挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
蒼の魔法士 作者:仕神けいた
2/16

第1話 蒼い髪の少年

 ここ数日の雨が嘘だったようなよく晴れた昼下がり。この天気は、今週いっぱい続くらしい。

 最新のコンピュータOS「CIMSシムス」に、仮想ディスプレイと音声認識・再生機能、そしてAIがついてから久しく。
 新たに加わった天気予測システムも、今月で的中率九七パーセントになった。

 まだ試験段階だが、この調子ならば本格始動ももうすぐだろう。

 今後のCIMSの開発で、GPSを利用した防犯システムを導入の予定とニュースは言っていた。

 時刻はもうすぐ十三時となり、昼食を終えたOLやビジネスマンは職場へと戻る。
 既に、というより、休む間もなく取引先を駆け巡る人もいた。

 人がときに波となり、渦となる大都市の風景は、もう何年も変わらない。

 そんな中、一つのビルが突然爆発した。

 直後、立て続けに隣接するビルが次々と爆発していった。
 いや、これは爆発というより、まるで巨大な何かが通り過ぎるようだ。横一直線に建物がどんどん破壊されていく。

 五十階以上あるビルの上部が破壊されたことにより、ガラスや壁の破片は人々を襲う脅威の雨となる。
 それは驚く暇を与えず、頭上から容赦なく降りかり、街を地獄と変えた。

 一体、何が起きたのか。
 恐怖に悲鳴し、逃げ惑う人々。
 冷静に判断できる者など、そこに誰一人いるはずがなかった。

 蒼い一閃が宙に舞うまでは。

 閃きは、少女を背負った少年になった。

 年の頃は十二、三歳ほど。
 透き通るような、それでいて深い蒼の髪。どんな宝石よりも美しく強い光を秘めた、紫の瞳。細く白い四肢は、黒く身に纏った衣装によって一層引き立っている。

 背負われた少女は気絶しているのだろう、ぴくりとも動かない。

 少年は、割れた窓と窓のわずかなコンクリート壁を蹴って、ビルとビルの大きな谷間を上昇していく。

 その先に、爆発で破壊された巨大なビルの塊が迫ってきた。

 少年は左の親指、人差し指、中指を揃えて空に向ける。
 銃を構えるのに似た格好だ。

「空・封・凝!」

 力強く発せられた言葉が、塊を破片の雨とともに消し去る。と、次の瞬間、少年の姿はどこかへ消えてしまった。

 ほんの数分の出来事。

 だが、恐怖と騒ぎは人々に混乱を招くだけで、何が起こったのかなど知る由もなかった。

 ただ、途中から恐怖の雨がぴたりとやんだことで、様子を伺おうと空を仰いだ幾人かは見たであろう。

 消え行く少年の目の前に、一瞬だけ現れた異形のものを。

 ■ ■ ■

 上空を、禍々しい咆哮が轟いた。

 それは人々に見えず聞こえず、しかし、確かに存在しており、逃げる少年を追いかけていた。

「ヤバいヤバいヤバいって! このアヤカシ強い!」

 少年――ユウは、巨大な尾長鳥を模した真っ黒な化け物をアヤカシと呼んで見上げた。

挿絵(By みてみん)

 ユウが作り上げた結界の中は、先ほどまでの、いわゆる現実世界の街並みそのままであった。

 だが、そこは人工的な異世界。
 結界で隔たれている以上、ユウと背負われた少女以外に人間はおらず、いくら建物が壊れようとも現実世界に影響はない。
 もちろん、両世界から互いを見ることはできない。

 アヤカシは何度も尾をあちこちのビルに叩きつけ、羽を飛ばしては暴れまわっている。

 いくら破壊しようともかまわないのだが、ユウの結界維持がそろそろ限界であった。

「せめて、この子が目を覚ましてくれたらな……」
 ユウに背負われた少女は、成り行きで助けるハメになったのだが、このままでは彼女も自分自身も余計な危険に晒すだけだ。

「そもそも、何で都会にあんなばかでかいやつがいるんだよう! 聞いてないよー!」

 彼女を庇って攻撃を避けてはいるが、
「うわっ!?」
 小石を踏んで足を滑らせた。

 アヤカシはその隙を逃さずユウめがけて尾を振り下ろす。
 体勢を崩したユウは、片手をつき両足で尾に反撃する。

 どぉん、と空気が重く響き渡る。

 体術を心得ているにしても、この威力は凄いものだった。

 アヤカシが、跳ね返された尾によろけている間にユウは地を蹴って、宙へと逃げる。

 そしてその瞬間、ユウは見た。

 ちょうど、アヤカシを上から見下ろす高さに達したとき。

 硬く黒い羽に覆われ、背の真ん中に埋もれるギョロリとした赤い目玉。

 真っ赤な血を固めたようなそれは、見紛うはずもない、アヤカシの弱点ともいえる彼らの核――『目』だ。

「ラッキー、見っけた!」

 ユウが、チョーカーにつけた十字架を取る。それは一瞬で背丈ほどもある錫杖へ変化した。

 ユウの殺気を感じたのか、羽を激しく動かし、再び攻撃をするアヤカシ。

 空中で身動きとれないユウは、錫杖を操り、飛んでくる攻撃をすべてはねのける。

 はねのけた攻撃の分、結界に次々と亀裂が走る。

 それに構わず、ユウは流線型をしたビルの屋上へ着地し、なだらかな下り坂の屋根を勢いよく走る。
 屋上の端で強く踏み切って空に飛び出した。
 先には、迎え撃つかのように咆哮するアヤカシ。

 その上空を飛び越え、アヤカシの背をめがけて錫杖を投げる。

 寸分違わず、真っ赤な点に突き立った瞬間、アヤカシの体は塵の塊に変わった。
 断末魔さえなく、風に吹かれて空気に溶けるように消えていく。

「――――」
 それを最後に、ユウの意識も落下とともに遠退いていった。

 ■ ■ ■

 辺りは真っ暗だった。

 純粋な黒ではなく、すべてを混ぜ込んだような、黒。これが闇なのだろう。

 遠く、波の音が聞こえる。

 黒い空の彼方、鐘の音が降り注ぐ。

「誰かいないの!?」

 心細くなり、ユウは辺りを見回しながら叫んだ。

 しかし、叫んでも、手を伸ばしても、声も手も届かない。

 ただ、闇に飲み込まれていく。

 ユウは闇に溶けていく――



「……どこだ、ここ?」

 目が覚めたら、そこに白い天井があった。

 起き上がってみると、かなり立派な部屋だとわかる。
 横に大きな本棚と勉強机。扉まで続く壁は白く遠く、部屋全体はかなり広い。

「えっと、確か――」
 ユウが覚えていたのは、中空でアヤカシの最期を見たところまでで、そこから先は記憶が途切れている。

「そうだ! ボク――」

「気がついたかい?」
「え?」
 振り返ると、いつの間に入ってきたのか、サングラスをかけた黒ずくめの大男が立っていた。

「で、でかっ……!」
 天井に届きそうな長身。ユウの二倍三倍はありそうだ。
 別段、がっしりとした体格でもなく、しかし、ひょろひょろに痩せこけているわけでもない。茶髪の大男は、後ろを振り返って頭を下げる。

「……?」

「やあ、どこか痛むところはあるかい?」

 大男の後ろから、小柄な女性が現れた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ