挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
その無限の先へ 作者:二ツ樹五輪(*´∀`*)

第二章「挑む者達」

24/107

第10話「道標」

-(-2)-



 アーシェリア・グロウェンティナという冒険者がいる。
 グロウェンティナという家名の由来は分からない。3代前、まだ迷宮都市が今の姿でなかった頃に曽祖父が使っていた前世での家名だという。

 アーシェリアは、迷宮都市の運営が軌道に乗り始めた頃、その家の長女として生を受けた。
 迷宮都市が新しい時代を迎え入れたような、そんな産声だった。
 彼女は急速な迷宮都市の発展と合わせるように、双子の妹と共に健やかに育っていった。

 彼女の両親は共に冒険者である。
 今の迷宮都市となる前の黎明期、無限回廊の攻略がまだ碌に進んでいない頃から活動を始めた最古参に近い冒険者であり、現存する最古のクラン< ウォー・アームズ >の初期メンバーだ。
 幼い頃からその両親の姿を見続けて育ったアーシェリアが、同じように冒険者を志すのはある意味必然だったと言えるだろう。

 アーシェリアの年齢が2桁になった時、将来性を期待され、当時の段階で既にマンモス化していた冒険者学校から誘いを受けたが、これは辞退している。
 既にデビューしてもおかしくない実力を身につけたアーシェリアにとって、学業で身に付ける事よりも少しでも早く攻略を始める事のほうが大事に思えたのだ。
 逆に双子の妹は冒険者学校へ入学。アーシェリアは一足早く冒険者への道を進み始めた。ちなみにアーシェリアは、そんなに勉強が得意でなかったらしい。

 10歳という年齢は本来デビューの許可されない年齢だ。両親の理解がなければ、そのハードルは越えられなかっただろう。
 幼い頃から両親を通じて縁のあったダンジョンマスターの力も確実に影響していた筈だ。

 アーシェリアの存在は以前から期待の新星として、冒険者、業界関係者からデビューを待ち望まれていた。
 その期待に応えるように、アーシェリアはトライアルダンジョンの最速攻略に向けて準備を行う。

『あのね、あのね、あたしもぼーけんしゃになる』

 まだ幼いクローシェがそう言ってくれるのを聞いて、思わず顔がにやけてしまったのはしょうがないだろう。
 可愛いものは大好きだ。妹2人は目に入れても痛くない程に可愛いし、実は使っている槍にもパンダのストラップが付いてたりもする。
 チームメイトに貰ったものなので詳しくは知らないが、迷宮都市で最近流行っているらしい。

 怖いものなど何もない。実力に裏付けされた自信があった。
 だが、トライアルダンジョンの洗礼は、天才と呼ばれたアーシェリアにでさえその牙を剥いた。

 準備はこれ以上出来ないと言える程行った。ちょっと周りが引く位だ。
 チームメイトは、当時自分と同じように天才と呼ばれた戦士と魔術師で、同じように最速記録を狙っている。

 ダンジョンの攻略は順調だった。1階のコボルトは少し驚いたが、所詮はコボルトだ。何の障害にもならない。
 2層、3層と進み、宝箱から謎のウサ耳カチューシャが出たので、意味はないが付けて進む。
 難関と呼ばれた4層のワータイガーも何とか撃破し、チームの連携は他の冒険者達と遜色ないレベルまで強くなっていた。
 だが、情報公開されていない第5層には洗礼の名の絶望が待っていた。

 ミノタウロスの巨体が目に入っただけで、脚が震えるのが分かった。
 放たれる咆哮であっさりと呪縛に嵌ったメンバーは、1人ずつその巨大な斧で挽き肉に変えられていく。
 叫び声を上げる間もなく、その洗礼はアーシェリアの頭上へも降り注いだ。

 ……酷い体験だった。痛烈な洗礼を受けさせられた。
 メンバー2人はその体験だけで心が折られた。再起不能というレベルではなかったが、少なくとも6日後に可能となる再挑戦には参加不可能だろう。
 肉体的な苦痛では言い表わせられない、魂を抉り、ぐちゃぐちゃにされてから作り直される感覚は自信家だった新人の心を折るには十分だった。

 死の呪いは、2人だけでなく確実にアーシェリアの心も蝕んでいる。
 家に帰っても、幼いクローシェの純真な目が自分を追い詰めている気さえした。
 学校に通う妹に会っても、第5層の事は話せない。話しても伝わらない。知っている、認識阻害だ。

 だけど、『すぐに追いつくから先で待ってて』と言う妹の姿に励まされた。
 アーシェリアはおねーちゃんなのだ。妹達にはかっこ悪いところを見せてはいけない。この背中を追って、きっとあの2人も走ってくるのだから。

 第5層挑戦をトリガとして解放される訓練施設を使い、ひたすら6日間の訓練を続ける。
 普通なら死んでもおかしくない訓練でも、この訓練施設なら平気だ。"死んでも問題ない"。
 ただひたすらに体を痛めつけ、限界まで鍛え上げる。

 再挑戦の日には既に別人と呼べるまでに成長した姿があった。
 1週間目のこの日、アーシェリアはただ1人、ダンジョンに挑む。

 弱体化した筈のミノタウロスは、それでもまだ圧倒的で、鍛え上げた状態でもまだ尚力が足りない。
 フォローしてくれる仲間はいない。ミスをしても自分で巻き返すしかない。
 だけど、何度心折れそうになっても、妹達の言葉が、姿が、背中を後押ししてくれた。

 折れる程に歯を食い縛り、ミノタウロスの体へ何度も槍を突き刺していく。
 血が流れ、少しずつ力は入らなくなっていくが、それは相手だって一緒だ。相手だって自分と同じ生物なのだ。
 その巨体は確かに脅威だ。話に聞く迷宮都市の外であったなら、きっと女の身ではここまで戦う事すら出来ないのだろう。
 だが、ここは迷宮都市だ。システムが、スキルが味方をしてくれる。

 初挑戦の時に感じていた自信など、ただの自惚れだ。自分にはまだこんなにも成長する余地が残されていた。
 ここでなら、自分でも英雄になれる。誰もが憧れた両親や、あのダンジョンマスターの隣に立つ事が出来る筈だ。

 渾身の力を込めて突き出した愛槍がミノタウロスの体を穿ち、役目を果たしたと言わんばかりに折れた。
 それが、共に戦ってきた最後の仲間の最後だった。

 ミノタウロスを串刺しにしたその一撃で、トライアルの攻略は完了した。
 1度失敗してしまったが、それでも前人未到の大記録だ。かつて2回という挑戦でミノタウロスを屠った者はいない。
 期間だって大幅に更新した。きっとこの記録を越えるのは容易ではないだろう。
 仲間も槍もなくなってしまったけれど、自分はやり遂げたのだ。胸を張って冒険者としてデビューを飾ろう。



-(-1)-



 謁見したダンジョンマスターは酷く疲れているように見えた。
 だが、生まれた頃から知っている子供が大記録を打ち立ててデビューを飾る事は嬉しいようで、およそ年齢に見合わない容姿で微笑んでくれた。
 あまり良く知らないダンジョンマスターの奥さん達も祝福してくれた。

 しかも、大幅な記録更新、ソロでの攻略を完遂したという事でボーナスまで貰えるという。
 朱槍グングニル。ダンジョンマスターのいた世界にある神話の1つをモデルとした槍だ。
 食玩か何かのように軽く渡されてしまったのだが、どうやらダンジョンマスター手製の試作品らしい。
 血の色のような真っ赤なその槍は、投げても戻ってくる不思議な力を持っていた。
 神話に出てくるという本物は必中の能力もあるらしいのだが、これはただの試作品なので付いていない。
 また、その武器性能は扱う者の能力に合わせて成長するという事で、未熟なアーシェリアでは十全に力を発揮できないだろうと言う。
 この槍と共に成長して欲しいという願いが込められた、かけがえのないプレゼントだった。

 そしてもう1つ。実はこちらが本題で、何かスキルを習得させてくれるらしい。
 ダンジョンマスターの能力の許す限りであれば特に制限はないというが、アーシェリアは槍と同じく自分と共に成長してくれるスキルを選んだ。
 習得したのは、複数の光の槍を展開する広範囲スキルだ。
 この時点で後々までの事を考慮し、日に2回まで、発動中は移動不可などの制限を付けて攻撃力を強化した。
 死ぬよりも敵を確実に殲滅する事を重視した、攻撃的なスキルだ。
 あの2人も、妹達も、追い付いてくるには時間がいる筈だ。それまでは1人でも戦えるようにと願いを込めた。

《 流星衝 》と名付けられたそれは迷宮都市のシステムに承認され、ユニークスキルとしてアーシェリアの力となる。

 デビューしてもアーシェリアの快進撃は止まらない。
 10層で戦ったサーカスパンダはちょっと可愛くて和んだが、涙ながらに倒した。
 あれがストラップのモデルだったのかと、今更ながらに知る。

 新人戦では数合わせとはいえ、優秀なメンバー2人とチームを組み、かつて両親が所属していた最古参のクラン< ウォー・アームズ >のリザードマン、グワルを打ち倒した。
 グワルは強く、《 夢幻刃 》という名の剣術スキルに大苦戦を強いられたが、《 流星衝 》を通す事で活路を見出す事が出来た。
 まだ力が足りない。まだ強くなれる。槍も、《 流星衝 》も、もっと先がある筈だ。

 無限回廊の攻略も進む。
 半固定パーティで第20層、第30層と攻略を進め、課題をクリアして、半年が過ぎる前に中級ランクに昇格した。

 アーシェリアの快進撃は孤独を呼んだ。
 かつてトライアルで一緒だった仲間2人は、精神的な問題を抱え未だデビュー出来ていない。クローシェはまだ幼く、双子の妹もまだ学生だ。
 同期はあまりに早いアーシェリアの成長に付いていけず、ほとんどが下級に留まったままだ。
 中級に上がってからも、ランクに合わせてメンバーは変わる。
 それでも、慣れないメンバーに上手く合わせ、時間は掛かったが31層、51層から始まる難易度の壁もなんとか突破してみせた。
 確実に、そして誰もが想定していないスピードで最前線へと近付いていた。

 そんな時、ある男にクラン設立の話を持ちかけられた。
 アーシェリアより2年早くデビューしたその男の名はローラン。当時既に< 蒼の騎士 >と呼ばれ、前線に近いところで戦っていた次代のエースだ。
 最初はコンビだった。一緒に戦ってもローランの腕は悪くない。後ろから、ちゃんと欲しいところにフォローをくれる。
 久しぶりに仲間と呼べるパーティメンバーと出会えた気がした。
 他のメンバーはコロコロと変わる中、1年程コンビを続けただろうか。アーシェリアもローランと合わせて< 朱の騎士 >と呼ばれるようになっていた。
 悪くない気分だ。きっとこのままどこまでも先へ行けるだろう。ローランはそう感じさせてくれる何かがあった。

 第65層。当時の最前線を突破する。
 その報奨として、ダンジョンマスターからパーティリーダーであるローランへ《 流星雨 》のスキルが与えられた。
 おそらくアーシェリアに合わせたのだろう。その2つのスキルは良く似ていて、戦場に流星が何度も降るようになった。
 自分達のクラン< 流星騎士団 >を立ち上げたのはこの頃だ。メンバーが集まらず、ここまで遅れてしまったが、ようやくローランと出会った頃の目標が達成できた。
 ローランを団長に、アーシェリアを副団長として< 流星騎士団 >は飛躍を遂げる。

 65層以降は、これまで5層毎だった階層主が毎層出現するようになった。
 どうしてもペースは落ちるが、1層ずつ< 流星騎士団 >は攻略を進めていく。
 こうして、2つの流星を要する< 流星騎士団 >は迷宮都市の序列トップに君臨した。最前線を攻略し続ける、紛うことなき迷宮都市のエースだ。

 メンバー間の仲も良好だ。トップグループを維持する為に犠牲になりそうなクラン内の雰囲気も悪くない。
 恋仲にこそならなかったが、ローランとアーシェリアの仲も頼れる相棒という形で、クラン全体がまとまっていく。
 どちらも高嶺の花と見られ敬遠されてしまう為、未だ恋人がいない事を嘆いていたのは内緒だ。

 双子の妹はクラン入りこそしなかったが、冒険者として頑張っている。
 後を追うクランの新人達も皆才能溢れる良い冒険者だ。
 強い冒険者は誰もがそこを目指す、目標となるクランに< 流星騎士団 >はなった。

 そう、あの75層の攻略を迎えるまでは。



-0-



 これまで、何度も心折れそうになった事はある。実際これまで何度も戦線は崩壊し、全滅を繰り返してきた。
 だが、そこで立ち上がれない程に心を打ち砕かれた。
 天を突き刺すような巨体、動く城とも呼べる鉄の巨人。そして、それを囲む無数の竜騎士。
 とても1つのクランだけで攻略できるような相手ではなかった。ここまで頑張ってきたメンバーの誰もが攻略の糸口を掴めずにいた。
 アーシェリアも、ローランもだ。

 順調だった攻略がここで止まった。

 その後、長い歳月を経てこれを攻略したのは< 流星騎士団 >ではなく、< アーク・セイバー >と呼ばれる新しいクランだった。
< 流星騎士団 >の代わりと言わんばかりに< アーク・セイバー >の快進撃は続く。
 気がつけば< 流星騎士団 >は、< アーク・セイバー >の後追いで攻略するようになり、最前線からは一歩引いた場所でばかり戦うようになった。
 先に進めないわけではない。だが、< アーク・セイバー >の攻略が早過ぎる。
 惜しげもなく攻略情報を提供してくる< アーク・セイバー >だが、その情報で後を追う事は出来ても、抜く事が出来ない。
< 流星騎士団 >は、ただ< アーク・セイバー >が切り開いた舗装された道を歩いているのに過ぎなかった。
 どれだけ頑張っても、追い縋っても、実際には攻略時期の差はほとんどないにも関わらず、< アーク・セイバー >との差は開いていくばかりに思えた。
 確かに< 流星騎士団 >は一流のクランだ。< アーク・セイバー >に抜かれた今でもそれは変わらない。
 だが、上から蓋をされたような閉塞感がクラン全体を覆っていた。

 このままでいいのか。いい筈がない。
 じゃあどうすればいい。どうしようもない。

 誰もがそう考えていた。ここまで団員を引っ張ってきたローランのカリスマ性にも陰りが見えた気がした。
 そんな時、アーシェリアがダンジョンマスターへ謁見を申し込んだのも、そんな閉塞感を何とかしたいという思いがあったからだろう。

 久しぶりに会うダンジョンマスターの姿はまったく変わっていなかった。
 子供だった頃、トライアル攻略に際して出会った時とまったく同じ姿だった。
 自分はこれ程成長したというのに、一切の老いを感じない。

 だが、それ以上に違和感があった。
 ダンジョンマスターの口振り、仕草は変わっていない筈なのに、酷く人間味が感じられない。
 まるでロボットかオートマタでも相手にしているような、そんな気分にさせた。
 一体自分が誰と話しているのか分からなくなる。目の前にいるのはかつて会った人間と本当に同一人物なのか?
 その事を指摘すると、ダンジョンマスターはただ笑い、アーシェリアに真実を告げた。

『1000層、越え……』

 ダンジョンマスターから伝えられた真実は、アーシェリアの心に深く刻み込まれた。
 一体、自分達はこれまで何をやって来たのか。
 そんな桁の違う世界で、孤独に戦うダンジョンマスター達にどうやって追い付けばいい。
< アーク・セイバー >でさえ、85層を越えたばかりなのだ。目前に迫る100層よりも遥か先、最早後ろ姿さえ確認できないような場所でダンジョンマスターは戦っている。
 それなのに、足下に等しい階層を攻略出来ずにいる自分達は何だというのか。一体どれだけの研鑽を積めばそこに近づけるのか。

 だけど、駄目なのだ。ここで挫けてはいけない。
 こうして真実を語るダンジョンマスターは、もう限界だ。それが分かってしまう。
 おそらく1000層がゴールである事を信じて攻略してきたのだろう。それで張り詰めた糸が切れるように、色んなものを失っているように見える。
 このままでは、力があっても心が持たない。
 ダンジョンマスターに続く後続の自分達が助けてあげないで、一体誰がその心を守れるというのか。

< アーク・セイバー >がどうとかじゃない。むしろ、< アーク・セイバー >と協力してでも先に進むべきだ。
 おそらく< アーク・セイバー >はそれを知っていて、少しでも先に進もうと攻略情報を公開している。
"自分達に続け"と。

 這ってでも先に進む。その覚悟は出来た。
 だけど、自分達だけでは、< アーク・セイバー >でも< 流星騎士団 >でも、きっとそこには辿り着けない。
 後に続く者達が絶対に必要だ。ダンジョンマスターの元へ辿り着ける何かを持つ者が。


 そして、運命と出会った。


 その2人は、ダンジョンマスターがいた世界を前世に持ち、アーシェリアが成し得なかったトライアル初回クリアを成し遂げたという。
 誰が考えたのかは知らないが悪趣味な、アーシェリアが存在すら知らなかった隠しステージまでも攻略してだ。
 ダンジョンマスターに直接その話を聞いて、胸が震えるのを感じた。
 きっとこの2人なら後に続いてくれる筈だと。クローシェから紹介されて、話して、余計に強くそう感じた。

 何かが違う。
 きっと、ダンジョンマスターが求めて止まないものがこの2人にはあるのだと。

 だから、いくら大人気ないとはいえ、ダンジョンマスターからその話を持ちかけられて了解してしまった。
 酷いオーダーだ。本来、新人戦でこんな無茶は有り得ない。
 だが、新人戦で2人の前に立ってみたいと思ってしまった。これも後輩達を鍛える為の試練に成り得ると理解してしまった。
 あの2人に"何か"があるのなら、これもきっと意味のある事なのだ。

『条件はつけるけど、全力でいいよ』

 ダンジョンマスターのその言葉には耳を疑ったが、きっとそれも何か意図しての事なのだろう。
 ただし、最初の1分は全滅だけはさせない事、2分は《 流星衝 》を撃たない事が条件として加えられた。
 この大人気ないオーダーに出された条件はそれだけだ。

 そんな条件だけで本当にいいのだろうか。
 相手はデビュー直後の新人だ。3人目がどうなるかわからないが、それでもデビュー1年未満には違いない。
 最前線から離れて結構経つが、別に引退したわけでもない。先に進む毎に強くなっているのは確かなのだ。
 下級どころか中級程度なら、ダンジョンマスターが言う1分でも十分だ。《 流星衝 》の使用なんて選択肢にも入らないだろう。

 その後、3人目を加えてダンジョンでの訓練が始まった事を知る。あの< ウォー・アームズ >がバックアップしているとも聞いた。
 きっと、新人戦までに見違えるような成長を見せて、自分の前に立ってくるだろう。
 まさか、ダンジョンマスターはこの短い期間で2人が越えてくると、そう睨んでいるのだろうか。
 いくらなんでもそれは考え難いのだが。



-1-



 新人戦が始まり、私の前に立つ2人は見違えるような成長を見せていた。
 きっと必死に今日まで訓練を繰り返してきたのだろう。
 数合わせの可能性も考えていた3人目も悪くない。一合だけで、既に中級にいておかしくない実力を持っている事が分かった。

 ああ、凄いな。
 もうこんなところまで到達しているのか。
 この子達だったら先へ行ける。きっとこの3人目と同じように、周りすら巻き込んで先に進んでいくのだろう。
 きっと、クローシェだってこんな子達が側にいたら影響を受けずにいられない。……まあ、あの子は負けちゃったけどね。

 ダンジョンマスターの条件だった1分以内で、全滅どころか1人も落とせてない。
《 ウエポン・ブレイク 》まで使わされたのも吃驚だし、空中でギリギリグングニルの投槍を躱すのも凄かった。
 いつの間にか手に戻っている槍を見てポカンとした綱くんの表情は面白かった。

 楽しかった。後輩達の成長を見るのが堪らなく嬉しかった。
 こうして幾合でも、いつまでも打ち合っていたくなる。

 でも、楽しい時間はもう終わりにしよう。
 流石に私に届くまでは至らない。
 ちょっとだけ私を越えてくるかも、なんて期待したけど、いくらなんでもそんな筈はない。それは高望みし過ぎだ。
 ユキちゃんの見えない攻撃や、3人目の変態には驚かされたけど、それが限界だ。……というか、何だったんだろう、アレ。

 ここで負けたって、彼らはきっとすぐに上がってくる。
 私達や< アーク・セイバー >を越えて、ダンジョンマスターまで到達するのはこの子達だ。
 きっと私はその礎になるのだと、そう思った。
 悪くない気分だ。こんなに頼もしい後輩達がいてくれて私は幸せ者だ。後を任せられる。

「約束の2分はとっくに経ったし、もう終わりにする」

――――Action Skill《 流星衝 》――

 展開された巨大な手に向けて《 流星衝 》を放つ。
 放つ先には突如現れた巨大な手。
 その為の《 瞬装 》か。色々考えるね。けど、多分それじゃフルチャージの《 流星衝 》は止められない。

 光の槍が巨大な手を穿ち、削り、1つ目が壊れるのが見えた。2つ目だってもう持たない。
 きっとここで終わり――


――――Action Skill《 ポイズン・エッジ 》――


「なっ……に」

 完全に意識の外から放たれた攻撃。背中に直撃を食らった。何だこれは。
 これはさっきも食らったユキちゃんの見えない手……なの?
 まさか、この状況でまだ諦めてない? ……いや、これを狙っていた?

 だけど、ダメージを受けたって一度放たれた《 流星衝 》は止まらない。
 あの大きな手は完全に破壊したのを確認した。その後に盾を出しても、あれ以上の防御手段はないだろう。
 全ての流星が降り、決着が付いたと思った。これで終わらなくても、2発目の《 流星衝 》を出すだけだ。

《 流星衝 》の巻き起こした煙が晴れて、2人の姿が見えた。あの変態さんは落ちてしまったようだけど、2人はまだ健在だ。

 ……ああ、凄い。予想以上だった。

 2発目の《 流星衝 》が展開されるのを見て、綱くんとユキちゃんがこちらに駆けてくる。
 その姿から、2人が《 流星衝 》が連発出来る事を知らなかった事が分かった。
 階層主でも対人戦でも、動画公開しているような相手なら大体1回で決まってるからね。

 フルチャージなんて必要ない。今ある分だけで十分お釣りがくるでしょう。

「これでおしまい」

――――Action Skill《 流星衝 》――

 私の合図に合わせて、2回目の流星が降る。綱くんもユキちゃんも範囲に入れた必殺の1撃だ。
 おそらく綱くんは《 不撓不屈 》を持っているだろうけど、それだけじゃこの連続攻撃は防げない。

 だけど、最後になると思って放った《 流星衝 》が降り終わっても、まだ終了のブザーはならない。
 試合はまだ続いている。

 ……まだ、HPが残ってるというの?
 直前に《 瞬装 》で剣の代わりに盾を取り出したのは分かったけど、直撃だった筈。

「……終わってないみたいだぞ」

 目の前に立つ綱くんの姿は、どう見てもボロボロで、普通だったら立っていられる状態じゃない。
 動画で見た彼の不死身性は分かる。だけどゼロ・ブレイクルールのこの新人戦でHPが残る理由が分からない。
 何か、私の把握出来ていないスキルを使ってる。
 おそらく、《 生への渇望 》か《 不滅の灯火 》……。それならフルチャージじゃないこの攻撃なら防げてもおかしくない。

 舞台に倒れてはいるけど、ユキちゃんもまだ残っている。
 確かに攻撃の照準は綱くんに合わせてたけど、ここでまだ残れるのか。

「……凄いね。ほんと凄い。君たちだったらきっとダンジョンマスターの元まで走っていける」
「あんたに言われなくても"そこ"には向かうさ」

 彼は知っているのだろうか。
 出自を考えたら、話しててもおかしくはないけど。

「アーシャさんは向かわないのかよ。100層の先へ」
「私じゃ足りない。分かってしまった。知ってしまった。死に物狂いで到達した層はまだほんの足下で、まだ果てしないの。
……1000層なんて酷い数字、届く筈がない」
「ダンジョンマスターは諦めてない」

 ああ、やっぱり知ってるんだね。

「……知ってるよ。でも、あの人だってもう限界の筈。これ以上は進めない。……だから君達が必要なのよ」

 もう、誰かの助けなしにあの人が攻略を続けられるわけが……

「1203層だってさ」
「……え」
「1000層越えても、あの人はまだ諦めてない。キリの良い数字なんて気が遠くなる程先の筈なのに、まだ挑戦してる。
諦めるなら1000層越えた時点で諦めるだろ。諦めてないからそこから200層も進んだんだ」

 あの人は……あんな状態でまだ戦っているというのか。

「だったら余計に君達が……」
「違うだろ。何であんたが諦めるんだよっ!!
後輩が追い抜いてくのを笑って見てるんじゃねーよ。先輩なら先輩らしく、先に行って待ってろよ!!」

 その言葉は、まだ先に進むと決めて尚どこかで諦めていた心の深い場所に、痛烈に響いた。

「俺達はすぐに追いつく。追いついてやる」

――――Action Skill《 瞬装:ブロードソード 》――

 まだやる気なのだ。HPは1で体もボロボロ。ユキちゃんだってもう動けない。
 なのにまたこうして立ち向かってくる。まだ勝てると思っている?

 ……違う、きっとこれはこの子なりの後押しなのだ。不甲斐ない先輩に対する不器用な激励だ。
 ほんと、私は駄目な先輩だ。

「……うん、分かった。……先で待ってる」

 だから、最後まで戦おう。
 この子達にこれ以上恥ずかしい姿を見せないように。


 綱くんの体が跳ね上がるように、こちらへ向かってくる。
 それの体勢から放たれるのはおそらく《 ストライク・スマッシュ 》――

――――Action Skill《 ストライク・スマッシュ 》――

 私の頭上に振るわれた剣を槍で受け止める。

――――Skill Chain《 パワースラッシュ 》――

 お手本と言うべき、剣技の連携を返す槍で止め……

――――Skill Chain《 ハイパワースラッシュ 》――
――――Action Skill《 ウエポン・ブレイク 》――

 3撃目のそれに合わせて、武器破壊。
 綱くんのブロードソードが粉々に砕け散る。


――――Skill Chain《 瞬装:グレートメイス 》-《 削岩撃 》――

 凄い。この土壇場で《 瞬装 》からの武器技連携。
 でも駄目、それじゃまだ届かない。まだ先がある筈。

――――Skill Chain《 粉砕撃 》――

 まだデビューから一ヶ月足らずだというのに、この短い間に一体幾つの力を身につけたのだろう。
 どれだけ攻撃を払っても綱くんから放たれるスキルの雨は止まない。

――――Skill Chain《 爆砕撃 》――
――――Action Skill《 ウエポン・ブレイク 》――

 2つ目の武器が砕け散る。


――――Action Skill《 ポイズン・エッジ 》――

 意識の隙間を縫うようにして突然飛んで来たナイフを半ば無意識で避ける。
 これは、まさかユキちゃんの……。動けないのに手だけを誘導したっていうの?

――――Skill Chain《 ファストブレード 》――
――――Skill Chain《 瞬装:不髭切 》-《 旋風斬 》――

 綱くんの攻撃はまだ続く。ユキちゃんの見えない手までスキル連携をしてきた。
 信じられない。どれだけ成長すればいいの、この子達は。
 今、きっと私は笑っている。なんて楽しいんだろう。

 ユキちゃんの見えない手ごとナイフを弾き飛ばし、綱くんの《 旋風斬 》を《 ウエポン・ブレイク 》で迎撃する。
 刀の代わりなのだろうか。木製のそれならスキルなしでも破壊――

――――Action Skill《 ウエポン・ブレイク 》――
――――Alert《 不壊 》――

 だけど、《 ウエポン・ブレイク 》が届いた瞬間、システムメッセージに《 不壊 》の赤文字が出力された。
 冗談でしょ。まさかそれはダンジョンマスターからの……

《 旋風斬 》は止めた。だけどまだ綱くんの動きは止まってない。まだ何か来る――

「っ!!」

 迎撃態勢を取らなければいけない最悪のタイミングで足を引かれた。
 馬鹿な。ユキちゃんの手はさっき……もうこんなところに……。
 違う! そうじゃない。これは初見の――

「4ほんめ……」
「らぁぁぁあああああっっっ!!」


――――Skill Chain《 旋風斬・二連 》――


 更に続く綱くんの木刀が、無防備になった私の横から放たれる。
 まさかそれも、今覚えたとか言わないわよね。

 これはどうしようもない。直撃だ。横から加えられた一撃がたたらを踏ませる。

 綱くんが知っているかは分からないけど、スキル連携は繋げれば繋げただけ、後続のスキル発動が加速度的に困難になっていく。
 そんな困難な条件をこんな状況でクリアしてくる。
 連携の容易な体術系スキルですらなく、武器さえ切り替えての8連撃。
 下級の今、それぞれの武器技能だって大した補正はない筈なのに、一体どれ程天文学的な確率を成功させてくるのだろう。


 スキル連携で上乗せされた攻撃力は、私のHPを確かに削っていった。

 綱くんを見てみれば、スキルの技後硬直と全身の怪我で立っているのがおかしい状態。
 なのに、その目はまだ死んでない。

 これだけの激励を貰ってしまった。……本当に不甲斐ない先輩でごめんなさい。

「……ありがとう」

 今なら、撃てない筈の3発目が撃てる気がした。


――――Skill Create《 彗星衝 》が承認されました。――


「ははっ」

 一体何だというのだろう。
 システムまで私がまだやれると、諦めるなと後押ししてるみたいじゃない。

「じゃあ、……先に行ってるから。早く追いついて来なさい」


――――Action Skill《 彗星衝 》――


 幾つもの朱い流星は1つになり、大きな彗星となって綱くんへ放たれ、その姿を飲み込んだ。

「……了解、"先輩"」

《 彗星衝 》の光に飲まれる前に、綱くんがそう言ったのを確かに聞いた。



-2-



 重い言葉だ。これだけの事をやってのける後輩の先輩であり続ける事がどれだけ大変か。
 ……でも、その重みで前に進める気がした。

 見渡してもユキちゃんの姿はもうない。きっとあの4本目が限界だったのだろう。
 出血によるHP損傷か、あの4本目の為に何かHPを使うようなスキルを使ったのか。

 試合終了のブザーが鳴る。新人戦は私の勝ちだ。

 見渡してみると、観客席は静まり返ったままだ。
 途中から気にならなかったけど、かなり前から歓声は止んでいた。

 この観客の何割が冒険者なのかは分からないけど、きっと彼らも影響を受けずにいられないだろう。
 あの子達が影響を及ぼすのは自分自身だけじゃない。周りの人間を全て巻き込んで、大きな激流を作っていく。

 きっとダンジョンマスターの目的は、彼らを勝たせる事じゃなくて、そういう影響を私にも与えたかったのだろう。
 あの人は昔からそういう人だった。あの姿を見てそんな事も忘れていた。

 私はもう大丈夫だ。諦めないで進める。
 せいぜいあの後輩達の為に花道を用意して待っていてあげよう。



 控え室に戻る途中で、見慣れた姿が待っていた。我らがクランマスターだ。

「……ローラン」
「凄かったね。……あの姿は強烈だった。
こっちは見ているだけだったのに、『お前は何をやっているんだ』って痛烈な罵声を浴びせられた気分だった。
……あの姿を見て奮起しないのは本物なんかじゃない」

 私達が何を喋っていたかなんて聞こえている筈ないのに、綱くんのあの姿は、どうやらこの人にも何かを残していったらしい。
 一時期は陰りを見せていた覇気のようなものがいつもに増して感じられる。
 それでこそ私達の頼れるリーダーだ。

「少しでも先に進んで待っていよう。アーシェ」
「そうだね。少しは先輩らしくしないと」

 いつものようにお互いに拳を合わせ、決意を固める。

 この人との関係はこれでいいのだ。きっとこの関係が最良なのだろう。
 綱くんにユキちゃんがいるように、私にも頼れる相棒がいる。あの時感じた、どこまでも行けるという想いは変わらない。

 2人で……いや、< 流星騎士団 >、きっと< アーク・セイバー >だって共に行ける筈だ。






 この数日後、迷宮都市トップクラン< アーク・セイバー >により、無限回廊88層は突破される。

 続けて、その僅か三日後に< 流星騎士団 >による89層攻略が伝えられた。



 たった二層だが、それは数年ぶりになる一月以内の複数階層攻略となった。




朱い彗星はきっと3倍のスピード。(*´∀`*)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ