挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
目指す地位は縁の下。 作者:ビス
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

106/120

側室(仮)の混乱。

 

 夕暮れになり、オレンジ色に染め上げられた街を、ゆっくりと馬が進む。

 東側の空は既に藍色に染まり、夜の気配がする。当初予定していた到着時間を、過ぎてしまいそうだ。
 私の体調を慮って下さった陛下は、大丈夫だと何度言っても、馬の速度を上げようとはしなかったから。

 カポカポと一定リズムで鳴る(ひづめ)の音を聞きながら私は、綺麗なグラデーションを描く空を見上げていた。

 夕飯の時間が近いのか、家々からは煮炊きの煙が立ち上り、良い香りがする。
 商売を終え家路に付く人達や、買い物帰りの親子連れで、朝程ではないものの、大通りは混み合っていた。


「……?」


 行き交う人々をぼんやりと見ていた私は、目の端に映ったものを追って、振り返る。
 小柄な体で大きな荷物を背負ったその人は、もう大分遠くなって、人ごみに消えて行った。

 行商人だと思われるが、見覚えのある人だった訳じゃない。
 そもそも馬上からでは、顔なんて見えなかったし。年齢どころか、男性か女性かすら分からなかった。

 気になったのは人物ではなく、荷の方。
 商品を包んでいた布だ。

 通り過ぎる一瞬だったので、良く見えなかったけれど、不思議な……見覚えのある模様だった気がして。


「サラサ?」


 ずっと後ろを見つめている私を、陛下が呼ぶ。
 どうかしたか、と問うような目に、かぶりを振った。

 きっと気のせいだと、自分に言い聞かせて、前を向く。


「遅くなってしまいましたね」

「ああ。セツナが仁王立ちで待っていそうだな」


 陛下は短く息を吐き出した。
 説教が長そうだ、と独り言めいた呟きに、思わず同意する。
 ただし私に待っているのは、イノリ大将様の説教ではなく、心配性な護衛武官の説教ですが。


「アイツの説教は、長い上にくどい。少しでも余所見をしようものなら、その分の説教も上乗せされ、中々終わらない」


 苦い顔で言う陛下に、私は苦笑を返した。
 どうやら大将様とイオリの説教は似ているらしい。
 彼女に怒られている時も、目を泳がせる度に、聞いておられますかと詰め寄られる。


「心配をおかけしてしまいましたし、素直に怒られましょう?」

「……そうだな」


 陛下は目元を少し緩め、笑みを浮かべる。


「また、一緒に出掛けよう」


 柔らかな声に、すぐに返事は出来なかった。

 外の世界を見て、この国の事をもっと知りたいと思う。
 でもその前に、私には解決すべき問題が沢山あるから。

 難問ばかりで、向き合う事を考えるだけで、足が竦むけれど。
 目を背けても、何も変わらない。自分自身の事は、自分で決めるしかない。

 私は悩んで、貴方に答えを返さなきゃ。


「……アカ、」

「!……っと、」


 アカツキ様、と呼びかけようとすると同時に、手綱が引かれた。
 馬が急停止して、体がガクンと揺れる。傾いた私を、咄嗟に陛下が抱き留めてくれた。


「す、すみません!」


 謝罪の声は、私のものではない。
 見れば馬の前に、子供を抱き込んだ女性がいた。


「いや。こちらこそ、すまない」


 どうやら馬の前に、子供が飛び出してきたようだ。
 必死に頭を下げる母親の腕の中で、幼い少女は、キョトンと目を丸くしている。

 陛下は馬から下り、親子に、怪我がないかと問う。
 馬上に残されてしまった私は、自力でおりる事も出来ないので、見守る事しか出来ない。

 女の子は泣く事もなく、痛がる様子もない。不思議そうに、陛下を見上げている。
 お母さんの方にも怪我はないみたいなので、一先ず安心だ。

 うろうろと視線を彷徨わせていた女の子は、やがて私の存在に気付き、零れ落ちそうな目で私を見た。

 首を傾げる可愛い仕草に、笑顔を返す。
 ひらひらと手を振ると、目に見えて表情が輝いた。

 笑顔で女の子は、私に手を振る。
 それだけでは足りなかったのか、小さな手に握っていたハンカチみたいな布を、大きく振った。

 可愛いなぁ。

 お母さんに窘められても、女の子は止めなかった。
 とても和む光景に、表情を緩めいた私は、次の瞬間凍り付く。


「……っ!?」


 顔を強張らせ、固まる私に、女の子も動きを止めた。
 振っていた布も、だらりと垂れ下がる。

 それを凝視したまま、私は息を呑んだ。

 女の子の手に握られた布……そこに書かれている文字は、私の良く知る文字。


 この世界にある筈の無い文字に、見えた。

 .

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ