挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
目指す地位は縁の下。 作者:ビス
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

113/120

側室(仮)の本音。

 

 その日の夜、私は眠れずにいた。

 寝台に横たわり、天井を見上げる。
 今夜は風が強いのか、窓が時折小刻みに揺れる。真っ暗な部屋の中、ビュウビュウと風の音が響き、不安な気持ちがこみ上げてきた。


「……」


 ごろりと横を向き、膝を抱えて丸くなる。
 頭から布団を被って、風の音から逃げた。……目の前の問題からは、逃げようもないけれど。


 私は望んで、この世界に来た訳じゃない。だからこそ、弾かれるのも突然だとしても、なんら不思議ではないと、カンナの言葉で漸く気付いた。

 人は死ぬと知識で知っていながらも、己の死がとても遠く感じるように。
 いつか元の世界に帰れるかもしれないと思っても、それがどういう事を意味するのか、私は正しく理解していなかった。

 自分の意志とは無関係に、帰らなければいけないかもしれない。
 突然引き離され、二度と会えないかもしれない、なんて。


「……っ、」


 ――怖い。

 寝て忘れてしまおうと思っても、恐ろしい想像が頭の中に広がってしまい、眠る事が出来ない。

 また、違う場所に飛ばされてしまったら、どうしよう。
 眠っている間に、この世界から弾かれて、二度と戻ってこられなかったら、どうしたらいいのですか。

 ぐるぐると廻る思考は、とりとめも無く。明確な答えなど返らぬものばかり。
 自分で自分に大丈夫だと言い聞かせても、わずかな慰めにすらならなかった。大丈夫ではない事は、自分が一番良く知っている。

 かき乱される私の胸の内に呼応するかのように、吹き荒れる風も激しさを増す。
 ぎゅうっと目を瞑ると、余計に音が気になるようになった。視覚が遮断された事で、聴覚が研ぎ澄まされてしまう。

 両手で耳を塞ぐ。

 ああ、早く。早く朝になって。

 祈る様に心の中で呟いたその時、――暗闇が照らされた。


「!?」


 閉じた瞼越しに感じる光に、私は息を呑む。
 手が震え、さっきまでの比でない位、心臓が早鐘を打ち始めた。

 急に朝になる訳がない……この非現実的な状況に、嫌な想像が広がっていく。


「……や、」


 カラカラに喉が渇く。声とも認識出来ない掠れた音が、洩れた。

 ……いやだ。いや、……嫌……!!
 私、お別れを言っていません!まだ、何も、伝えていないのに……!

 恐怖と焦燥で、頭がおかしくなりそうだ。
 鼓動が、張り裂けそうな音をたてる。瞑ったままの目から、涙が溢れてきた。


「い、や……っ」


 ……違う。お別れなんて、言いたくない。
 これから何度機会があっても、私はきっと、お別れの言葉なんて言えない。言える筈がないんです。

 だって私は、別れたくない。
 一緒にいたい。皆の……陛下の、傍にいたい。

 アカツキ様の、隣に、いたい……!!


「アカツキ様……っ!」

「サラサ!?」

「っ!?」


 叫んだ私の声に負けない位、大きな声で名を呼ばれた。
 私は、怖がっていたのも忘れ、条件反射で目を開けてしまう。


「……」


 先ず目に飛び込んで来たのは、光。暗闇に慣れた目には眩くとも、陽光と呼ぶには酷く淡い、灯り。

 視線で辿ると、寝台の横に据え置かれた台の上に、灯篭がある。


「サラサ」


 今度は、落ち着かせようとする優しい声で、呼ばれた。
 見上げる私の目に映るのは、心配そうに顔を曇らせる大好きな人。今、一番会いたかった人が、目の前にいた。


「あ……」


 柔らかな灯りが、端正な顔に陰影をつくる。
 凛々しい眉がひそめられ、宵闇色の双方が私を映した。


「どうした?何があった」


 腕を引かれ、身を起こす。呆然としている私を、気遣わしげに覗き込むのは……。


「陛下……アカツキ様」

「ああ。そうだ、オレだ」


 大きな手が労わる様に、ゆるりと頬を辿る。
 その感触に、体中の力が抜けそうになった。

 .


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ