挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
その無限の先へ 作者:二ツ樹五輪(*´∀`*)

第三章「遠き呼び声」

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

33/111

第6話「八人の挑戦者」

-1-



 部屋に重苦しい雰囲気が漂っていた。

「…………」
「……困りましたね」
「……確かにこれは、まずいよね」

 3人でホワイトボードを眺めながらそれぞれ呟く。
 非常にまずい事になった。完全に想定外である。

 俺達はいつもの食堂ではなく会議室を借りて、今日届けられた試練の内容について摺り合わせを行っている。
 俺とユキ宛に届けられた内容は、ちょっと想像がついていなかった方向で難易度の高いものとなっていた。
 この後、追加メンバーとして参加をお願いするフィロス達3人も来る予定だが、早急に対策が必要だ。

 D級昇格試験でもあるこの試練は、俺達以外の下級冒険者が参加しても昇格の条件を満たせる為、参加して貰うメリットは提示出来る。
 いくら難易度が高いとはいえ、昇格試験の発行待ち期間をスキップして試験を受けられるのはメリットになるだろう。それは良い。
 だが、その他の内容は大いに問題があった。

 ホワイトボードに書き写した試練の提示内容を見てみると、溜息が出そうになる。

< 第一の試練(第二回) >
 実施時期:8月最終週
 実施場所:鮮血の城
 参加人数:8名

・ダンジョン< 鮮血の城 >を利用した特殊イベント
・参加メンバーは8名必須
・ユキ( ト )、渡辺綱、サージェスの3名は参加必須とする
・他の5名については、デビュー済でE+以下の冒険者であれば参加自由とする
・参加メンバーが8人に満たない場合、このイベントは無効となる
・挑戦3日前までに挑戦日、挑戦メンバーを提出する事
・提出期限を超過した場合、このイベントは無効となる
・8つに分かれた入り口からそれぞれ入場し、単独で攻略開始(内部合流可能)
・ダンジョン内の逆走は不可
・滞在時間制限なし
・それぞれの道で第一から第四の関門を突破した者がボスエリアへと入室権利を得る
・参加者はそれぞれの関門を突破する毎にボーナスが発生する
・第一関門突破ボーナス:GP
・第二関門突破ボーナス:Dランクレア装備品( ランダム )
・第三関門突破ボーナス:D級昇格資格( E+未満の場合、E+昇格時点でD級昇格扱いとする )
・第四関門突破ボーナス:スキルオーブ(複数種類の中から選択)
・完全攻略ボーナス:ボーナスリストの中から選択( ユキ( ト )のみ固定ボーナスとする )
・それぞれの関門通過地点にHP回復・状態異常治療施設、ダンジョン脱出用ワープゲートを設置
・ボス部屋以外はゼロ・ブレイクルールを適用する
・ボス部屋以外でHP全損した場合、1つ前の関門で復活する
( デスペナルティなし / 第一関門でHP全損した場合は入口へ戻る )
・ボス部屋での死亡、及びHPを全損せず死亡した場合は通常の死亡扱いとする
・この特殊イベントは1回のみ挑戦可能

 とりあえずどうでもいい事だが、ユキトのトはユキに無言で消された。メールはそう書いてあったのに。

 こうして書き出してみると、挑戦者側に配慮されたように見える部分が、実はそうでない事が良く分かる。
 滞在時間制限がなく、ボス部屋以外はゼロ・ブレイクルールが適用される特殊ルールである為、諦めなければいくらでも挑戦できるが、任意で諦める事も出来る。
 ……そう、いつでも諦められるのだ。
 参加して貰うメリットにしたいD級昇格資格が、第三関門突破に設定してあるのも質が悪い。
 それ以降がいくら魅力的なボーナスだろうと、その最低限のメリットを得てしまえば、普通は先に進む気力を保てなくなる。内容が過酷であれば尚更だ。
< 鮮血の城 >は拷問系トラップが多い事で話題になったダンジョンだ。サージェスから聞いた話だけでも、掛かりたくない罠が満載である。
 死なないからといって、そんな痛みを何度も我慢するのは正直キツイ。そして戻された場所には脱出用のワープゲート。……まともな神経してれば帰りたくなるだろう。
 他のメンバーとどこで合流出来るかにもよるが、その時に少人数……極端な話、例えば1人だとギブアップを止める奴すら存在しない。

 挑戦開始時点で1人でありHP全損しても再挑戦出来る以上、罠対策はそこまで必須じゃないだろうというのは好材料だが、これはマズいんじゃないだろうか。

 この試練の狙いはきっと、肉体的、精神的な負荷に負けず、諦めないで進む不屈のメンタルを問うものなのだろう。
< 鮮血の城 >の痛いトラップ群がそのまま適用されるかは分からないが、キツイ道のりを諦めずに進む精神力を要求される。

 俺達はまだいい。だが、俺達以外の参加メンバーにそれを強要するのか?
 8名で攻略する事を前提にしてある以上、3人だけで頑張ればいいという訳にもいかないだろう。道中はともかく、対ロッテ戦がそんな簡単な難易度とも思えない。
 ……まったく、難しい試練を考えてくれるものだ。

 そして最大の問題は参加メンバーの人数だ。
 想定していた6人より更に多い8人。フィロス達が全員OKしてくれてもまだ2人足りない。数合わせだとしても最低後2人必要だ。
 クロだったら受けてはくれるだろうが、戦闘力が重視される以上、候補に入れるのはちょっと考え難い。
 8月末となるとリリカもデビュー前で対象外だ。デビュー直後でこのイベントもないだろうが。

 それ以外の人を探すにしても、俺達は迷宮都市に来てまだ時間が経っていない為、交友関係は狭い。中級もOKなら幅が広がるが、下級では候補がいない。
 顔と名前を知っている程度なら幾らでもいるが、大した知り合いでもないのにこんな過酷そうなイベントで無理してくれなんて、いくら何でも言えないだろ。
 美弓が参加出来るなら、内容隠して真っ先に誘うんだけどな。かなりタフだし、良心が傷まないし。

「サージェスは参加してくれそうな知り合いとかいないか?」
「いない事はないですが、戦力的にも、提示出来るメリット的にも厳しそうです。この条件で最後まで挑戦できる人材となると流石に……
最悪、数合わせで考えるなら何とでもなりそうですが……。」

 サージェスだって、自分以外の人間がどの程度の負荷に耐えられるか位は承知しているだろう。
 そりゃ、そんな人がポンポン出てくるわけもないよな。いたら既に固定パーティに誘っているぜ。

「ユキはどうよ……っていっても、これまで俺とほとんど一緒なんだからいないよな」

 ユキはさっきから思案顔だが、そんな知り合いはいないだろう。
 まさか心当たりがあるのだろうか。

「ん……そうなんだけどさ、< アーク・セイバー >に頼めないかな」
「……そうか、記念祭でそんな事言ってたよな」

 確かに、剣刃さんがクラン員を出向させるとかそんな事を言っていた。
 トップクランにいるような奴なら上昇志向は高いだろうし、戦闘力も申し分ないだろう。
 その上、大規模クランだから人数だって多い。1人、2人なら余裕で条件にヒットしそうだ。

「それアリだな。後で剣刃さんにコンタクトとろう」

 他に当てがない以上、頼まない理由がない。
 今回の場合、借りるのが猫の手ではマズいのだ。最後まで戦える不屈の戦士が必要だ。

 そして、フィロス達3人が到着し、状況の説明。参加をお願いしてみる。

「うん、いいよ」

 二つ返事でOKをしてくれた。3人共大丈夫だそうだ。
 これまで交流してきて、戦力的にも問題ない事は分かるが、そんなに安請け合いしていいのだろうか。
 提示した条件だけ見ても、キツイイベントなのは分かりそうだが。

「いいのか? 言っちゃなんだが、俺達の新人戦より若干簡単って程度の難易度なんだぞ」

 比較対象がアーシェリア・グロウェンティナ戦だ。
 常識的に考えて無茶な難易度だと分かるだろう。

「僕ら全員、冒険者として上を目指すのは一致してるしね。……むしろこれはチャンスじゃないかな。
それに、こう見えても僕ら全員負けず嫌いだから。君達に追い抜かれたままでいるのも悔しいし」

 あまり感じた事はなかったが、そうなのか。
 ……そうか、良く考えてみたら、フィロス達はトライアルを半月、3回というペースで突破している。
 負けず嫌いでもなければ、そんな短期間でのトライアル突破なんて出来る訳がない。失敗して、攻略の為に散々訓練した筈だ。

「ありがとう、助かるよ」
「いいってことよ。むしろ強くなれるイベントなら、キツかろうが大歓迎だぜ」

 一度< 鮮血の城 >に挑んだ経験のあるガウルがそう言ってくれるのは、かなりやる気があるという事だ。
 最初は単独攻略になるわけだし、そういった経験は確実に生きてくる筈だ。正直かなり助かる。
 とりあえず、6人はこれで決まりだな。前衛ばかりだが、今回に限って言えばそれはあまり問題はない。
 ……問題は後2人。

「一応聞いておきたいが、他に参加してくれそうな当てとかあるか? ないなら< アーク・セイバー >に当たってみようと思うんだが」
「僕とゴーウェンはいないね。ここにいる面子とクローシェ以外で組んだ事すらない位だし。
……クローシェは、言えば参加してくれるだろうけど、戦力的には厳しいだろうね」

 クロに関しては、フィロスも同じ判断のようだ。
< 斥候 >として優秀なのは間違いないだろうが、今回は条件が噛み合わな過ぎる。
 そして、それ以外の当てもないと。やはり、この時期の下級は固定パーティで固まってしまっているものらしい。

「俺の方は、1人心当たりがいる。すぐ連絡はつくから、明日まで待って貰えるか?」

 だが、ガウルは当てがあるらしい。
 サージェスは駄目だったが、デビューしてから長いというのはこういう面で有利だ。
 条件提示した上で言う位だから、戦闘力的にもメンタル的にも期待出来るだろう。

「さすがにガウルは顔広いね」
「お前らより活動長いし、ヘルプとして色んなパーティにも参加してるからな」
「じゃあ、< アーク・セイバー >に頼むのはその後だな」

 1人位なら、出向して貰うのもハードル下がるだろう。
 メンバーは何とかなりそうな気がしてきた。

「つーかお前ら、何でそんなトップクランに伝手があるんだ? 新人戦で戦った< 流星騎士団 >ならまだ分かるが」
「記念祭の時にちょっとな。……ほとんど偶然に近い」

 アレは偶然としか言いようがないよな。

「お前さんには、何かそういう因果でもあるのかね」

 ……因果ねぇ。似たような事を今回のボスさんにも言われたな。
 確かにこの街に来てから、タイミングや都合の良い事が多い気もする。いや、悪い事も多いから、イベントが多いって印象だ。

「じゃあ、早速連絡取ってくる。対策会議は……出来る限りメンバー揃ってからのほうがいいだろうな」
「そうだな」

 対策を練ったり、訓練内容や事前のダンジョンアタックの日程も決めないといけない。
 なにしろ今回は時間……ダンジョンに挑戦する回数がほとんどない。おそらく事前の挑戦は1回になるだろう。
 8人だと、フルメンバーで< 鮮血の城 >に入る事も出来ないというデメリットもある。

 また、前回みたいな急激なLvアップも難しい。ランク制限で、入れるダンジョンではそこまで経験値が稼げそうにないのだ。
 下級の内に入れるダンジョンだと、普通にやって稼げるのはベースLvにして30程度だ。俺達の全員がその前後で推移している。
 これだと、どうしたって細かい戦力増強しか出来そうにない。人員確保出来たってハードルだらけである。



-2-



 翌日、同じ会議室を使い、ガウルから紹介された新メンバー候補の面接を行った。
 参加するのは俺とユキ、サージェスの3人。そして、一応紹介元であるガウルにも同席をお願いした。

「ははは、はじめまして、て、ティリアティエルと言います」

 俺達の目の前に座るのは気弱そうな青髪の女の子。
 若干俺達より年上に見えるが、部屋に入ってからずっとオドオドしている。
 ガウルが言うならメンタル的にも問題ないのだろうが、……本当に大丈夫だろうか。

「あ、あの、ティリアティエルさん? ただのパーティメンバーの顔合わせですし、そんなに緊張しなくても」
「は、はひっ」

 冒険者なのに気が弱い子なのだろうか。緊張してるだけかもしれない。

 一応、事前にガウルから彼女の情報はある程度貰っている。
 名前はティリアティエル。元々外で冒険者をやっていて、冒険者ギルドからの推薦で迷宮都市へ来訪。
 メインクラスは< 騎士 >。タンカーとしての特化型で、専門ではないが回復魔術の適性もあり。
 その防御は鉄壁で、ガウルのような防御力のないスピード重視のアタッカーにとっては相当に評価が高いらしい。
 攻撃力はあまり期待できないが雑魚を蹴散らす程度の火力はあり、前線を維持する戦闘センスは抜群に良いとの事。
 ベースLvは33と、俺達全員と比べてもトップ。
 実は2年程E+に留まっているらしく、昇格試験が突破できないで悩んでいるとの事だ。

 フィロスよりも防御に寄った、回復手段ありの純タンクだ。
 性能だけ見たら、喉から手が出る程欲しい逸材である。特に回復魔術がデカイ。下級では回復手段を持った前衛は少ないのだ。

 ガウルが言うには、特有の問題を抱えてはいるが今回の試練には関係がなく、戦力としては間違いなく同ランクでは最上級との事。
 これまで何度もパーティを組んだ事があると言うから、そこは心配しなくてもいいだろう。
 だが、その問題とやらのせいでパーティメンバーには恵まれず、クラスの特性上ソロにも向かない為、欠員が出たパーティのヘルプを続けているのだという。

 ……性能だけ見たら優良物件にしか見えないのに、固定パーティを組めない問題ってなんだよ。
 申し訳ないんだが、極最近、似たようなケースに直面したばかりなんだが。……具体的には新人戦前位に。

「……ん、どうしました、リーダー?」
「いや、何でもない」

 まさか、サージェスさんの御同類ではないだろうな。
 でも、こうしてオドオドした姿を見ると、堂々と性癖をひけらかすタイプにも見えない。
 一体どんな変態だというのか。……いや、何で変態だと決めつけているんだ?

「ティリアティエルさん、今回ヘルプをお願いしたいイベントは結構厳しい内容なんだけど、身体的に痛い攻撃とか大丈夫かな。盾職だし、結構前に出て貰う事になると思うんだが」
「は、はい、痛いのはちょっと嫌ですけど、このクラスについている以上しょうがありません。それは割り切っています。
あ、あと、是非ティリアとお呼び下さい。年上ではありますが、パーティ組む相手なので敬語とかも不要です。気軽にティティでもいいですよ」

 あれ、マゾじゃないのか? 盾職だからビンゴだと思ったんだけど。
 事前情報だと、プレートアーマーとデカイ盾装備だっていうから露出狂でもないよな。
 こんな子だったら露出癖あっても、俺の熱いパトスにビンビンきそうだから構わないのに。

 横を見るとユキも同じ事を考えているようだが、答えを出せずにいるのか思案顔だ。サージェスは何を考えているのか良く分からん。
 まさか、逆……なのか?

「生き物を虐待するのとかは好きかな? モンスターを虐めたりとか」
「え? モンスターはしょうがないと思いますけど、あまり虐めたりとかは良くないと思います」
「そ、そうだよな。ごめん、変な事を言って」

 サドでもなかった。まさか、問題は性癖じゃないのか?
 ……もうはっきり聞いてしまうか。

「実は今回のイベントはかなり厳しい内容になるんで、ティリアが参加してるくれるならとてもありがたい。
だけど、ガウルから聞いている"あなたの抱えてる問題"っていうのが引っ掛かっていて、即決出来ない状態なんだ。
……ウチは既に強烈な問題抱えてるメンバーがいるんで、今更色眼鏡で見たりしないから聞かせて欲しいんだけど」
「は、はひっ。その……恥ずかしいんですが、私ちょっと……人と違う性癖を持っていまして……」

 やっぱり性癖じゃねーか。なんだ、このパーティは呪われてるのか?
 まあ、サージェスより弩級の性癖の持ち主は早々いないから、ある意味ハードルは下がっている。
 ……それはいい事なんだろうか。自分で考えていて、本当にそれで良いのか自信がなくなってきた。

「でも、直接説明するのはちょっと……その、恥ずかしくて」

 どないせいっちゅうんじゃ。
 紹介者であるガウルの方を見ると、仕方ないなという表情で溜息をつく。……狼でも溜息吐くんだな。

「あー、俺から説明しよう。本人の前でとか、……羞恥プレイみたいになるが、しょうがねーよな」
「は、はい、……しょうがないです。言わないでいると、これまでみたいに後から捨てられる事になるので」

 捨てられた経験がお有りですか。
 既に嫌な予感しかしないのですが。

「彼女は陵辱願望がある」
「…………お、おう」

 ド直球ですね、ガウルさん。……そうか、陵辱願望か。この可愛い子がね。人は見かけによらないもんだ。
 だが、確かに性癖としてはアレだが、本人が良いんなら良いんじゃない?
 何なら、俺がその役やってもいいんだぜ。溜まりに溜まった爆発寸前の若い欲望ではりきっちゃうぞ。

「しかも、相手が限定されててな。……オーク相手じゃないと性的興奮を得られないそうだ」
「馬鹿じゃねーの」

 あまりのズレっぷりに、思わず本音を口に出してしまった。
 女騎士でオークに対して陵辱願望があるって、完全にくっ殺さんじゃねーか。
 これで強気だったらパーフェクトだった。

「まあ、馬鹿だな。それは間違いない。俺もそう思う」
「そんな……」

 ガウルに見捨てられて、ティリアは絶望的な表情を見せるが、しょうがないんじゃない?
 だって、オークさんだよ。日本のエロゲーじゃないんだし、この世界のオークさん、別に人間相手に欲情しないんだけど。

 前にブリーフさんから聞いたが、オークが人間相手にそういう感情を持つのは、人間がオークの雌相手に発情するようなものらしい。
 つまり、いるとしてもオークの中でも相当なレベルで変態かつ少数派という事だ。
 聞かされて、ああ無理だって思ったぜ。そもそもオークなんて雄雌の区別すら付かない状況だ。いくら俺でもそんなストライクゾーンは広くない。

「だから、オーク相手だけは極端に弱くなるが、それ以外なら問題ない」
「成る程、今回のケースならそれは有りだね」

 ユキさんは納得してらっしゃるが、お前相当毒されてるよな。それでいいのかよ。
 というか、戦闘に支障をきたす位重症なの? どんだけだよ。

「が、ガウルさん? ちょっといいかな、……表出ろ」
「お、おう」

 不安気なティリアを脇を抜け、ガウルを連れ出して部屋の外に出る。
 この狼には一度ちゃんと言わねばなるまい。

「お前何なの!? サージェスがいるからって、ウチは特殊性癖のゴミ捨て場じゃないんだからな」
「わ、悪かったって。でも戦力的には何も問題ないだろ」
「ないけど、どうしてピンポイントでそんな変な属性抱えてる奴を連れて来るんだよ」
「さ、サージェスいる位だから今更だろ? あいつ、可哀想な奴なんだよ。ここは助けるつもりでさ」

 やっぱり、サージェスがいるからアレ未満ならOKとか変な認識が出来てらっしゃる。
 確かにサージェスよりはマシだし、あんまり迷惑はないかもしれないけどさ。特殊性癖の持ち主と過ごす苦しみが分からないのか。
 気づかない内に段々常識がズレていくんだぞ。
 ユキなんか、明らかに反応おかしかったじゃねーか。ほとんど精神汚染と変わらないんだからな。

「……わかった、とりあえず今回に限ってはそんなに問題もないから良いとしよう。固定パーティも検討はする」
「……助かる。あいつ、ちょっと哀れで見てられなかったんだよ。
何回もヘルプで組んだ事があるんだけどさ、その度にパーティから蹴られるのを見てるんだ」

 ガウルは困った人を放っておけないタチらしい。良い事だとは思うが、ウチに押し付けないで頂きたい。

「……戦力的には問題ないんだろ?」
「オークさえ出てこなけりゃ問題ない。あいつトライアルの第2層で何回も死んでる癖に、第4層は1発で抜けた位だから」

 それを大丈夫というかは微妙なところだが、……大丈夫、サージェスと比べれば可愛いもんだと思って我慢しよう。
 ……あいつを基準にすると大抵はOKになってしまうが仕方ない。むしろアレを基準にして駄目ってどんなレベルなのって感じだ。
 今更だけど、あいつがいるだけで合格ライン下がり過ぎじゃなかろうか。
 ユキも交えて今後の事を考えたほうがいいな。このままだとウチのパーティが変態だらけになってしまう。

「つーか、何をどうやったらオークなんだよ。この世界のオークさん達、人間に興味ないぞ」
「それは……本人から聞いてくれ」
「分かった……一応聞きたいんだが、まさかお前もそんな感じじゃないよな」
「お、俺はノーマルだぞ。同じ種族以外に発情したりしない。故郷には許嫁だっているんだからな」

 それは良かった。俺の前に現れる連中がそんなのばっかりだとは思いたくないしな。
 フィロスやゴーウェンはどうなんだろうか。
 ……いまさらだけど、ユキだって変って言えば変だし。

「あの……もし?」
「……ん?」

 人気のない会議室前で話す俺達に、スラリとした細身の青年……いや、中性的な女性が話し掛けてきた。
 うん、髪短くてキリッとしてるから分かり辛いけど女の子だ。宝塚とかにいそう。

「何か?」
「渡辺さんですよね? 私、< アーク・セイバー >所属の摩耶と申します。先程受付の方からここにいると伺いまして」

 え、まだヘルプの打診とかしてないんだけど。テレパシーか何かで伝わったのか?

「ひょっとして、剣刃さんと話した出向の話ですか?」
「はい、興味があるなら一度挨拶に行って来いとの事でしたので。……事前にメールはしましたが、まだ確認はされてないでしょうか」

 カードのメール機能もまだ有効にしてないしな。そろそろ考えたほうがいいかもしれない。

「あー、すいません、ちょっと立て込んでて見逃してるみたいです。今も、次のイベントの顔合わせ中でして」
「そうですか、では改めて伺います。都合の良い時間があれば合わせますが」
「じゃあ、1時間後位だったら大丈夫なので、……ここでもいいですか?」
「はい、分かりました」

 物腰だけならウチの超弩級変態さんと同じだが、物凄い常識人的な臭いがする。
 この人こそウチに求めていた人材ではないだろうか。きっと俺に続く常識人枠になってくれる筈……。

「メールに書いて貰ったかもしれませんが、差し支えなければクラスとか簡単な技能を教えて貰っても?」
「はい。クラスは< 斥候 >と< 野伏 >の2つで< 遊撃士 >ツリーですね。
かなり戦闘よりのスキル構成なので、専門技能は本職に劣りますが、その分火力はあります」

 パーフェクトな人材じゃないか。剣刃さんは超能力者か何かなのか? ……いや、侍か。
 求めてるクラスもドンピシャだし、立ち振舞いも強者のそれだ。ひょっとしたら下手な前衛より強いかもしれない。

「この場で決めてもいい位じゃねえ?」
「いや待て、ちゃんと話を聞こう。摩耶さん、1時間後にまた」
「はい、よろしくお願いします」

 部屋の中にいる残念な感じの人と合わせて、ちゃんと事情説明したほうがいいだろう。
 摩耶は軽く会釈をすると、そのまま1階へと降りていった。立ち去る後ろ姿でさえ背筋がピンとして、真面目な雰囲気を漂わせている。
 あの立ち振舞いを身につけるには相当長い期間の訓練が必要だ。歩き方1つ取っても惚れ惚れする美しさだ。
 残念ながら俺の好みからは離れているが、同姓から好かれるタイプと見たね。お姉様とか呼ばれてそう。

「どうだガウル、あれが求めていた人材という奴だ」
「う……、確かにありゃ凄えな。< アーク・セイバー >は伊達じゃねえ」

 ガウルにも彼女のポテンシャルが良く分かったらしい。
 くっ殺さんと並べると優秀さが際立ちそうだ。



-3-



 さて、その問題のくっ殺さんの面談の続きである。

「少なくとも今回のイベントに関しては問題なさそうだから参加をお願いするよ」
「よ、良かった……。その……固定パーティとかはどうでしょうか」
「それは今回のイベント次第だな。ウチの究極さんと変な化学反応起こされても困るし」
「わ、わかりました。その……頑張りますよ、はい」

 こうして話してるだけだと、気弱だが真面目そうないい子なんだけどな。
 何故そんな性癖になってしまったのやら。

「方向性は違えど我々は同士です、お会いした時から同じような臭いを感じていました。これからも良き仲間として頑張りましょう」
「は、はいっ、よろしくお願いします?」

 変態さん同士、惹かれ合うものがあったのか、がっちりと固い握手を交わすサージェス。
 言う通り方向性は全然違うが、変態である事には変わりないからな。あまりお互いを高め合ったりはしないで欲しいぞ。

「言いたくなければ良いんだけど、何故そんな特殊性癖を持つに至ってしまったのか聞いてもいいか?」
「ツナ、そういうのはデリケートな部分だから聞かないほうがいいんじゃない?」
「いえ、いいんですユキさん。……ちょっと長くなりますがお話しします」

 だって、戦闘にも影響する訳だし、そこら辺把握しておかないと固定なんて組めないと思うぞ。
 それに、ひょっとしたら改善の見込みがあるかもしれないじゃないか。
 ウチの究極さんは、何周か先を行ってるレベルで手遅れだけどさ。

「……やっぱりアレ? 前世でオークさんに色々されたとか」

 異世界なら有り得そうだが、それだとサージェスとまったく同じパターンだな。

「いえ、私は前世はなく、完全にこの世界の出身です。
……私の故郷は、この街からかなり南の方にある海岸沿いの村でした」

 そうして、残念性癖に至る話が始まった。
 ティリアティエル……ティリアは、その村の漁師の家に生まれた極普通の娘だったらしい。
 俺の様な過酷な環境というわけでもなく、極普通の村の、極普通の家庭で、極普通の家族に囲まれて過ごしたようだ。
 別に故郷が壊滅したとかそういう話もない。
 あまりに普通過ぎて、話の盛り上がりどころに欠ける位だ。

 ……だが7年前、とある謎の箱を拾った事により彼女の運命は一変する。

「まさか、呪いの箱とかそういう類のものだったの?」
「呪い……言い得て妙ですが、近いものかもしれません」

 なるほど、それなら理解出来なくもない。
 呪いのせいという事は、外的にそれを植え付けられたという事で、本人は何も悪くないのだから。
 その呪いを解く手伝いならしても構わないぞ。そして正常になった上でなら、俺に惚れてくれちゃったりしてもいいんだぜ。

「当時は何やら分かりませんでしたが、迷宮都市に来てそれが何であるのかを知りました。
……それはダンボール箱だったのです」

 呪いのダンボール?

「その中にはビニール袋に包まれた無数の……その、え、えっちな本が……」
「言い得て妙過ぎるわ」

 ……呪いに近いって、ただエロ本で目覚めただけじゃねーか。
 明らかに迷宮都市からの漂流物としか思えない。誰だよ、海にエロ本捨てたの。悪影響バラ撒くなよ。

「当時は書いてある文字を読む事は出来ませんでしたが、それには美しい女騎士がオークに陵辱される美麗な絵が書いてありました。
まだ未熟だった私はその本の虜になってしまい、家族に隠れて暇さえあれば読みふける日々が続きます」
「ま、まあ良くある事……だよね?」

 俺に振るなよ。そりゃ小学生男子とかならありそうだけどさ。

「気付けば、私もこの女騎士のようになりたいと……」
「ごめん、やっぱり理解できないや」

 ユキさんも擁護を諦めたようだ。

「しかし、その為に冒険者になり、いざオークと対峙してみても本のようにはならないのです」
「そりゃそうだろ」

 この世界のオークさんは人間をそういう対象に見ていない。
 外だと普通、エロい事になる前に殺される。
 オークに囲まれて『く、殺せっ』とかやった訳だろ? ……むしろ良く死ななかったな。

「何度か死にかけまして、とある冒険者の方にこの街に来る事を薦められました。
迷宮都市なら願いが叶うかもしれないと」

 その冒険者の人、無責任過ぎないだろうか。きっと自分が面倒だから放り投げただけだよね。

「ですが、迷宮都市に来てもそれは叶わず、何度もオークに殺されました。
いつかはと思い頑張って、何匹かオークの知人も出来ましたが、揃って演技でも無理だと。……私は一体どうしたらいいのでしょうか」
「知らんわ」

 かなり重症だ。この人、社会復帰できるのかな。
 ……無理じゃないだろうか。

「ちなみに、一冊だけお気に入りの本を持って来ました。参考までにどうぞ」
「いや、そんなもん見せられても」

 オーク陵辱モノが嫌いな訳ではないが、見たところで共感なんて出来ないし、そもそもこの街だとエロ本は制限に引っ掛かって見れないだろ。
 ユキが受け取って読んでみるがやはり見れないようだ。
 ……というか、外なら見れるんだな。思いもよらないところで発見があった。トマトさんにくっついて遠征行こうかしら。

「うーん……」
「何だ、渋い顔して」

 内容見れないんだから、分かる事もないだろうに。
 迷宮都市の出版物でも、外から持ち込んだ物なら制限外なんだろうか。
 それならちょっとお兄さんに見せて下さい。

「多分年齢制限の認識阻害が掛かってて、内容は分からないんだけどさ、……奥付に気になる名前が」

 やっぱり見れないのか。
 奥付に書いてあるのは印刷所とか、作者か?
 そういえば、エロ動画もエンディングクレジットは見れたよな。

 ユキに渡された本を受け取る。
 それは何度も何度も読み返されたのか、汚れが目立ちヨレヨレになっていた。使い過ぎである。
 認識阻害のせいで、表紙からして何が書いてあるのか分からない。多分、アレな事になってる女騎士さんやオークが描かれているのだろう。
 パラパラとページを捲っても内容は頭に入って来ないが、これも想定通りだ。

 そして一番最後にページには、衝撃の事実か記載されていた。

『原案・監修 トマトちゃん』

 俺は会議室の机に突っ伏した。
 何やってんだよあいつ……。7年前じゃ、あいつ7歳じゃねーか。いや発行日からするともっと前……6歳だ。
 出版しなければ認識阻害の対象外とはいえ、子供がこんなの監修してるんじゃねーよ。

「色々凄いね、ミユミさん」

 後輩が1人の人生を台無しにしてしまったと思うと、申し訳ない気持ちで一杯になる。
 これは、土下座とかしたほうがいいんだろうか。



-4-



 とりあえずあいつは後でローリング・クレイドルの刑に処すとして、元先輩として責任を取らねばなるまい。
 いや、なんで俺があいつの後始末をせねばならないのか良く分からないが、何かそうしなければいけない気になってしまう。
 だって、あいつのところに連れて行ったら余計酷い事になる気がするし……。
 くそ、あいつはどれだけ俺を苦しめればいいんだ。泣いたって許してあげないんだからね。

「そういえば、そろそろさっきの奴が来る頃じゃないか?」
「あ、ああ……そうね。このまま続けて会うか」

 ティリアの昔話が無駄に長かったせいだろう。気づけば1時間近く経っていた。
 そろそろ摩耶が来る頃だ。

「さっきの奴?」
「最後のメンバー候補だ。こっちから呼ぶ前に< アーク・セイバー >から出向者がやって来た」
「凄いタイミングだね」

 面談するまでもなく即採用コースだ。
 変態が1人増えてしまったが、1人常識人が増えればイーブンだ。
 これからは、彼女と2人で常識人枠として頑張って行きたいと思う。

「あの……私は席を外したほうがいいでしょうか」
「いや、いい。同じイベントに参加する事になるから顔合わせもしておこう」

 出来ればフィロス達もいたほうが良かったが、仕方ない。それはまた今度にしよう。
 あいつら今日講習とか言ってたし、今から呼んでも来れないだろう。

 そして、期待の新人摩耶さんがいらっしゃった。

「< アーク・セイバー >所属のE+冒険者 摩耶です。
メインクラスは< 斥候 >ですが、戦闘系スキルをメインに取得していますので、サポートよりは前衛・中衛の方が得意です。
もちろん、探知・解除のスキルも基本的なところは押さえてあります。」

 椅子の座り方もビシっしていて気持ちが良い。
 横を見るとユキは好感触な感じで、サージェスは無表情だ。おそらく、自分とは異なる雰囲気に相容れないものを感じたのだろう。
 ……素晴らしいではないか。こんなタイミングでストッパーが現れるなんて。

「摩耶さん……と言いましたね。あなたはどんなタイプの変態なのでしょうか」
「……は?」
「おいコラ、究極マゾ」

 第一声から何て事言いやがる。
 お前はまさか、ウチのパーティに入るには変態でないといけないとか、そんな間違った認識をしてるのではあるまいな。
 逃げられたらどうしてくれる。

「しかしリーダー。おそらく、この方はノーマルです」
「ノーマルの何か悪い。この方こそ、ウチに一番必要な人材だ」

 戦力的にも人格的にも。
 ウチは変態汚染度を薄めて浄化してくれる人を求めているんだ。

「え、えーと、摩耶さんは今回のイベントだけでなく、ウチの固定パーティに参加してくれるって事でいいんですか?」
「今回のイベントというのは良く分かりませんが、そのつもりです。
元々あなた方には興味はありましたし、その上ウチのマスターから、あなた達には< 斥候 >職がいないだろうからと打診がありまして。
身近で実力を確認出来るというなら、是非見させて頂きたいと思います」

 俺達に< 斥候 >が足りない事を見抜いていたのか。
 凄いな。ベテランは流石良く分かっている。

「まだ今回のイベントの事は話してないんだ。……じゃあ、ティリアさんも合わせて、ちゃんと説明したほうがいいね」
「そうだな。今後の訓練方針も考えないといけないし」

 ティリアはガウルからある程度の話は聞いていたようだが、改めて2人に今回の試練の説明をする。

「成る程、そんな事になっていたのですか。……まさしくタイミング的には丁度良かったわけだ」
「ああ、これ以上ないタイミングだった。剣刃さんは超能力でもあるのかと思ったぜ」
「まあ、勘の鋭い人ではあります。
……しかし、となると時間がありませんね。連携を合わせるのも困難なレベルだ」

 人員の問題があっさり片付いたのは助かるが、次の問題はそれだな。
 お互いの戦力把握と、連携訓練をしないといけない。

「4人ずつに分かれて< 鮮血の城 >に潜る位しか出来そうにないよな。後は訓練場で模擬戦とか」
「何回か挑戦出来るなら、イベントの性質を考えて1人ずつ挑戦っても有りだと思うんだけどね」
「やめておけ。1人だと、その変態はすぐ罠にかかりに行くから」
「失敬な。私は体を張って罠の威力を確かめようとですね……」

「あの、今回参加するメンバーの大まかな実力は把握されているのでしょうか。ベースLvがいくつかとか」

 何やら考えがあるのか、摩耶さんが問いかけてきた。

「全員Lv30は突破してる。ただ、侵入制限で経験値を稼げそうなところがないから、大体そこで止まってる。
下級ランクの経験が長いティリアがLv33でトップの筈だ」
「ずっと下級に留まっているって事なんで、威張れた話ではないですけど」

 それでも、それだけ戦ってきた事には違いない。
 変態性はともかく、そこは褒めていいところだと思う。

「ならば、< アーク・セイバー >の訓練用ダンジョンを借りましょう」
「ダンジョン? そういえば記念祭で会った時に、クランで保有しているとか言ってたっけ。……どんなダンジョンなの?」
「詳細は説明が難しいですが、ゼロ・ブレイクのルールを適用した複数回数挑戦可能なダンジョンです。
新しいダンジョンをボーナスで頂いた為、古い方は個人戦用に特化したものに調整されました」

 設定調整が出来るのか。便利だな。
 ゼロ・ブレイクなら条件にも合ってるし、複数回数挑戦できるってのもありがたい。1回しかないチャンスを有効活用出来そうだ。

「残念ながらベースLvを上げる為の経験値は稼げませんが、個人の力量が必要な今回の挑戦にはちょうどいいと思います」
「クラスやスキルのLvは上がるのか?」
「はい。Lv30オーバーですと、どのダンジョンでも劇的なLvアップは難しいので、候補としては良いのではないでしょうか」

 確かにこれ以上ない選択肢に聞こえる。
< 鮮血の城 >の予習は出来なくなるが、間違いなく最有力候補だ。

「でも、< アーク・セイバー >の施設なんだよね。僕らが使ってもいいの?」
「まったくの部外者でも金銭で貸し出している位ですし、人数制限があるわけでもないので大丈夫でしょう。
それでなくとも、あなた方が頼めば嫌とは言わないでしょうし」
「詳細は聞く必要があるけど、それがベストっぽいな。打診して貰ってもいいか?」
「はい、分かりました。手配しておきます」

 なんか、トントン拍子で試練突破が見えて来たんじゃないか?

「そういえば、< アーク・セイバー >の拠点ってどこにあるの?」
「どこ……というと説明が難しいですが、行くだけならすぐですよ。ダンジョン転送施設から飛べます」
「< アーク・セイバー >がダンジョンに拠点を構えてるのは知ってるけど、転送施設から飛べるんだ。」
「大きいクランは大抵そうですね。あまり交流はありませんが、別のクランの方と転送施設でばったりなんて事が良くあります」

 つまり、有力なクランは大体ダンジョン区画の真ん中に根を張っていると。
 移動が便利そうだ。会館に用がなければ、ダンジョンまで建物を移動する必要すらない。
 ひょっとして、クエストをクランハウスで受けられたりもするのだろうか。それなら、会館であまり上級の人を見かけないのも分かる。

 聞いてみると、< アーク・セイバー >はかなり独特な体制を取っていて、本来クラン外の冒険者とはパーティを組まず、内部でチーム編成を行うらしい。
 冒険者学校の出身であれば、それこそ卒業前の時点から< アーク・セイバー >の中で活動を始めるという。
 内部だけでメンバーが賄えてしまう為、クラン外の他の新人ともほとんど交流がない。大型クランだからこそ出来る育成方針だ。所謂エリートって奴だな。

「ちなみに、私は< アーク・セイバー >の寮を借りているので、住まいも同じになります」
「はー、大御所は凄いね」

 訓練ダンジョンや寮以外も色々設備が整ってそうだ。きっと部屋もいい感じなんじゃないだろうか。
 引っ越しに悩んでる身としては、ちょっと羨ましい。
 アーシャさんがGP足りないって嘆いてるのは、実はそういう施設の維持費なんじゃないか?



-5-



「成る程、< アーク・セイバー >の訓練用ダンジョンか。……色々考えるのね」

 次の日の講習の合間、ギルド会館でばったり会ったアーシャさんと、次の試練についての話をした。
 前回もダンジョンマスターから直接打診されたようで、試練の事は知っているようだ。

「ひょっとしてアーシャさんも使った事あるんですか?」
「外部にも公開されてるし、何回かはね。言われてみれば、今回のケースならこれ以上ない環境かもしれない。
あれ、調整効くらしいから凄い羨ましいのよね。……ウチも欲しい。剣刃さんが意地悪するから、< 流星騎士団 >のメンバーだと利用料割増になるのよ」

 何やってんだろうな、この人達は。子供じゃないんだから。

「あそこは新人の育成方針もかなり独特だからね。そういう設備も持っているし、強くなるなら最短距離っても間違いじゃないのよ。
ただ、平均以上エリートは育つけど、飛び抜けた怪物が出てこない環境っていうのも確かで、中々難しいところなのよね。
今、前線で欲しいのはエリートじゃなくて、私達の想像以上の事をしてくれる人材だから」

 いつかトライアルでおっさんが言っていた話の、代表例みたいなところなんだろうか。
 アーシャさんが俺達を止めたのも、そういう理由を含めての事らしい。

「< アーク・セイバー >もそれを分かってるから、色々打開策を考えてるの。
他クラン出向もその一環で、ウチも何人か期間を決めて入れ替えとかしてるのよね。……時々帰って来ない子とかいるけど。
……ただ、下級の内には多分前例はないから、その摩耶って子は相当期待されてるわね」
「なるほど。確かに聞いてみたらスキルの構成もガチガチでしたしね」

 自力で取得するようなもの以外は、効率の塊のようなスキル構成だった。何かマニュアルのようなものがあるのかもしれないな。

 俺はかなりフィーリングや場当たり的なところがあるので、まったく正反対だ。
 実はユキもそんな感じで、まとめサイトで書かれているような鉄板って感じの構成は避けているように見える。
 サージェスは本当に良く分からないが、アレを常識の枠内で考えるのは間違っているだろう。

「で、今日は何で会館に? 珍しいですよね」

 あまりこの人をギルド会館で見かけた事はない。
 グッズ屋では小さいアーシャさんを沢山見かけるのだが、生身は初かもしれない。

「会館にっていうより、ユキちゃんにね。この前の打ち直しの話で」

 ああ、< コブラ >さんの話か。そうか、もう彼はいないんだな。

「クロにでも渡せば良かったのに」
「いや……その……ね。ちょっと謝らないといけなくなっちゃってね」

 そう言うアーシャさんはとても歯切れが悪い。
 まさか、壊してしまったのだろうか。だとしたら凄く寂しい。彼とはトライアルの頃からの付き合いだからな。

「壊れたんなら残念ですね」
「いや、そうじゃないんだけどね。……あ」

 アーシャさんの視線が俺の後ろに注がれたので、後ろを振り返ってみると、丁度ユキが近づいてきた。
 まあ、休憩時間でトイレ行ってただけだしな。

「こんにちは、アーシャさん。今日はどうしたんですか?」
「あ、ああのね、この前打ち直したユキちゃんの剣を渡そうと思って……」
「へえ、わざわざすみません」

 何か動揺していらっしゃる。一体どうしたというのだろうか。

「何か< コブラ >さんに問題でもあったんですか?」
「なんでツナはナイフにさん付けするの?」

 そりゃあ、な。……察しろよ。

「もう< コブラ >じゃないのよ」
「小剣に打ち直したら、名前も変わるんですね」

 なんだ、< アナコンダ >にでもなったのだろうか。それだとでか過ぎるか。
 ……じゃあ< ハブ >とか。実は単純にパワーアップして< キングコブラ >になったという線も有り得る。
 まさか……< サイコガン >? ……それだったらアーシャさんを神と呼ぶしかないな。

「その……ほんとごめんなさい。まさかこんな事になるなんて……」
「アーシャさんがそこまで謝るなんて、一体どうしたんですか……」

 アーシャさんが頭を下げて、小剣をユキに渡す。
 パッと見、壊れたとか、そういう事ではなさそうだが……あれ?

「え……と、何これ」
「……どうしてこんな事になったのかさっぱり分からないの。
……性能は良いのよ。毒の発生率もランクも上がったし、耐久値も攻撃属性値も上昇した。でも……」
「何、この不細工な兎」

 何故か、柄部分が兎になっていた。
 使い勝手には影響なさそうだが、ぶっちゃけ変だ。

「打ち直したら、何故かそんな事になってしまって。私にも何がなんだか……」
「一応、お前のトレードマークみたいなもんだからいいんじゃないか?」
「性能がいいなら別にいいけどさ……なんで< コブラ >が兎になるんだろ」

 蛇と兎は関係ないよな。
 ユキの二つ名である『雪兎』が変な風に影響したとかじゃないだろうか?

「銘も変わっちゃってね。< 毒兎 >っていうの」
「ぶすうさぎ……」

 なんだろう。……システムの考えたダジャレか?

 アーシャさんは平謝りしているが、本人も気にしていないようだからいいんじゃないだろうか。
 しかし、ブサイクな兎だ。いきなり話しかけてきたりしそう。

 ……まさかね。

もうコブラさんは帰って来ないんだ。(*´∀`*)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ