挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
目指す地位は縁の下。 作者:ビス
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

118/120

側室(仮)の思案。(2)

 二年近くもお待たせしていまい、本当に申し訳ありませんでした。
 

「うー……」

 低く呻きながら、首を回す。
 鈍痛を訴える首の付け根に手を置けば、凝り固まっているのが分かる。肩こりのせいか、目を酷使し過ぎたせいか、頭痛までする。

 原因は考えるまでもない。
 昨夜、遅くまで本を読んでいたせい。注意してくれる可愛くてしっかり者の侍女がいなくなった途端、このザマです。

 書庫から数冊の本を持ち帰り、自室で読んでいたけれど、結局成果はゼロ。
 家系図を辿る以前に、優れた医師や技術者について書かれた本が、圧倒的に少ない。
 鴻国は武を(たっと)ぶお国柄なせいか、軍師や武人の歴史書ばかり。医療や建築技術についての本はあったけれど、医師や建築士については書かれていなかった。

 夜更けまで本を読み漁った結果、残ったのは私の体の不調だけ。
 あ。あと、家系図辿るというのが結構な無理ゲーだと気付きました。
 現代日本の図書館のように、データベースで管理されてはいない。一つ一つ手作業で探しだすなんて、物凄く気が遠くなります。
 あきらめたらそこで試合終了ですよと、某少年漫画の監督さんも仰ってますが、割りと本気で心折れました。

 再び書庫へとやってきた私ですが、本を探す前に、隣接された談話室へと足を運ぶ。
 逃走ではありません。戦略的撤退です。
 ……というのは半分冗談で、ちょっと休憩挟んでから探したい。
 アヤネ様とお話して癒やされてから、もう一回頑張ります。

「こんにちは」

 談話室の扉を開けて、中を覗き込む。
 分厚い本へと落としていた視線をあげ、いらっしゃい、と微笑んでくれる佳人の姿を想像しながら。

「……あれ」

 しかし私の期待を裏切り、中には誰の姿もなかった。
 艶のある紫檀の机の上には、何の本も置かれておらず、茶器も使われた形跡がない。談話室は昨日と同じく、しんと静まり返っていた。

「サイリ様は、今日もいらっしゃらないのですね」

 護衛であるイオリが、私の心中を代弁するように口を開く。
 昨日と同じようなセリフ。でも、私の寂しさは昨日よりも大きくなっていた。

 おかしいですよね。同じ後宮内にいるのに、寂しいなんて。
 会いたければ、アヤネ様のお部屋へ行けばいいだけの話です。でも何故か、直接お部屋を訪ねるのは躊躇われた。

「お忙しいのかもしれないわ」

 私は自分にも言い聞かせるために、そう言った。

「もしかしたら遅れていらっしゃるかもしれないし、お茶でもして待っていようかしら」

「……では、侍女に用意させます」

「お願い」

 沈んだ気持ちを誤魔化すように笑むが、たぶん失敗しているんだろう。
 イオリは、気遣わしげな表情を浮かべて私を見た。でも結局は追求する事なく、私の話に合わせてくれた。

 外にいる侍女に声をかけようと、イオリは扉を開ける。

「……おや」

 イオリは、扉を開けた姿勢のまま動きを止めた。
 形の良い唇から小さな声が洩れる。長い睫毛が数度瞬き、彼女は瞳を柔らかく細めた。

「失礼致しました。どうぞ」

 イオリは道を譲るように、一歩後退する。
 誰かが部屋の外にいるらしい。

 もしかして……。

「アヤネさ……」

 アヤネ様、と呼びかけようとして、私は途中で言葉を飲み込んだ。

「……アヤネ様じゃなくて、悪かったわね」

 目尻の下がったペールグリーンの瞳が潤む。
 部屋へと入ってきた女性は、恨みがましい目で私を睨み付けた。

 わー……。やらかしたー……。
 一番間違っちゃいけない人、間違えたー……。

「ご、ごめんなさい。ホノカ様」

「こっちこそごめんなさい。お呼びじゃないのに来ちゃって」

 緩く波打つ赤毛や、垂れ目がちの翠の双眸が魅力的な細身の美女は、子供みたいに頬を膨らませながら、ツン、と横を向いた。

 わー……。面倒くさいー……。

 私は遠い目をしながら、乾いた笑いを洩らした。

 まあホノカ様は、ぶっちゃけ、そんな面倒くさい部分が一番可愛いんですけどね。

「そんな事ありません。久しぶりに会えて嬉しいですよ」

「そうよね。久しぶりよね。貴方からは全然会いに来てくれないものね」

 ……面倒くさいホノカ様には、割りと慣れた気でいたんですけど。
 ちょっと、これだけは突っ込ませて欲しい。

 彼女か!
 遠距離恋愛中の彼女か!!

 久々に会った彼女に、メールの返事が遅いとか、たまにはそっちから連絡くれてもいいんじゃないかとか、詰られる彼氏の気分だ。
 おかしいな。私、彼女いないはず。寧ろ、旦那様しかいないはずなんですけど。

 どう宥めたものかと悩みながら、私はホノカ様を見る。

 ん?
 あれ、なんか衣装が……。

「ホノカ様」

「……なに」

「その着物、素敵ですね」

「!」

 ホノカ様の華奢な体躯を包む裙襦は、初めて見るものだった。
 襦……上衣の基調は白。幾何学模様が刺繍された交領と、腰帯は水色で揃えられ、白い玉佩を吊るす組紐は濃い赤紫。
 下衣である裙は、紺色から花緑青、そして水色へと見事なグラデーションを描く。白い花の模様が鮮やかな色を更に引き立て、美しい。
 花の名前は分からないけれど、ニワナナカマドに少し似ている。

「綺麗な色です」

「そ、そう? ……お父様からの贈り物なの」

 ホノカ様は、今まで拗ねていたのも忘れたかのように、喜色が滲むような笑みを浮かべた。

 ホノカ様のお父様というと、安璃州の州牧補佐を勤めていらっしゃる方ですよね。

「もしかして、マトリの染め布ですか」

 西国マトリの染め布は、側室の皆様方にも人気の一品だ。
 ホノカ様のお父様が、愛娘へ贈るために取り寄せたんじゃないかと思って聞いてみたら、ホノカ様は嬉しそうに頷いた。

「う、うん。……どうかな?」

 袖口を指で押さえながら、ホノカ様はくるりと回ってみせる。
 頬を紅潮させて、はにかむホノカ様、尊い。

 壁を殴りながら悶たいくらい可愛いんですけど、一個言っていいですか。



 ――彼女か。

 一張羅見せに来た彼女か。


 .
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ