良いもの……粥でいいです。用意して下さい。」

「え…、あの…」


戸惑う声には返事をせず、私はホノカ様の寝室の前に立った。


…本当は、なるべく驚かさない様にしようと思っていました。大丈夫ですよ、と根気強く語り掛けようと…………


でも、急遽取り止めます。


何よりもまず、ご飯を食べていただきたい!!


.
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ