挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
目指す地位は縁の下。 作者:ビス
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

107/120

側室(仮)の惑い。

 


 ううん、そんな事、ある訳ない。
 何かの見間違いに、決まっている。

 そうやって自分に言い聞かせても、何の効果もない。
 跳ね上がった鼓動は治まるどころか、一層早鐘を打った。


「あっ!?」


 逸る心のままに身を乗り出してしまい、バランスを崩した体がぐらりと傾く。
 咄嗟に手を手綱に伸ばすが、届かずに空を切る。

 衝撃を覚悟して、目をきつく瞑った。


「サラサ!?」


 けれど予想した衝撃は、やってこなかった。
 焦った声で呼ばれると同時に、逞しい腕に抱き留められたから。

 私の体を抱きしめた陛下は、大きく息を吐きだした。


「何をやっているんだ、お前は……。危ないだろう」

「ご、ごめんなさい」


 間近にある端正な顔が、苦々しい表情を浮かべる。
 窘める言葉を呟きながらも陛下は、私を地面に下してくれた。

 お礼の言葉もろくに言えないままに、身を翻す。
 気が急いて、足がもつれそうになりながらも、女の子の元へ駆け寄った。

 私の奇行に呆気にとられ、目を丸くしている母親の腕の中、同じように真ん丸な目で私を見上げている。

 怖がらせてしまわないように、目線に合わせて屈み、覗き込む。
 ぱちぱちと瞬いた目が、不思議そうに私を見た。


「サラサ……?」


 私の背後に立つ陛下の戸惑ったような声に、振り返る事も出来ない。
 意識の殆どを、女の子に……否、女の子の持つ布に持っていかれていた。


「驚かせてしまって、ごめんね。それ、見せてもらってもいいかな?」

「これ?」

「そう、それ」


 握り込まれた布を指差すと、女の子は、首を傾げる。問いかけにハッキリと頷けば、何度か視線を行き来させたあと、小さな手が布を差し出してくれた。


「はい」

「ありがとう!」


 落ち着け、と心の中で繰り返しながら、深く呼吸する。
 受け取った布をひらこうとするけれど、手が震えてしまい、上手く指が動かないのが、もどかしい。

 一瞬で終わるはずの動作に随分な時間を浪費しながら、私はそれを開き、

 絶句、した。


「……っ!!」


 素材自体は珍しくない。手触りからして、麻だと思う。
 桜に似た花をモチーフとした刺繍が、綺麗だ。

 だが何の変哲もない素材と絵柄の布を、中央に堂々と書かれた文字が、異質なものへと変えている。
 それを文字と理解しているのは恐らく、この場では私一人だと思うけれど。


「ひの、もとの……くに」

「……?」


 小さく、独り言のように呟く。声は自分のものとは思えない位、掠れていた。
 高ぶるこの感情が、喜びなのか、絶望なのか、それさえも分からない。

 私はずっと、元の世界に戻れるのかどうか、深く考えないようにしていた。
 だって、周りには何の手がかりもなく、私自身、色んな事に制限がある身の上。街で情報を探す事さえ、ままならない。
 後宮の書庫に通い、本を読む事は多いが、未だ異世界の記述がある本に巡り合った事はないし。

 突然放り出された世界なのだから、もし帰れるとしても、突然なんじゃないかって、楽観的に考えようとしていた。

 帰れないかもしれない可能性から、目を逸らして。
 帰りたくない理由からも、目を逸らして、いたのに。

 手掛かりは、思いがけない時に突然、投げ寄越された。


 ひのもとのくに――――『日ノ本の国』

 布には、私の世界の言葉……日本語で、母国の名が刻まれていた。


 .
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ