挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
目指す地位は縁の下。 作者:ビス
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

110/120

側室(仮)の相談。(2)

 

「どうぞ」

「ありがとう」


 卓の上に、茶椀が置かれる。
 熱い茶に息を吹きかけた私は、立ち上る湯気越しに、チヨリ様を見た。

 つん、と尖った唇。大きな瞳は眇められ、細い眉はひそめられている。
 非常に分かり易く、不機嫌だ。

 貴族のご令嬢が、不審者と同等の扱いをされたのですから、機嫌を損ねてしまうのも無理はありませんが。
 分かってはいても、居た堪れない。沈黙が重過ぎる。

 いくら私が能天気だとはいえ、この静けさはつらい。つらすぎる。
 アヤネ様やカンナと一緒にいる時の静けさは、全く気にならないどころか、好きなんですが……。
 流石に、ほぼ面識のない方と向かい合った今の状況で、ずっと無言を貫ける程強い心臓は持っていません。


「……あの、チヨリ様」


 思い切って私は、沈黙を破る。
 緊張の為、声が少し掠れたのを、咳払いで誤魔化した。


「私に、何か御用でしたか?」


 頑張って笑顔を浮かべる。多少引き攣っているのは、見逃していただきたい。

 今まで不機嫌さを隠そうともしなかったチヨリ様は、その瞬間我に返ったように、肩を揺らした。
 居住まいを正した彼女に、私は目を丸くする。


「突然お邪魔してしまい、申し訳ありませんでした」

「……いえ」

「ですが私、どうしてもサラサ様とお話がしたくて……」


 表情が、ガラリと変わる。俯いた彼女の表情も声も弱々しく、庇護欲をそそる……のでしょう。本来は。
 でもさっきまでの様子を見ていた私としては、唖然とする他ない。

 何だろう、この人……。

 さっきまで横に放り投げてあった猫を、目の前で平然と被るのは如何なものでしょう。


「私と、ですか?」

「はい」


 困惑した私が問うと、チヨリ様は俯いていた顔を上げる。
 潤んだ大きな瞳に見詰められ、何故か居た堪れない気持ちになった。女の子の涙ってものは、どうしてこうも攻撃力があるんだろう。


「サラサ様。どうか私と、仲良くしていただけませんか?」

「……はい?」


 チヨリ様の言葉を聞いた私の口から、間抜けな声がこぼれた。

 彼女のお父上から贈り物を頂いた時点で、ある程度予測の出来る事態ですが、こうも直球でくるとは思いませんでした。

 呆然とした顔で黙っている私を、どう思ったのか、彼女は聞かれてもいない懺悔を始めた。


「図々しいとお思いでしょうね。いくらルリカ様に命令されたとはいえ、私も貴方に嫌がらせをした一人なのですから」


 自嘲気味に笑いながら告げる言葉に、私は更に驚いた。

 え。初耳なんですが。

 ご存じでしょうが。なんて前置きを入れたチヨリ様は、私に向かって頭を下げる。
 全く知らなかったなんて、言える雰囲気ではない。

 嫌がらせをされていた時期は、確かにあった。ルリカ様が首謀者だろうと予測もしていましたが、誰が何をしていたかなんて、分かる筈もない。
 チヨリ様が加担していた事も、当然知りませんでしたし。

 本当、何なんだろう……この方。さっきから語るに落ちるというか……悪人になりきれないタイプというか。


「ですが、貴方が憎くてしていた訳ではないのです……! もしルリカ様に逆らえば、私だけでなく、父や家族にまで被害が及ぶかもしれなかった」

「……」

「本当は、あんな我儘な子、大嫌いだった! 気紛れで自尊心ばかり強くて、気に入らない事があると、二言目には『お父様に言い付ける』 ばかり!」


 ヒートアップしていくチヨリ様に、私は同意も反論もしない。
 黙って傍観していた。そういえば同じようなキレ方を、ホノカ様もしていたな、なんて考えながら。

 でもホノカ様は、誰かに自分の罪を擦り付けるような真似はなさらなかったけれど。


「いなくなって清々したと言いたいところですが……まさか最後まで、迷惑をかけられるなんて思わなかった。エイリ家の没落に引き摺られる形で周りの皆の家も、力を削がれました。私の家は、深く関わっていた訳では無かったので、他家のような没落は免れましたが」


 怒りに満ちた形相で、チヨリ様は吐き捨てる。
 舌打ちでもしそうな顔を見ていると、さっき浮かんでいた涙は幻覚ですかと言いたくなった。


「ルリカ様と懇意にされていた方は皆、ルリカ様のせいで後宮を去りました。そして私も孤立してしまった。全て、あの方のせいで」

「……」

「サラサ様も、ルリカ様にはとても苦しめられたでしょう? 私達はとても似ている。だからきっと、仲良くなれると思うんです」


 チヨリ様はそう言って、歪んだ笑みを浮かべた。

 ……ルリカ様に苦しめられていないと言えば、嘘になる。
 敵視されていた事も、殺されかけた事も事実。それにルリカ様が我儘で気紛れな方だと、私が思っていた事もまた事実です。

 ルリカ様や彼女のお父上が権力を振り翳し、追い込まれた人がいるのも、私は知っている。

 チヨリ様は、間違った事は仰っていない。
 境遇が似ているとは思わないけれど、同じようにルリカ様に振り回された者同士。

 ――けれど、一つ。決定的に違う事がある。


「……チヨリ様。もし私と仲良くしていただけるのならば、ルリカ様のお話はなさらないで下さい」

「何故ですか?」

「私の考えを、押し付けてしまいそうになるからです」


 不思議そうに首を傾げるチヨリ様に、私は苦笑しながら答える。
 それをどう受け止めたのか、チヨリ様は、分かっていると言いたげに、ゆっくりとかぶりを振った。


「構いませんわ。それ程酷い事をされたのですから、当然です」

「そうではなくて……私は、あの方が『大嫌い』ではないから」

「えっ?」


 最初から、嫌っていなかったのではない。苦手だったし、関わり合いたくないと思った。
 ドロドロとした醜い気持ちは、確かに私の中にあったのです。

 けれど、彼女の痛みや苦しみを知って、同情にも似た感情が湧いた。
 そして、彼女の気高さや潔さを知って、それは好意に変わってしまった。

 そう。チヨリ様との決定的な違いは、私がルリカ様の事を、好きだと言う事。

.

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ