挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。

宵闇ゆれて、消えていく涙

作者:きよこ
夏のホラー2009参加作品です。
 死んでしまいそうなほど苦しいくらいが、最高に気持ちいい。

 圧力が私の声を殺して、私はひゅーひゅーと喉を鳴らした。突き上げてくる体の芯を支えに、喉元の負荷は強まっていく。
 手の力を弱めることなく、彼は体だけを私の方へと倒して、荒い息を吐き出した。

「苦しいか?」

 返事など出来るわけもなく熱い息を小さく吐くと、彼はそれを返事と捉えて、ぐっと腰を動かした。
 まだ慣れないそこは、じりじりと熱を発し痛む。それでも、体は少しずつその行為を快感だと捉え始めていた。

「もっと、絞めて」

 気持ちいいからこそ、「もっと」を求める。
 私は知っているのだ。死が近ければ近いほど、この行為にむさぼりつく。

 彼の指は、私の首をいっそう強く締め付ける。
 頭の奥がじりじりとしびれて、酸素を求める肉体が暴れようと必死になる。
 苦しさと快感がせめぎあい、頭の中が真っ白に変わったとき、彼は力を抜いて、私を抱きしめた。

「ごめん」

 一瞬、なぜ謝られたのかわからず首をかしげたけれど、すぐに事情を察する。

「大丈夫。ピル飲んでるから」
「……ピルって、なんで? 妊娠したくないから?」
「生理不順だからだよ」
「あのさ、俺以外の男と寝て……ないよな?」

 私の隣に横たわりながら、彼は独り言のように呟いた。

「何言ってるの。馬鹿らしい」
「昔は男をとっかえひっかえしてたって、聞いたぞ」
「誰から聞いたのよ? 大体、言ったはずだよ。あんたが初めての彼だって」

 彼は「まあな」と不服そうに口を尖らせて、私を抱きしめてくる。煙草の香りがこびりついた布団は、彼のにおいと同じで、それが心地良かった。

「あざにならないといいけど」

 そう言って、私の首をそろりとなぜる。少し乾いた彼の手の感触に、私は声を漏らす。
 彼の指が好きだ。彼の手が好きだ。
 いつでも私を殺せる、この狂気を孕んだ手が、愛おしくてたまらない。

「好きだよ。……お前もそう?」

 うなずくだけで、決して言葉は出さない。

 愛というものがどんなものかなんて、まだ十九歳の私にはよくわからないけれど、彼のことを愛していると思う。だけど、心の底から、憎んでもいる。

 彼は、私にとって『やいば』なのだ。


 ***

 彼は、大学の同級生で、同じサークルに所属したことから知り合いになった。
 最初は特に意識もしていなかったし、人見知りする彼と話すことも少なかった。ただ、彼の視線はよく感じていた。
 サークル仲間にも「あいつ、またあんたのこと見てるよ」とからかわれることも度々あったのだ。

 ある日、突然告白されて、断る理由も無いから付き合いだした。学生の私にとって、恋の始まりはそんなものでよかったし、そういうのが嬉しかった。
 最初は普通のカップルのようにデートをくり返し、一緒にいる幸せを謳歌していた。けれど、それは少しずつ忍び寄り、少しずつ片鱗を見せていったのだ。

 付き合って二ヶ月目だったか。
 ささいなことで喧嘩をした。サークルの男の子と私が、夏の合宿について話をしているのを、たまたま彼が見かけたのがきっかけだった。

 血走った眼を私に向け、「お前に言いたいことがずっとあった」と涙混じりに訴えてきた。
 真剣すぎる眼差しと低く思いつめた声色が怖くて、体中が総毛立ったのをよく覚えている。

 腕をつかまれ、ひきずり倒され、髪を引っ張られた。泣き叫び、「やめて」と泣きじゃくる私の腹を殴りつけた。
 怖くて苦しくて、「こんな男とはすぐに別れなければ」と思った。
 落ち着きを取り戻した彼は、震える私を抱き寄せ、泣きながら「ごめん」と何度もつぶやいた。
「お前が好きなんだ。誰よりも好きなんだ」と懇願する彼を目の前にして、私はたまらず彼を抱きしめていた。
「お前と他の男がしゃべっているのを見るのがつらい。俺を苦しめないでくれ。俺だけのお前でいてくれ」
 そう言う彼を、突き放すことなど出来なかった。

 暴力をふるわれたのは怖かったけれど、私をこんなにも求める人は、他にいないと思った。
 私の髪をなで、額に口付けを落としてくれる彼を、捨てられなかった。

 お互いの涙をふきあって、傷を舐めあうように唇を合わせた。
 舌を絡ませ、息が出来なくなるくらい求め合い、お互いの存在を確かめ合った。

 彼には私が必要なのだと。
 私には彼が必要なのだと。

 強く、強く感じていた。

 ***

「お前、あいつとなにしゃべってたの」
「なにって、別に」
「別にって、俺に言えないことなのか」
「他愛も無いことしかしゃべってない」

 サークルの集まりでの痴話げんかは、いつものこと。
 周りも「またやりだした」と少し呆れた顔をして私たちを見ている。

 彼の嫉妬は徐々に悪化していっていた。それに伴って、暴力行為も増してきている。けれど、私を抱きしめてくれる腕や、髪をなでてくれる手はとても優しくて、愛に満ち溢れている。
 私を愛してくれていると、手に取るようにわかるのだ。
 それが嬉しくもあり、時折、面倒くさいとも思う。こんな風に毎度嫉妬されていては、普通の生活さえままならない。

「他愛も無いことってなんだよ」
「次の飲み会の話をしてただけ。いい加減にして」
「その態度、なんだよ」

 彼の逆鱗に触れたことに気付く。だけど、ここにはサークルの仲間がいる。彼の暴力は二人きりの時しか行われない。
 今は安全圏にいることを、私はわかっている。

「いい加減にしてって、言ってるでしょ。もううんざり」

 わざと大きいため息をついた時、彼の目がギラリと光ったことに、私は気付いていた。
 怒りで猛り狂う、獣の目。獲物を捕獲しようとする、肉食獣の目。
 あの目を怖いと思うと同時に、愛しささえも抱いている。

 彼があの目をむけるのは、私だけなのだから。



 ***


「い、たい」

 訴えても、彼の動きは止まらない。
 愛撫も何も無く始まった行為は、私には苦痛でしかない。
 痛みのあまり滲む涙をべろりとなめて、彼は眉間に皺を寄せたまま、叫ぶ。

「お前が悪いんだ!」

――なにが悪いというの。

 問いかけたくても、声が出ない。
 痛みの向こう側にちらつく快感の渦に、飲まれそうになる。

 彼の指がゆっくりと私の頬をなで、鷲掴みにして荒く口付けてくる。息継ぎさえ出来ず、彼にされるがままになってしまう。
 唇を離した瞬間、エサを求める魚のように口をパクパクと動かした。
 そのわずかな隙を突いて、彼は私の首に手を添え、ぐっと力を込める。

「あ、や、めて」

 まともな呼吸が出来なくなり、彼の腕をかきむしる。
 けれど、彼は手の力を緩めることはない。

「お前が悪いんだぞ。俺以外の男としゃべるなって、言ったのに!」

 体の芯が熱くなる。意識は朦朧と彷徨い始め、薄く白い闇の中に彼の言葉が飲まれて消える。

「愛してるんだ。愛してるんだよ。お前を、誰にも取られたくないんだ」

――息が、吸えない。呼吸が、出来ない。

 ***


 窓の外は雲に覆われ、星ひとつ見えない。
 カーテンを閉め、私は彼の指に触れた。

 この指が好きだ。この目が好きだ。
 この指が憎い。この目が憎い。

 相反する感情は、言葉の通り『愛憎』なのだと、私だってわかっている。

 ベッドに横たわり寝入っていた彼は、私が起きだして何やら触りまくっていることに気付いて、少し腫れぼったくなった目を見開いた。

「な……」

 彼が言葉を発するのよりも早く、彼にキスをする。

 この人は、わかっているのだろうか。
 私が、どれほど苦しんでいるのか。愛しているのか、憎んでいるのか、ぐちゃまぜになり交じり合うヘドロのようなこの思いに、気付いているのだろうか。

 苦しい。苦しい。苦しい。
 このバカのせいで、私は間違った道に迷い込んでしまった。

 苦しくないと、辛くないと。

 私は私という存在の価値を認識できない。


 火山の噴火のように、突如、怒りが込み上げる。
 強烈な嫌悪感をむき出しにして、彼の上に跨ると、彼は蒼白な顔で「なんで」とうめいた。

 なんで? ……なんで?

 もう、この感情を抑えることができない。
 なぜ、こんなにも憤怒するのか。自分でもわからないのに、凶器は振り下ろされる。


 ざくり。


 プラプラと、ハサミの持ち手部分が揺れていた。

「私を――」

 何を言おうとしたのか、忘れた。
 頭の中が真っ赤に染まり、ぬるぬるとした温かい液体の感触しかわからない。

 ひゅ、ひゅ、と間抜けな呼吸音がもれるたびに、彼の喉元から深紅の血が溢れ出た。
 こぽりこぽり、とまるで湧き水のように。
 すっかり焦点をなくした彼の目は、何かを探して宙を泳ぎ、ふと止まる。
 私を見つめ、何かをつぶやく。
 だけど、えぐられた喉元と口から血をあふれ出させるだけで、彼の声は何も発せられやしなかった。

「ごめんね……」

 喉仏は、仏様のかたちそっくりな骨なのだという。
 彼の仏を触りたくて、私は傷口に指を這わせる。
 真っ赤な血の中に埋まるそれは、姿を見せてくれなかったから、私は固いものに触るだけで我慢した。

「好き」

 でも、憎い。

 彼の耳元で私の気持ちをささやいても、返事はもう無かった。





 ***





 「うう、うああああ!」

 雄たけびをあげ、彼の手を握りしめる。彼は私の手を握り返し、息を荒げる。速度を増す動きが私の呼吸を乱す。
 私はただ目をぎゅっとつぶり、終わりを祈る。

――弾け飛ぶ。

「お前は俺だけのものだ」

 彼の腕の中でまどろみながら、小さな子供のように彼にしがみついた。
 髪の毛をなでてくれる彼の手の大きさが、私には何よりも大切なものに思える。

「どこにも行くなよ」

 夢心地で、うなずく。
 絞められていた首が痛んで、小さくうなると、彼は私の額にそっとキスをしてくれた。

「昨日のあれは、ひどいんじゃねえの」

 甘く柔らかな声に、私も甘えて猫なで声をだす。

「だって」

 言い訳を口にしかけて、やめた。
 もう、終わってしまったこと。
 きっと、私たちの愛が導き出した答えなのだ。
 行き着く先は、ここしかなかった。

「まだ、夜なんだな……」

 彼の目線は、薄いレースのカーテンの向こうに広がる闇に向けられる。

「夜しか、ないんだよ」
「そっか」

 納得したのか、彼は空を眺めるのをやめ、私の胸に顔をうずめた。

「ごめんな……」

 ひどいことをするくせに、すぐに甘えて、逃げようとする。
 バカな、男。

 明けない空。星ひとつない、暗雲の世界に、私たちは取り残された。

 ああ。

 どうして。

 今さら、その事実を思い知らされる。

 夢の中にいる時、痛みを感じなければ、それは夢でしかない。
 痛みを感じるのならば、それこそが現実なのだと――誰が言い出したのだ。

 求めて止まないのは、もう二度と戻ってこないもの。
 だからこそ、私は求め続ける。

 苦しさと痛みを。

 生きているという、実感を。
 快感の向こうでは、それはまるで現実のようにそこにいてくれる。

 幻想であると、わかってはいるけれど。

「あんたが、私を殺すからいけないんだよ」

 映画のワンシーンのように一筋の線を描いて涙が伝う。彼はそれを親指でぬぐい、「好きだから」とつぶやく。

「一生、一緒にいような」

 彼と私だけの、小さな秘密基地。誰にも侵入できない、私たちだけの領域。
 ここにたどり着いたのは、必然だった。

 けれど、ここは安息の場所ではないのだ。
 首を絞め、殺し合い、愛し合うことしか出来ないのだから。

 牢獄に変えたのは、私なのか、彼なのか……。


 消えていく涙は、彼の手の内に。
 宵闇は、永遠に。


 私たちを、閉じ込める。
 
お読みいただき、ありがとうございました!
男女のどろどろを描けていたらなーと思います。
ご意見ご感想お待ちしています。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ