挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
目指す地位は縁の下。 作者:ビス
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

31/120

側室(仮)の動揺。



「……………………………………、」

「…………サラサ様。」

「…っ、」


控え目な呼び掛けに、私はハッと我に返った。
箸を取り落とし、カチャンと皿が鳴る。


食事の途中で意識を飛ばしていた事に気付き、私は自嘲のため息をついた。


「…ごめんなさい、カンナ。」


心配そうな顔の彼女は、かぶりを振って否定してくれるが、何度目だと自分を罵りたい。毎度毎度カンナを心配させて…少しは成長しましょう、わたし。


「…食欲が無いようでしたら、果物など如何ですか?」

「…ううん。食べるわ!食べなきゃ元気でないもの。」


優し過ぎる事を言ってくれるカンナに、これ以上甘える訳にはいかない。それに、具合が悪い訳では無いのですから。

一日の始まりである朝食こそ、しっかり食べなくてはです!!


「無理はなさらないで下さいね?」


朝粥をモリモリと食べる私に苦笑しながらも、カンナはお茶の用意をしてくれた。



食事を終え、片付けられた食器の代わりにお茶が出される。


このお茶は、匂い的に烏龍茶に近い感じですね。


礼を言って一口飲み、そういえば、とカンナに切り出す。


「…もう部屋から出てもいいのかしら?」


昨日から部屋に軟禁状態で、そろそろ鬱憤が溜りそうです。
こんな良いお天気なのに部屋に閉じこもっていては、体が鈍るし、気分が余計塞がります。


シャロン様やアヤネ様も心配ですし。


それらがおもいっきり顔に出てしまったらしく、カンナは困った様に微笑んだ。


「…出ても良いそうですが…その代わり、」

「??」


――コンコン、


言葉を僅かに濁したカンナに、私が疑問顔を向けるのと同時に、扉が鳴った。


「はい。」


こんな朝から、誰ですか。

不思議がる私と違い、カンナは分かっていたのか直ぐ様対応する。


「…、…」


入り口でカンナは誰かと会話しているのだが、角度的に誰と話しているのか見えないし、会話の内容も聞こえない。


「…サラサ様。」

「…はい?」


暫くしてカンナは、改まった様に私を呼んだ。


「本日より、護衛の方がつく事となりました。ご挨拶をさせていただきたいとの事ですが、宜しいでしょうか?」

「…………護衛?」


それは私個人に、という事ですよね。
見回っている方々とは別に、側室一人一人にも護衛がつくんですか…。何か大事になってまいりました。


「分かりました…お通しして。」


カンナが開けた扉から入ってきた方を見て、私は一瞬目を瞠った。


女性……ですよね?
失礼な話ですが、入って来た方を見て私がまず思った事は『白馬の王子様』でした。


はい。痛い事は十二分に理解しておりますよ。


ですが本当に、絵本の中から抜け出した様な方なのです。


この世界の成人女性としては珍しいミディアムショートで、襟足までの長さのストレートの髪は、月光を紡いだ様なプラチナブロンド。

長い睫毛に飾られた切れ長な瞳は、透明度の高いライトグリーンで、精巧に造られた人形の様な美貌の中でも一際目を引く。


…物凄い美人さんなのに、何故か女性的なものを全く感じさせません。
未成年女子の夢を詰め込んだ王子様…いえ、騎士様の様です。


「………………、」

騎士様は、部屋に入るなり、目を丸くしている私と同様に、切れ長な瞳を瞠る。


え。…何ですか。私の顔に何かついてますか?


頬を擦っていると騎士様は、ハッとすぐに我に返り、私の前に跪いた。


ええー!!リアル騎士様!!?


普通に頭を下げる程度だと思っていた私がアワアワしていると、騎士様は、恭しい仕草で私の手をとる。


「…本日より、トウマ様の護衛を申しつかりました。私、イオリ・ユウキと申します。」


……ご丁寧に、ありがとうございます。
ですがそれは、物語の中の騎士様の様に跪いて手をとり、尚且つ私をガン見しながらしなければならない挨拶でしょうか…?


「先程は失礼致しました。ご婦人を不躾に見つめるなど武官にあるまじき行為。……ですが、どうかお許し下さい。これからお護りさせていただく方が、斯様(かよう)に可愛らしい女性だとは知らなかったのです。」

「…………はぁ、」


…え。
何でしょう。この方の言っている事が理解出来ません。
譜面通り受け取る訳にもいきませんし…これは何かの揶揄なのですか?


「………その、ユウキ様?」


戸惑いながらも私がそう確認する様に呼ぶと、騎士様は、乙女が見惚れるどころか気を失いそうな、甘い笑みを浮かべた。


「お声もまた愛らしい…。ですがどうか私の事はイオリとお呼び下さい。」

「…………………。」


………どうしましょう。

私、この方と上手くやっていける自信が無いのですが……。


.
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ