挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
目指す地位は縁の下。 作者:ビス
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

18/120

皇帝陛下の葛藤。



――息が、止まるかと思った。





今日も遅くにサラサの元を訪れると、彼女の様子がおかしい。

いつも満面の笑みでオレを出迎えてくれるサラサは、少し強張った顔で戸惑う様にオレを見る。


オレが傍へと行っても、彼女は笑顔を見せてくれないし、薄紅色の唇からは、『おかえりなさい』の言葉がこぼれ落ちる事はなかった。


隣に腰をおろして、サラサの柔らかな頬を撫でると、ビクッと跳ね、益々表情が固くなった。


「………………。」


それが駄目押し。
今日のサラサは、オレを拒んでいる。

そう理解した瞬間、指先から凍り付く様な恐怖を感じた。


「……サラ、サ…」


無様に擦れた声は、自分のものでは無いようだった。
こんなにも動揺する自分を、みっともないと思う余裕すら無い。


何故だ。何故オレは、彼女に拒絶された。


昨夜訪れた時は、何時も通りだったのに。
ニコニコと笑いながら、友達が出来たと教えてくれていたのに。


……友達?


…まさか、誰かが何かを吹き込んだのか?


サラサは初めて会った時は、緊張して少し怯えていたが、それはオレにというより未知の行為に対してだった様に思う。現に、何もしないと分かると、それは愛らしい笑顔を見せてくれたから。


もしかしたらこの娘は、オレの事を何も知らないのかもしれない。父母に甘やかされ、血なまぐさい話は遠ざけられてきたのだろう。


だから、こんな笑みを見せてくれるんだ。


そう結論付け、ならばこれからも何も知らせない様にしようと思った。幸い後宮の女どもは、美容と流行りの衣裳の事しか頭に無い。

数人その枠から外れる者がいるが、それらは下世話な噂話に興ずる類いでは無かった筈。また、望まれもしないのに知識をひけらかす様な者もいない。


オレが片鱗さえ覗かせなければ、彼女はずっと、この無防備な笑顔を見せてくれるだろう。…そう、油断していた。軽く考えていたのだ。


この結果がこれだ。


「……………、」


怒気を洩らしては、更に彼女を怯えさせるだけだ。

そう頭では理解していても、止められない。


誰だ。

誰がオレの大切な場所を奪おうとしている。


誰がサラサをオレから取り上げようとしているんだ…!!


「…………………。」


険しくなっているであろうオレの顔を、サラサはじっと見ていた。


「……陛下。」

「……っ、」


静かな声が、オレを呼ぶ。
そこに怯えは感じられないが、無表情のままの彼女の心が分からない。


拒絶されるかもしれない。
…もしサラサから明確な拒絶を受けたのなら、オレは一体どうするのだろう。


そう、身構えていたオレに、サラサは、ゆっくりと頭を下げ、


「…おかえりなさいませ。」


そう、告げた。


予想もしていない言葉に、一瞬何を言われたのか理解出来ず唖然となるオレを見て、サラサは何時も通りの愛らしい笑顔を浮かべた。


安堵に体から、力が抜けそうになった。
詰めていた息を吐き出し、深く吸い込む。情けなく顔が歪むのを止められない。


なにが軍神だ。なにが死神だ。
たった一人の少女に嫌われる事を怖れる男が、神になどなれる筈が無い。


「………ただいま。」


失わずに済んだ幸福を確かめる様に、彼女の肩口に頭を凭れると、彼女は穏やかな笑みを向けてくれた。


しかし次の瞬間、オレは再び固まる事となる。花びらの様な唇がこぼした発言によって。


「お疲れでしょう…膝枕、如何ですか?旦那様。」

「………………は?」


顔をあげ凝視するオレを見ながら、彼女は柔らかそうな膝をポンポン、と叩く。


膝枕…も衝撃的だが、彼女の口から今、旦那様と…


「……っ、」


だらしなく緩みそうになる口を隠し、顔を背ける。
ただでさえ情けない顔ばかりみせているのに、これ以上は嫌だ。


チラリと窺うように彼女を見ると、不思議そうな顔で彼女は、『お嫌でしたか?』と小首を傾げる。


…嫌な訳が無い。寧ろ、とても嬉しい。


「…嬉しいよ。………だが、その…照れる。」

「膝枕がですか?」


キョトンと目を瞠る彼女に苦笑を向けながら、オレは申し出に甘える様に彼女の柔らかな膝に頭をのせた。


「膝枕もだが………旦那様、というのが。」


正直に答えると、何を今更、といいたげな瞳が返される。

雄弁な瞳を愛しく思いながら、そっとサラサの頬に手を伸ばせば、今度は拒まれなかった。
スリ、と猫の子の様に擦り寄る様が可愛い。


「…照れる…が、……嬉しいものだな。」

「……そうですか。」


穏やかな微笑を浮かべ、幼子にする様にオレの髪を梳く彼女に、胸が暖かくなる。


サラサ…オレの事など、なにも知るな。

どうか何も知らないまま、ずっとオレに微笑んでいてくれ。


オレは、祈るように、そう思った。


.
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ