挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
君と歩く永遠の旅 作者:夜野うさぎ

第一章 時を超えて愛する君のもとへ ―第一の現代編―

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/107

同窓会

新規小説です。まだまだ拙いですが、お読みいただければうれしいです。
なお、現在、別の小説をメインで書いていますので、そちらが完結するまでは不定期となります。

【追記】兄の冬雄さんやめて、一人っ子にしました。

よろしければ→「異世界に響け!私とあなたの二重奏-分かたれし魂の共鳴-」
http://ncode.syosetu.com/n0670cd/

とりあえず、最初の7話は時間をおいて連投します。
「ねえ、聞いた?夏樹くん」

 俺がビールを飲んでいると、隣のテーブルから同級生の女性が話しかけてきた。
「春香が亡くなったって。……何か知らない?」

 久しぶりに聞いた名前に、俺はビールを持つ手がとまった。
「すまん。知らないけど、春香が?」

 同窓会の喧噪が遠くなっていく。目の前に座っていた親友がまじまじと俺の顔を見つめた。
「誰?春香って?」
「うん?ああ、中学時代の同級生さ」

 隣の女性が俺の側にしゃがみ込むと、声を潜める。「本当に知らない?だって幼なじみだったでしょ?」
 俺も小さい声で返事をする。
「お袋からも聞いてないぜ。本当に春香が亡くなったのか?」
 女性は俺を見て諦めたようにため息をついた。
「そう……。まあ、夏樹くんはずっと戻ってこなかったからなぁ」

俺は女性の顔を見て続きを促す。
「本当らしいよ。……自殺だって話。葬儀すら誰も知らなくて。私も偶々新聞で知ったんだ」
「そうか……。教えてくれてありがとう」
「いいって」
 そういうと女性は俺の背中を軽く叩くと、自分の席へと戻っていった。

 目の前の親友が話しかける。「そういえばお前、あいつと中学から一緒だっけ?」
俺は頷いた。「そうさ。あいつはそのまま地元に残ったからなぁ」
「ふ~ん。……俺が言うのもなんだかだけどさ。あんまり落ち込むなよ」
「ああ。ありがとう。……まあ、今日は駅からまっすぐここに来たけど。後でお袋に聞いてみるか」

 俺の手のカラになったグラスに、親友がビールをついだ。俺はそれを見ながら、今は薄れてしまった記憶を呼び起こそうとしていた。「春香か……」


 高校を卒業してから3年。大学のために東京に引っ越ししてから世間的には成人式も迎えたが、未だに実家には一度も戻らなかった。

 実家のはす向かいに春香の実家がある。幼稚園から小学校、中学校とずっと一緒で幼なじみで、通学路も一緒だったからいつも一緒に学校に行っていた。けれど、俺は寮に入りながら隣の市にある私立の高校に通ったので、実家にも戻ることが少なくなっていった。確か春香は地元の公立高校に行ったはずだ。
 しばらくは手紙のやり取りがあったけど、段々と返事を出すのがめんどくさくなっちゃって。年賀状は来ていたけど、ここ2年はそれもなかった。

 綺麗な黒い髪を伸ばしていて男子からは人気があったけど、不思議と誰とも付き合うことはなかった。俺も好きだったけど、関係が壊れるのが怖いし、意気地が無かったから告白はできなかった。

 最後に見たのは、俺が出発する駅に見送りに来てくれたときだ。もう泣き止まなくて……。俺も辛かった。休みの度に戻ればよかったんだが、新しい生活に慣れるのに必死でそうもいかなかった。
 あの時のホームでの「約束。絶対だよ」っていう言葉が耳によみがえる。


 駅前の居酒屋でやっていた同窓会が終わり、二次会に行く人と帰る人に分かれて三々五々に散らばっていく。みんな成人したとはいえ、こうして集まると学生気分のままだ。

 俺はみんなに「またな」というと、一人で駅舎を見上げた。なんとなくノスタルジーを感じながら、タクシー乗り場に並んだ。

 家に帰った頃にはすでに十一時近い時間だったが、お袋が起きて俺の帰りを待っていてくれた。
 親父はゴールデンウィーク中も関係なく仕事があるようで、明日も早いから先に寝たそうだ。

「お帰り。疲れたでしょ?お風呂の準備してくるから、先に自分の部屋に行ってたら?」
「ありがとう。そうする」

 高校で寮に行ってから自宅にはほとんど戻っていない。それなのに俺の部屋は取ってあるという。
何年ぶりだろう。自分の部屋の木の扉を前にして不思議な気持ちになる。

 ノブを回して中に入ると、部屋は高校入学直前のままに時間が止まったようだった。
 本棚には、当時読んでいた漫画本が並んでいる。部屋の中はたまに掃除をしてくれていたようで、ほこりっぽくもないし、カビも大丈夫そうだ。中学生の頃はよく部屋の掃除をしろと怒られたっけ。

 東京から持ってきた旅行バッグを床に下ろして着替えを取り出す。同窓会を機会に帰ってきたわけだが、ちょうどゴールデンウィークでもあるので2、3日はゆっくりできる。その間、特に何するわけでも無いのでだらだらさせて貰おう。

 階段を上ってくる音がして、ノックする音が聞こえた。「お風呂入ったよ。」
 そういいながら部屋に入ってきたお袋が、目を細めて俺を見ている。

「なんだか懐かしいねぇ。……いない間、掃除だけはしていたけど、懐かしいでしょ?」

 しみじみとしたお袋の声に、なんだか照れくさくなった。
「あはは。まさかあの時のままになっているとは思わなかったよ」

「何となく片付けられなくてねぇ。……ま、これからはたまには帰ってきなさい」
「……なるべくそうするよ」

 頭をかきながらそういった俺を、お袋が妙ににこにこして見つめた。
「ほら。それはそうと早く入んな。……さきに寝てるから、上がったら栓を抜いといてよ」
「オーケー。……お休み」
「お休み」
 そういうとお袋は部屋から出て、階段を降りていった。

 俺も着替えを持って階段を降りて、トイレの隣の脱衣所の扉を開けた。

 脱いだ衣類を、昔そうしていたように無造作に洗濯機の中に入れる。あ、いや、昔と違ってきちんと表にしてからだけど。

 風呂場に入り真っ先に湯船につかる。あふれたお湯がザザーっと洗い場に流れていく。
浴槽の縁に頭を乗せて足を伸ばす。深さはそれほどないけれどゆったりと一人ではいるには快適だ。

 何とはなしにベージュ色の天井を見上げた。不意に今日の同窓会のことが思い出されて、自然と笑いがこみ上げてくる。
 それにしても、みんな卒業して3年経って垢抜けたような垢抜けていないような、大人になりきれない子どものような感じだったな。まあ、こういう俺も人のことは言えないけどね。

 そのとき、脳裏に一人の女子生徒の姿が浮かんだ。「春香……」
 そういえば小学校低学年まで泊まりっことかして、この風呂にも一緒に入ったことがあるんだよな。プールとかいいながら水を張ったお風呂に潜ったりしたことが懐かしい。

 ため息を一つして浴槽から出てスポンジを泡立てる。ごしごしと洗いながら鏡の中の自分の顔を見つめた。
 中学生の頃は何でもできるような気がしていたけれど、結局は高校で壁にぶつかり、大学生の今はすでに夢を語るような心境じゃない。就職活動に入って、少しでも条件の良さそうなところに入社できれば……。そんな打算的な考えがどうしても浮かんでしまう。

 泡をシャワーで洗い流し、再び湯船に体を沈める。
 それにしても春香が自殺だと?一体、何があったんだろう。前ほど感情は高ぶらないけれど、今でもどちらかといえば好きだ。仲の良かった女の子。死んだ。自殺したと聞いて、正直にいって心が穏やかじゃいられない。

 もしも一緒の高校に行って一緒の大学に行けてたら、俺は彼女に告白できていただろうか?春香は自殺せずにいただろうか?もしも、もしもという言葉ばかりが追いかけてくるようで、それを振り切るように頭を横に振った。

「ああ……、そういえば母さんに聞くのを忘れていたな」

 明日、忘れずに聞こう。そう思って、俺は風呂から上がった。
投稿スケジュール
6/5
7:00……1話
13:00……2話
19:00……3話
6/6
2:00……4話
7:00……5話
13:00……6話
19:00……7話
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ