挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
目指す地位は縁の下。 作者:ビス
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

35/120

護衛武官の見解。

サラサ付きの護衛武官、イオリ・ユウキ視点です。


「…これはこれは。」


突然の来訪者に、苦笑を浮かべる私を押し退ける様に、彼女は部屋へと押し入った。


「…失礼するわよ。」

「アヤネ様っ?」


理知的な美貌に険しい表情を浮かべ、サラサ様の部屋へ入って来た女性は、アヤネ・サイリ様。礼部(れいぶ) 侍郎(じろう)のご息女である。


私を困らせない様、室内で大人しく本を読んで過ごして下さっていたサラサ様は、突然の訪問に驚き、漆黒の瞳を丸くした。

立ち上がる際、膝の上の書物を取り落としそうになり、慌てて受け止める。


それを大切そうに引き出しにおさめたサラサ様は、アヤネ様に向き直り、気遣わしい視線を向けた。


「…どうかなさいましたか?」

「………どうもこうも無いわ。」


サイリ様は、実に分かりやすく苛立っておられた。

美人な彼女の怒りの表情は、より一層美しいが…その分迫力も増す。

ただその怒りは、サラサ様に向けたものでは無いようだ。サラサ様もそれを理解しているのか萎縮する事無く、ただ困った様に眉を下げた。


「下らない噂を耳にしたのよ。」

「……噂?」


虚を突かれた様な表情は、少し幼く見え、愛らしい。
そんな彼女にアヤネ様は声を更に荒げた。


「…貴方の噂でもあるの…!」

「………はぁ。」


噂、とやらの内容はまだ分からないが、あまり良い内容では無い事は予想がつく。

たがサラサ様は、気の抜けた返事を返しつつも、サイリ様に『まずは、座りませんか。』と椅子をすすめる。…侍女にお茶まで頼むサラサ様は、大物だと思う。


「アヤネ様。」

「……何。」


苛々としていたサイリ様は、ニッコリと笑むサラサ様に若干押された様に身を引いた。


「取り敢えず、落ち着きましょう。」

「…………………。」


…立場が逆転しているな。

この方々のやり取りを、毎日見ている訳では無いが、私が知る限り、『好奇心旺盛なサラサ様を嗜める、冷静なサイリ様』というのが基本図式だった筈。


出端を挫かれた形になったサイリ様は、一つため息をついて、椅子に腰掛けた。多少の脱力感は否めないが、頭に血が上った状態よりは良いだろう。


絶妙な頃合いで侍女がお茶を出し、それが半分に減る頃には、大分冷静さが戻ってきた様だ。


「…それで、噂というのはどのような?」


サラサ様が訊ねると、再び眉が吊り上がりはしたものの、サイリ様は冷静な声で話しだした。


「…先日、賊が再度侵入した件について噂が広がっているの。」

「はい。」

「元々後宮は厳重に警備されているわ。一度目の侵入だって至難の業だった筈よ。…なのに、更に強化された警備をまたも掻い潜るなんて、不可能に近い。…そうでしょう?」

「…そうですね。」


サイリ様につられる様に、サラサ様も真剣な顔で頷く。
その表情は、可愛らしいというよりは、美しいという表現が似つかわしい。


「…その不可能を可能に変える方法として、『誰か内部の人間が手引きをしているんじゃないか』という噂が流れているわ。」

「………成る程。」

サラサ様は、一つ頷き、

「それが私の噂に繋がるのですね。」


実に冷静に、そう呟いた。

キッとサイリ様は、眼尻を吊り上げる。


「…それだけなの!?根も葉もない不名誉な噂を流されているのよ…!!」


声を荒げるサイリ様に、サラサ様は目を瞠り、次いで嬉しそうに微笑んだ。


「…アヤネ様。」

「何っ…!?」

「ありがとうございます。」



「…っ、」


またも、サイリ様は勢いを挫かれ言葉を詰まらせた。


「根も葉もないからこそ、取り合う必要も無いかと思うのです。…どうせ理由としては、私がルリカ様と対立しているから程度のものでしょうし。」

「……その通りよ。…だから貴方だけじゃなくて、ホノカ様の名前もあがっているわ。」


厳しいお顔だったサイリ様は、暫く沈黙した後、深く嘆息し、そう呟いた。


サラサ様は嬉しそうにそんな彼女を見つめている。

サラサ様にとっては根拠の無い馬鹿げた噂などより、冷静なこの方が、こうも取り乱す程にサラサ様に肩入れしている…その事実の方が余程重要なのだろう。

頬を染め、幸せそうに相好を崩す様は、目眩がする程に可愛らしかった。


「心配して下さったのですね。」

「っ!…お馬鹿!」


直球なサラサ様の言葉に、サイリ様は珍しくも顔を赤らめ外方を向いた。


.
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ