挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
緩慢な表象と虚ろな幻想 作者:藤村 由紀
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/11

プロローグ

 


 ―――― 人は誰しも、一生に一冊は名作と呼ばれる本を書くことができる。

 当時の高名な教育者で政治家でもあった男の言葉を、皆一度は聞いたことがあるだろう。
 僕も当然知っている。
 最初にその言葉を聞いたのは、小学四年の時の担任であった女の先生からだ。

「昔はね、本屋さんにある本は、『作家』って職業の人たちが書いたものだったの。そういう人たちは色んな理由で書いたものが人に認められて、本を書くようになったの」

 社会の教科書をめくりながら、先生は言った。
 その隣に置かれている一冊の本は"先生の本"だ。僕の席からは、背表紙に書かれた先生の名前が見えていた。
 一番前の席に座っていた女子が、手を挙げて問う。

「職業にしてたって、わたしたちとどう違うんですか?」

 その疑問は、クラスの大半が持ったのだろう。口々に賛同の声が上がった。
 先生は全員が落ち着くのを待って、微笑む。

「作家って呼ばれた職業の人たちは、一人でいくつものお話を書いたの。人気のある人は、何十冊も本を出したのよ」
「何十冊!?」
「すげー……」
「でも読む人はどんどん新しいものを読みたがって、どんどんいっぱいの新しい作家が出てきたの。作家になりたがった多くの人が『自分の物語』をネットに書くようになって、『本にしたい』って希望が当たり前のものになって―――― そんな時、ある偉い先生が言ったのよ」

 ―――― 人は誰しも、一生に一冊は名作と呼ばれる本を書くことができる、と。

 そう言って、先生は曇りのない笑顔で、自分の本を教壇に立てた。

「それからね、この国では人はみんな、一生に一冊だけ自分の本を書いて世に出すことが義務になったの。私も、あなたたちのお父さんやお母さんも、そして勿論あなたたちもそう」

 冬の西日が、窓から斜めに差しこんでくる。
 よく通る先生の声が謳った。

「つまり今、本屋さんにある本は全て―――― 誰かが書いた最初で最後の名作なのよ」

 その時見せられた先生の本のタイトルは、もう覚えていない。
 だが、彼女の誇らしげな、恥ずかしそうな顔だけはよく覚えている。

 つまりこれは、職業作家がいなくなって久しい時代の話だ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ