挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
目指す地位は縁の下。 作者:ビス
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

16/120

側室(仮)の葛藤。



「………………………。」


…パラリ、

室内に、本のページを捲る渇いた音だけが一定間隔に響く。

私は灯籠を窓辺に置き、分厚い本を黙って読んでいた。


もう、どれ位そうしていたでしょうか。

気遣わしげな声が、かけられました。


「………サラサ様。」

「…………え?」


呼ばれた声に鈍く反応し、ぼんやりと、顔を上げると愛らしい顔を心配そうに歪めるカンナと目が合った。


「……カンナ、」

「………夜も大分更けてまいりました。今日はもうお休みになってはいかがでしょうか。」

「…もう、そんな時間なんだ。」


本を読み始めた時には、オレンジ色から藍色のグラデーションだった空はもう真っ黒で、雲一つ無い夜空に浮かぶ月は大分高い位置にあった。

何時間こうしていたんでしょう。


拙い語学力ながらも、大分読み進めた本に手作りの栞を挟み、小さく息を吐き出した。


体のあちこちが固まり、動かすとコキコキと音がする。伸びをして体の強張りを緩和させると、カンナに向かって頷いた。


「…分かったわ。…遅くまでつきあわせてしまって御免なさい。」

「いいえ。」


優しい微笑を浮かべ、おやすみなさいませ、と頭を下げたカンナは退室した。


「…………………。」


本を丁寧に引き出しに仕舞い、灯籠を持って寝室へと移動する。ベッドサイドに置かれた台にそれを置くと、行儀悪くも、寝台に転がる様に体を投げ出しました。


「…………………。」


大分見慣れてきた白い天井を見上げ、両手を突き出す。


同じ年頃の少女と比べると、節榑(ふしくれ)立った醜い手です。白くはあるものの、少女らしい柔らかさの無い手。

…それでも、この世界の市井の少女らに比べれば、苦労の無い手だと思います。


実際、苦労した事などありません。

家事は母がやってくれていたし、アルバイトもした事が無い。

友達と喧嘩はしたけれど、すぐに仲直りするし、不器用に心配してくれた幼なじみもいた。


命の危険なんて、遠い世界の出来事でした。


「………………。」


戦争なんて、未だに実感が無い。実際この世界に迷い込んでからも、私に身の危険が迫った事など無く、こうしてぬくぬくと、何不自由無く守られている身分です。

戦争の怖さが、本当の意味で分かる筈無い。


…それでも、考えてみた。


『陛下』が戦争で他国を滅ぼした、と聞いても実感湧かなくとも、

もし、目の前に『殺人者』がいるのだとしたら、空想だろうと夢だろうと、私は恐ろしいと感じるだろう。



……私は、陛下が怖いのでしょうか。

優しく私の髪を撫でてくれるあの手が、幾多の命を刈ったと知って、触れられる事を嫌悪するのでしょうか。


あまり上等では無い私の脳ミソが、パンクしそうです。


…本当に私はダメ子ですね。


今更そこに…『陛下が好きで、陛下の為に何かしたい』という大前提がブレるとは思いませんでした。



何があっても好きだと言い切れる程、私はあの方の事を知らないのです。


…カタン、

「………っ、」


グルグルと考え込んでいた私の耳に、小さな物音が飛び込んできた。
慌て私は、身を起こす。


…キィ、


次いで、静かに扉を開ける音。

…こんな深夜に、此処を訪れる方は、一人だけ。
暗殺者や泥棒さんが、わざわざ音をたてるとも思えませんし。


こんなぐちゃぐちゃな気持ちのまま、私はあの方に会う事になるようです。


「………………。」


寝台の上で俯いた私の耳に、美人さんの言葉が蘇った。


『背負いきれないのなら、聞かなかった事にするのも選択肢の一つよ。』


「…………………、」

「……サラサ、起きているか?」


扉ごしに、控え目な声をかけてくれる陛下に、私は、顔をあげる。


なんの心の準備も出来ていません。正直、今は会わない方がいいんじゃないかとも思いました。


…でも、頭の出来の良くない私は、会わないままではさっきまでの様に、悶々と悩み続けるでしょう。
きっと答えは出ません。

なにを予想したところで、予想は現実では無いのです。聞かなかった事にしても、同じ。現実は何も変わらない。


――ねぇ、わたし。

考える事が無駄なら、
会ってから、決めましょう。


私は寝台の上で居住まいを正す。
正座し、膝の上に手を添えた私は、『はい。』と返事を返す。



ゆっくりと扉が開いて、薄明かりの中でも雄々しい美貌の主が、姿を現した。


「……サラサ?」


寝台の上にいる私を見て、切れ長な瞳が瞠られる。

切腹する武士みたいな姿の私が、おかしかったんだろう。不思議そうに首を傾げる皇帝を、私はじっと無言で見つめたのだった。


.
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ