挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
目指す地位は縁の下。 作者:ビス
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

101/120

側室(仮)の外出。(6)

 

「良い買い物が出来て良かった」


 街を歩きながら、陛下は機嫌良くそう言う。


「ありがとうございました。食事だけでなく、簪まで……」

「いや。元々、お前に何か買おうと思って立ち寄ったんだ」

「え?」


 意外な言葉に目を丸くする。陛下はそんな私を見て、悪戯が成功した子供の様に、溌剌と笑った。


「贈り物をしたいと言っただろう?」

「!」


 チヨリ様のお父上からの贈り物に、困惑する私を、慰める為だけに言った言葉では無かったらしい。
 瞬く私に、陛下は喉を鳴らして笑う。


「信じていなかったな」

「え、と……」

「本当はもっと良い物を、とも思ったのだが、あまり高価だとお前は受け取ってくれなそうだからな」

「う……」


 返す言葉も無い。
 あまり高価だと、綺麗だと喜ぶよりも、傷つけたらどうしよう、なんて考えが先行してしまう。


「高価でなくとも、良い物を探そうと思っていた。随分早く見つかって良かった」


 陛下の視線が、私の髪に移る。白い花の装飾に手を伸ばし、陛下は言葉を続けた。


「細工も見事だが、この石は質が良い」

「そうなんですか」


 どうやらこの国では、不透明な軟石が人気らしい。

 透過度が高く、硬質なものが高価だと思っていたので驚きです。物の価値は、場所で変わるものなのですね。


「良い品を、随分良心的な値段で売っていると感心した」


 先程のお店を褒める陛下に、私は気になっていた事を聞く。


「詳しいんですね」

「ん?ああ。石の事か?」

「いえ。それだけでなく」

 宝石の良し悪しが分かるのは、身分を考えれば当たり前だ。本物……しかも、最上級のものに囲まれて暮らしているのだから。

 でも陛下は、相場も詳しい。
 食事の時も、注文や支払に戸惑う素振りは全く見せなかったし。


「よく抜け出しているからな」

「えっ?」


 私の疑問に、陛下はあっさりと簡潔な答えを返す。
 よく抜け出しているって……城を!?


「割と常習犯だぞ」

「ええっと……セツナさんは」

「半分の確率で撒ける。帰った後は説教だがな」


 悪びれず笑う陛下に、何と返せばいいか分からず、私は曖昧に笑った。

 セツナ大将様の苦労が窺える。

 自由奔放な陛下の気性を好ましく思うけれど、部下の皆さんの心情を思えば、安易に肯定も出来ない。
 それに、どんなに陛下が強くても、万が一の事もある。単純に心配だ。


「上から見下ろすだけでは、見えないものも多い」


 諌めるべきかと迷う私の耳に、思いの外真剣な声が届く。
 見上げれば、笑みを消した陛下の横顔。遠くを見る漆黒の瞳は、とても真摯だ。


「街を歩くだけで、色んな事を知る事が出来る。物価に情勢、何が必要で、何が足りていないのか」

「…………」


 すれ違う人達や、食事処の会話。商人と買い手のやり取り。

 高騰した品物には理由がある。
 生産する地方が不作だとか、経由する地域の情勢が不安定だとか。
 街には、情報が溢れていた。


「書類が全てだと、オレは思わない。高い場所まで届かない声や、掻き消されてしまう言葉は、ある」


 ああ、この人は、拾おうとしているんだ。
 弱い者の声を。強者に虐げられる人達の、叫びを。


「……なんて偉そうに言ってみたが、単純に好きなだけだ」


 重くなってしまった空気を払拭する様に、陛下は明るい声でそう言った。

「気分転換に連れ出したのに、こんな話は止めよう」

「……」

「……サラサ?」


 私は俯き、立ち止まった。
 陛下は訝しむように名を呼び、表情を曇らせ、私を覗き込んだ。

 今陛下が教えてくれた事は、きっと陛下の望みの欠片。

 この巨大な国の全てを知る方法なんて、存在しない。
 それでも目を凝らし耳を澄まして、一人でも多くの民と向き合おうとしている。

 ジレンマを抱えながらも、戦っているこの人の前で……私は

 目を背けたままで、本当にいいの?


 .
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ