挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
その無限の先へ 作者:二ツ樹五輪(*´∀`*)

第二章「挑む者達」

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

20/111

第6話「ゼロ・ブレイク」

少し貯まったので再開です。(*´∀`*)
-1-



 実のところ、新人戦における勝利のラインはかなり高く見積もっていた。
 自動クエスト生成というのがどんなシステムかは知らないが、難易度を高くすると宣言した以上、そんな簡単なハードルになるわけはないと思っていた。
 時間が味方するとも思っていた。もう1ヶ月を切ってはいるが、それも結構な期間だ。トライアルのようなその日の内、食糧が尽きるというリミットも考える必要はない。
 更に、ダンジョンの仕組みもそうだ。1層毎に制限時間はあるものの、それぞれの層で限界まで鍛えれば途方も無い訓練期間が得られる。
 攻略が可能という前提さえ満たせば、ダンジョンも先に進める。先に進めば更にそれは長くなるだろう。
 問題は10層以下ではパーティとしての訓練が出来ない事だが、これはユキも俺もクリア済だ。

 だが、そんな条件を満たした上での、最高難易度だったのかもしれない。
 ダンジョンマスターから告げられた対戦相手は、俺の想像を遥かに越え、遥か高みに存在している人の名前だった。

 あの日、クロから告げられた冒険者ランクはB+。+の意味は未だ知らないが、通常のBランクよりは上って事だろう。
 分かり切った事だが、Bってのは、Aの下だ。その上は存在しない。つまり、現在最高ランクのほんの一歩手前という事になる。
 同じBランクで俺が知っているのは、トライアルの際に見かけた酒飲みのおっさんだ。
 あれも、正直勝てるビジョンが浮かばない。+が付くという事はそれよりも強いという事で。

 次のダンジョン挑戦前にFへ昇格するだろうが、今俺達はGランクだ。ランクが全てとは言わないが、間に幾つランクが存在していると思う。

「ハードル上げ過ぎだろ」

 俺は、電話を切ったあと、ユキの事も気にせずベッドに座り込み、項垂れた。

「どしたの?」

 ユキは割りと暢気な面してる。
 3人目が決まるかもしれないという状況で浮かれているかもしれない。

「ダンジョンマスターからだ。俺達の対戦相手が内定したってさ」
「へー。どんな人? ツナのその反応だと知ってる人?」
「お前も知ってるよ」
「え、まさか、本当にトカゲのおじさんだったりするの?」

 それなら、見込みはあったかもしれない。
 トカゲのおっさんには悪いが、それでも50層攻略組だ。30層から格段に難易度が上がると言われても、背中が見えないという事はない、と思う。思いたい。
 そこで足踏みしているという事は、おっさんは何か足りないものがあって、それは弱点とも呼べる隙が存在するんじゃないかと思うのだ。
 けど、アーシャさんはそこから何枚も何段も上だ。本来なら冒険者が憧れて到達目標にするような相手だぞ。

「おっさんじゃない。おっさんだったら良かったな」
「え、何さ。まさか、ダンジョンの入り口であったバッカスさんじゃないよね。あの人Bランクだよ」
「それより上だ。……アーシャさん」
「は?」
「アーシェリア・グロウェンティナ。 < 流星騎士団 >の< 朱の騎士 >様が俺達の相手だとさ」

 静寂が訪れた。

「いやいやいやいや。どんな新人戦だよ。僕ら新人だよ。あっち、最前線のエースでしょ」

 そりゃ驚くよな。ほんと、どんな新人戦だよ。

「お前何かあの人の事調べてる? 俺、クロから聞いた二つ名とB+ランクの事位しか知らないんだけど」
「そりゃ、一緒にご飯食べた人だからね。動画も見たよ。
あの人、美人さんだったし、何か可愛い感じの人だったけど、戦闘中は怪獣ってレベルじゃないからね」

 怪獣と聞いて思い出すのは昨日動画で見た蜥蜴怪獣グワルだが、そんなレベルで言ってるんじゃないんだろうな。

「僕が見た動画でも、多分本気出してるような場面じゃないと思うんだけど、それでも近付くどころか、数秒で僕ら消滅するよ」

 消し炭とかじゃなくて消滅かよ。どんな状況だよ。動画見るのも怖いんだが。

「多分、ダメージなんて通らないし、基本スペックだけで瞬殺だよ。
……その上、あの《 流星衝 》なんて使われたら……」

 それは、あの日食事会で聞いた、トライアル最短クリアのボーナスだったか。

「クランの名前に使われてるような技だから、きっと強力なんだろうな」
「あれ、逃げ場とかないんだけど。ツナがいくら気持ち悪い動きで回避しても無理だよ。
後で動画渡すよ。いや、それだけじゃ駄目だ、過去の分含めて見れるものは見ておこう。
……クローシェだったら持ってるかな。一応対戦相手の妹だから、見せてくれなかったりするかな」
「いや、それはないんじゃないか。あいつも冗談でアーシャさんが指名してきたら大人げないって言ってたし。 ……マジで大人げなかったわけだが。
……言えば貸してくれるんじゃないか。 あいつの性格掴みきれてないから、どこまで協力してくれるかは分からないけど」

 動画見ようが、対策考えようが針の穴すら通せる気がしねぇ。
 これ実は強制負けイベントじゃね? いくら、強化ミノタウロスや猫耳と半負けイベント突破してきた俺でも無理があるよ。

「希望は、これが攻略不可能じゃないってシステムが判断したって事だよね。本当かな? 実は僕ら騙されてない?」
「いや、知らんけど。……駄目だ、愚痴言っててもしょうがない。やる事はやらないと話にもならない。
もうサージェスだっけ? そいつに会うまでに動画見てる余裕とかないだろ」
「そうだね、というか、新人戦のチームなんだから、一緒に対策したほうがいいしね」
「じゃ、まずは面談だ。多少マズい面があったからって弾くわけにいかなくなっちまったぞ」
「そ、そうだね。怖い人とかじゃないといいけど」

< 武闘家 >クラス、というからには< 格闘家 >ツリーのクラスなんだろうが、クラスのイメージだと厳ついイメージしかないんだよな。
 クラスは聞いてないが、ウサ耳のおっさん2人がそんなクラスに就いてる予感がある。

 会ってみない事には始まらないし、ちょっと気合入れて面談と行こうか。



-2-



「初めまして、私がサージェスです。動画拝見させて頂きました」

 意気込んで会館の面談スペースに向かった俺達の前に現れたのは、想像とかなり違い、細めの体格をした長身のスーツ男だった。
 何処かでプロレスした鬼畜眼鏡に似てはいるが、メガネはかけていない。あと、あいつの瞳に宿っていた獲物を狩るような獣性は感じない。
 対した感じはとても穏やかで、人の良さそうな、凡そ冒険者らしからぬ男だった。
 ただ、細身とは言っても、やはり現役という感じでガッチリはしている。デビュー1年以内で30層攻略済という肩書は伊達じゃないんだろう。
 少なくとも、こうして見た感じで問題があるようには思えない。

 対等なチームメイトの面接ではあるが、一応こっちが招いている側なので、飲み物を用意する。
 ユキが1階から飲み物を持ってきて、面談スペースに入るまでの間2人で話してみたが、何も問題が見当たらない。一体どんな奴だ、こいつ。

 面談スペースは6人用のテーブルが用意された、所謂会議室だった。ホワイトボードとプロジェクタまである。
 俺達は、お互いに向かい合うように座り、面談を開始した。

「改めまして、サージェスです。よろしくお願いします」
「ユキです。今月デビューしました」
「同じく渡辺綱です」
「ワタナベ?」

 やはりというか、動画で紹介されていたものと違う名前に違和感を持ったらしく、その説明をする。

「なるほど、そんなボーナスを貰ったんですね。なかなか、興味深い」
「え、えーと、サージェスさんは、どうして僕達とチームを組もうと?」
「呼び捨てで構いませんよ。年齢こそ離れてますが、ほとんど同期のようなものですし」
「すいません、お幾つですか?」
「22歳です。迷宮都市の生まれではないので、20歳過ぎてからこの街に来て冒険者を目指した形になります」

 見た目よりは若いようだ。てっきり20代後半かと思っていた。服装も髪型もキッチリしているからそう感じるんだろうか。

「チームに入れて頂こうと考えたのは、メールでも書きましたが、昨日の動画を拝見させて頂いたからです」
「TVの専門チャンネルで放送したやつですか?」
「はい。それもありますが、その後に配信された動画も隠しステージの有料動画のほうも目を通しました。
いや、目から鱗が飛び出るかと思いました。こんな新人がいるのかと」

 滅茶苦茶好印象らしい。

「呼び捨てでいいなら、タメ口でいいか? そっちも年上なんだから、好きにしてもらっていいんだけど」
「タメ口でも何でもどうぞ。ですが、私の話し方はちょっと癖のようなものなので、このままで」
「正直な話。俺達はちょっと困った状況にあるんだ。だから、これから言う話を聞いた上で判断して欲しい」

 さっさと現在抱えてる問題点については話しておくべきだろう。
 こうしてチームを探してるって事は、こいつだって新人戦で勝ちたいと思ってるだろうしな。

「困った状況ですか。……何でしょうか」
「実は、俺達と組むと新人戦の対戦相手が確定する」
「? それは、既に指名を受けているという事ですか? あまり聞いた事がない話ですが」
「ちょっと事情があってな。で、この相手なんだが、ちょっと洒落にならない相手でさ。勝ちたいからチーム組もうっていう理由だったらお薦めしない」
「……ちなみにどういう相手でしょうか」
「サージェスのほうが先輩だから知らないわけはないと思うんだけど、< 流星騎士団 >のアーシェリア・グロウェンティナだ」

 穏やかだったサージェスの目が、その名前を聞くのと合わせて見開かれた。

「それはまた。強烈な相手ですね。お2人は勝つ自信はあるんですか?」
「正直言って、ない。だけど、勝たないといけない。勝てないまでも限界まで追い縋らないといけない。そんな状況なんだ。
だから、生半可な理由でチーム組むっていうのなら、多分相当厳しい事になると思う。これから、対策練って、勝つ方法を見つけないといけないし」
「多分、新人戦開始までは、限界時間ギリギリまでダンジョンに篭もる事になると思います。……それでも大丈夫ですか?」
「…………」

 俺達の言葉に、サージェスは考えこむ。
 やはり、難しいだろうか。実際、こいつ以上の人材を今から見つけ出すのは難しい。
 ここでダメなら、まずユキと2人で挑む事を考えるべきだろう。

「やっぱり、無理ですか?」
「……いえ、正直まだあなた方を見くびっていたようだ。むしろ余計にチームに加えて頂きたい」

 この話を聞いて、更に踏み込んでくるのか。

「何か、目的でもあるのか? 正直割に合わないと思うけど」
「そんな事はありません。……私はとある事情から、無限回廊の攻略を進める必要がある。
ですが、どうしても1人では無理がある。だから、それに見合った仲間が必要なんです。
なので、出来れば新人戦で私が役に立つと判断して貰ったら、引き続き固定パーティで一緒に無限回廊に挑戦して頂きたい」

 動機もまともだし、こいつの問題が未だ見えないんだが。

「俺達じゃなくても、あんたならいくらでも仲間は集まりそうな気がするんだが」
「そんな事はありません。実は何度か固定パーティを組んだ経験はありますが、全て相手から断られる形で解散となりました」

 やはり、何か問題があるのか。

「えーと、過去はどんな理由で断られたとか、教えて貰ってもいいですか?」
「はい。これまでは、探索や戦闘の途中で露見してしまった事も大きく影響があると思ってますので、お2人には最初に話しておきたいと思ってました。
……実は私、ドMなんです」

 俺の、耳が、おかしく、なったのだろうか。

「す、すいません。ちょっと聞き取り辛くて、あれ、僕の耳最近おかしいな。壊れたのかな」

 俺と同じ言葉を聞いたなら、壊れてないと思うぞ。

「何度も言うのはちょっと恥ずかしいですが、私はドMです。ちょっと筋金入りでして」
「すまない。そのドMという言葉を俺達は履き違えているのかもしれない。……意味も聞いてもいいだろうか」

 ひょっとしたら、俺達の知っている言葉とは意味が違うのかもしれない。
 というか、そう信じたい。

「Mというのは、マゾヒストと言いまして、肉体的、精神的な痛みに対し性的興奮を覚えるという、特殊な性癖の一種ですね。
ドと付けているのは、通常のマゾヒストよりも更に強烈な性癖を持っているからで……。
つまり私は、肉体的、精神的な痛みを感じる事に喜びを感じるド変態という事ですね」

 頭痛くなってきた。

「ユキ、俺もう帰ってもいいかな」
「ダメだよっ! 1人にしないでよっ!」

 だって、想像以上だったんだけど。
 まさか、そんな事を臆面もなくはっきり言う奴が出てくるなんて。

「え、えーと、ですね。個人の性癖は、人それぞれだし、良いと思いますよ」
「ありがとうございます。いや、私の性癖は誰も理解してもらえなくて」
「いや、マゾ位どこにでもいるんじゃないか」
「そうですよね。ツナさんでしたら分かって頂けると思ってました」

 何でだよ。

「あの、ボロボロになりながらも立ち上がり、敵に喰らいつく姿は胸を打たれました。こんなところに私の同類がいたと」
「え、そ、そうだったんだ」
「いや、待て! 違うからな!? 何で俺までドM扱いされてんだよっ!!」

 そりゃ、普通はマゾでもなけりゃ耐えられないかもしれないけどさ。別に俺は性的興奮とか覚えないから。

「え、違うんですか?」

 何そんな裏切られたみたいな顔してるんだよっ!!

「違うわ、ドアホっ。そんな特殊性癖持ってねーよっ!!」
「掲示板では、みるくぷりんで『SMサービス』のオプションを選ぼうとしていたと」
「事実無根だっ!!」

 なんだそれ。初耳なんですけどっ!! そんなオプション目にも止まってねーよ。

「馬鹿な……」

 なんで、こんな事でそんな打ちひしがれてるんだよ。
 こっちのほうがダメージだよ。

「で、でも、ドMだからってパーティ蹴られるような状況になるもんなんですか? 他のメンバーが凄い潔癖症だったとか……」
「いえ、そういうわけではありません。私の度が過ぎていただけでしょう。彼らは決して悪くないと思ってます」

 一体どんなレベルのマゾなんだよ。

「えーと、その……詳しい話を聞いてもいいかな。マゾってだけなら考慮の余地はあると思うし」
「ありがとう御座います。ちょっと長くなりますが……」

 どうしよう、俺もう帰りたい。

「お2人は前世持ちだったりするでしょうか」
「え、はい。僕らは2人とも同じ世界の前世持ちです」
「ならば少し話は早い。私も前世持ちです。
私のいた世界は、この街よりも遥かに文明の遅れた……壁の外の国に近い文明が大半を占める世界でした」
「それは普通の中世って事か?」
「中世? というのはちょっと分かりませんが、私の住んでいた国は王政を敷き、貴族がいて、領民は総じて奴隷のような扱いを受けていました」

 なんだろう。それだけ聞くと少し親近感を覚えるんだが。
 俺は、決してマゾではないが。

「一部の権力者が力なき者を苦しめ、力なき者はただそれに従う。
碌に食べるものもなく、娯楽もなく、知識を得る事も禁じられ、ひたすら労働の毎日です。
私はそんな世界で、更に最も身分差が厳しい国に生まれました。周辺国から見てもその圧政は目に余る程だったようです」
「あんたがそれを知っているって事は、少なくとも知識は得ていたって事だよな」
「はい。私はそんな国で生まれ、育ち、やがて圧政から民を救おうと地下組織、分かりやすく言えばレジスタンスを立ち上げたのです」

 なんだ、なんかかっこいい人生じゃないか。実は前世では英雄だったりするのか?
 体制側からみたらただのテロリストなんだろうが、それだけ酷い体制なら民衆にとってはヒーローだろう。

「活動は困難を極めました。元々民の力の弱い国です。王侯貴族との差は歴然でした。
ですが、利権を奪われても、例え属国に身をやつしたとしても、それでも今の体制よりは遥かにマシと、他国に協力を仰いだのです」

 実際問題褒められた話じゃないんだろうが、どうしようもないんだろうな。
 内部だけで手がないなら、それは外部から力を引き込むしかない。

「長い苦しい戦いでした。王政を打倒する為、必死に他国に媚を売り、貴族達の力を削ぎ、少しでも後の世が楽になるようにと根回しをして、気がつけは私は年寄りになっていました」

 そんなに長い間……数十年もの間、戦い続けたのか。

「戦いは我々の勝利に終わりました。結局、私は結婚もせず、もちろん子供もなく、ただ孤独にその生涯を終える事になりました」

 あれ、終わっちゃったよ。

「えーと、それだけだとただの良い話なんですけど」
「ここからが本題です。革命が成立した後、やはり国は荒れに荒れました。他国も我が国を食い物にしようと手を出してきます」

 そりゃそうだよな。革命ってのは、成功した後のほうが大変だろう。

「前よりはマシとは言え、やはり生活が苦しい事には変わりません。
人々は生贄を求めました。誰が悪いのか、こいつさえいなければという不満の捌け口を求めたわけですね。
……その矛先は、レジスタンスのリーダーであった私です」
「…………」

 遣る瀬無いな。良かれと思ってやった事で、結果、マシになっても混乱はある。
 責任を取らされるのは、それを起こした者だ。目に浮かぶような展開だな。

「私は大衆の面前で、公開処刑の運びとなりました」
「まさか、ギロチンとかでしょうか」

 それだとフランス革命だな。
 ギロチンはすぐ死ねるから、むしろ優しい処刑方法だと言うのは聞いた事がある。
 こういう場合はむしろ……。

「ギロチンというのは、首を落とす装置の事ですよね。その存在はこの街で知りましたが、違います。
私の公開処刑はひたすら続く拷問です。その時に存在したありとあらゆる拷問をひたすら死なないように時間をかけて行われました。一週間です」
「…………」

 最悪だな。

「それでも、私が不満の捌け口で国がまとまるというのならと、人生最後の仕事としてその拷問を受ける事になりました」
「最後まで国の事を考えていたんですね」

 筋金入りの自己犠牲だ。高潔過ぎて理解が難しいレベルだ。

「そして、拷問を受けながら、私はついに目覚めたのです」
「え、何に……ですか?」

「マゾにです」
「馬鹿じゃねーのかっ!!? なんでその流れでマゾになるんだよっ!!」

 意味分かんねえ。どうすんだよ、こいつ。

「よくよく考えてみれば、私はそれほど女性への好奇心などは持ちあわせていませんでした。
ですが、最後の一週間、ただひたすら体を傷めつけられ、救おうとした民に罵声を浴びせられる体験は、抗いようもない至福の時でした」

 横を見ると、ユキが遠い目をしていた。俺も現実逃避したい。
 最後の最後まではちょっと良い話だったのに……。

「特に、一番最後の拷問車輪などは格別でした。本当の意味で昇天しましたね」
「誰が上手い事を言えと言った」

 最悪だこいつ。筋金入りってレベルじゃねえ。

「というわけで、戦闘をして、ダメージを受けるとつい気持ち良くなってしまうので、性癖がバレてしまうんですね。
すると、大抵お断りされてしまうわけです」
「良く分かった。お前がド変態だという事は」
「ありがとうございます」

 褒めてねーよ!! なんでこんな良い笑顔なんだよっ!!
 どうすんだよこいつ。



-3-



 サージェスが帰った後、俺達は2人してテーブルに伏していた。

「色々凄い人だったね」
「凄過ぎるわ。あそこまでの究極はさすがに記憶にない」

 ただ、その性癖以外は、こちらの望むものをクリアしている事は確かだ。大変遺憾な事に。むしろ俺達のほうが足りない。
 しかし、俺達にあのレベルの変態の相手が務まる気がしない。
 というか、何であんな究極マゾに仲間扱いされてんだよ、俺。はたから見るとそんな風に見えるのか?

「ユキ、俺はマゾじゃないぞ」
「いや、いくらなんでも分かってるから」
「それならいいんだが」

 あれだけ頑張ったのに、マゾで済ませられてしまうのは嫌だ。
 誰か助けて。

「でも、あれ以上の好物件は多分ないよね」
「……ああ」

 話を聞いてみると、奴はそうとうな実力者だ。
 ベースLvは23で俺達の倍以上、メインとしてタンカーやる程の防御力はないが、それでも打たれ強いタフなクラス。
 ついでに痛みとか逆効果という恐ろしい才能を持っている。羨ましくはない。
 クラスもメインは< 武闘家 >だが、既に2つ目のクラス< 蹴撃士 >に踏み込んでいる。
 もう中級に足を半分踏み込んでいるような奴だ。こんな奴が力を貸してくれるなら本来なら喉から手が出るほどありがたい。
 実はあいつ、今回の新人戦に参加する人員の中ではトップなんじゃないか?

 マゾヒスト……いや、そんなレベルで片付けてしまっていいとは思えないので、とりあえず超……いや究極マゾと呼ぶが、問題であるこの性癖にしたって実は微妙なラインだ。
 だって、俺達には気持ち悪い以外の実質的なマイナス要素がない。むしろあいつは俺達が気持ち悪いと反応すると喜んでしまうだろう。
 これが、直接的な被害のありそうな……、例えば鬼畜眼鏡だったり、掲示板で書込みしてるユキたんハァハァだったりしたら、考慮の余地なくお断りだ。
 くそ、なんて難しい奴なんだ。どうしても戦力がいる俺達の隙間に入り込むような、絶妙なポジションで攻めて来る。
 何か俺、最近精神ダメージが酷いんだけど、どうにかならないかな。

「ダメだな、あいつ以上の選択肢がない」
「……そう、なんだよね。人間誰しも欠点はあるしね」

 いや、そんなレベルで片付けていいものなのかは疑問だが。
 ポジティブに考えれば、あいつは痛みなど気にしない、強くてすんごい盾だ。

「とりあえず、模擬戦と、次のダンジョン攻略で一緒に潜るぞ。それで判断する」
「うん、分かった。メール返信しておくよ。ダンジョン挑戦はギリギリ最短でいいよね。……模擬戦はその前で」

 これで実は戦闘センスはありませんとかだったら、お祈りメール出せるんだけどな。
 俺の勘はないと言っている。大変残念な事に、あいつは間違いなく強い。



 項垂れながら面談室を出ると、見慣れた顔が待っていた。
 次の対戦相手の妹さんだ。神妙な顔つきなので、その件だろう。妹なら知っててもおかしくないし。

「おはよう……こんにちは? 随分長かったけど、何かの打ち合わせ?」
「ああ、新人戦のメンバー面接だよ」

 お前のねーちゃんと戦うメンバー探してるんだぜ。

「ああ、それで……それでサージェスか。すごいところ引いてくるね。ちょっと思いつきもしなかった」
「あの人有名人なの?」
「有名って程じゃないけど、やっぱりね。下級の間では大体知ってるんじゃないかな。強いのは間違いないし」

 強い評価は間違いないのね。
 でも有名なのは性癖なんだろうな。掲示板とか凄い事になってそう。あいつの場合、誹謗中傷は逆効果だけど。

「で、どうしたよ。待ってたんだろ」
「うん。分かってると思うけど、新人戦の話。対戦相手。あたし、さっきまで実家にいたんだけど、本人から聞いた」
「マジで大人気ない展開になっちゃったぞ」
「う……あたしが口に出したからとか、そういうジンクスとかないよね」

 それはあまり関係ないんじゃないか?

「ここじゃなんだし、下行こうか。飲み物欲しいな」
「ああ、クロもいいだろ」

 クロは頷くと黙って俺達に付いて来る。



 再び飲み物を買って、ロビーで向かい合う。井戸端会議みたいだが、別にいいだろう。

「なんかごめん。こんな事になっちゃって」
「お前は別に悪くないだろ。けしかけたわけでもないんだろ」
「それはないけど。あの後さ、実家に帰って電車でツナ君と会った話してさ、冗談っぽく話してみたんだよ。"まさかそんな大人気ない事しないよね"って。
そしたら、笑いながら"さすがにないわー"って言ってたんだよ」

 軽い会話だな。
 いや、会った時既にノリが軽い人だったけどさ。

「でも、なんでこんな事になったのか良く分からない。今日の朝になって急にツナ君達と新人戦で戦う事になったって言われて」
「ダンジョンマスターがけしかけたんじゃねーか?」
「ダンジョンマスター? なんでそんな人が」

 そりゃ知らんか。

「あのさ、僕達2人とも前世がダンジョンマスターと同じなんだ。それで色々あって」
「え、何か嫌われてるとか、虐められてるとか」
「嫌われてはいないと思うよ。虐める気もないと思う」

 あいつにそんな感情が残ってるかは疑わしい。

「なんだか良く分からないけど、何か事情があるんだね。
とりあえずさ、あたしも協力するよ。大した事できないけど、お姉ちゃんの動画とか大体持ってるし。一般に出回ってないの結構あるよ」
「一般に出回らないという事は、まさか、それは裏ビ……」
「ないから」

 それは残念。

「出回ってないのは、他のクランとかに情報渡したくないっていうそういう意味合い。
でも、本人から君達に見せていいっていう了解も貰ってる」

 本人の了解済か。いくらでも調べてこいって事ね。多分そんな事じゃ実力差は揺らぎもしないんだろうな。
 でも情報がないよりは遥かにいい。

「探してる時間も惜しいからね。正直助かる」
「全部見るわけにいかないから、どうしたって吟味する事になるわけだけど、どうする? 何か希望とかあるかな」

 そりゃ、トップランカーの公開動画なんて膨大な量になるだろうしな。
 実力が分かるもの、一番分かり易いのは何だ。

「トライアルから順に追っていきたい。新人戦、階層ボス戦、その時期も分かると助かる」
「そうだな。どんな風に強くなったか分かれば、比較し易いな」
「うん、わかった。じゃあとりあえず新人戦だね。あたしのサーバにあるし、すぐに見れるよ。
どこで見る? やっぱり大きなモニタ借りたほうがほうがいいかな」
「今だったら、俺の部屋に大型モニタがある。それで映せるならそれで」

 トライアル解説放送視聴用に借りた奴がちょうどいいだろう。

「借りてるなら、それでいいか。この後でもいいかな。一回部屋に行ってデータ持ってくるね。
後は……模擬戦の相手とかかな。うちのメンバーとか、言えば相手してくれる筈。あたし達にも意味はあるし、最悪あたしだけでも……」
「それはいいね。相手がいるといないとじゃ全然違うし」

 何か、気が引ける位に全面協力してくれるな。
 今回の件にまったく関係無い筈なのに、後ろめたい気持ちがあったりするんだろうか。こっちが申し訳ない気分になってくる。
 だが、向こうも新人戦に出るのは同じだ。お互い良い機会だと思うか。

「そいつはちょっと待て」

 不意に、まったく違うところから声が割り込んできた。
 聞き覚えのある声に反応して、後ろを振り向くと、そこには見覚えのあるリザードマンが立っていた。

「おじさん……だよね? 見分けとかつかないけど」
「ああ、お前らの言うおっさんだよ。< ウォー・アームズ >のグワルだ」
「番組に出てた人だよね? 人? 蜥蜴人って言ったほうがいいかな?」

 いや、どっちでもいいと思うが。

「何か用か? 新人戦の事ならおっさんの相手出来なくなったぞ」
「知ってるよ。メンバー登録した瞬間に指名してやろうと張ってたが、アーシャに横取りされた」

 知り合いなのか?

「それはいい。むしろお前達に同情する位だ。俺が来たのは別の用事だ」
「あ、おじさんに渡すものがあったんだ」

 ユキがカバンから何かを取り出す。

「話の腰を折るなよ。ってなんだこりゃっ!! 俺じゃねーか!!」

 遺影かよ。こんな時に渡すんじゃねーよ。
 何で突然自分の遺影を手渡されにゃいかんのだ。

「な、なんでこんなものが……。いや、いい。……いや、良くないが、用事が先だ」

 ちゃんと用事を優先するとは、大人だなおっさん。

「ダンジョンマスターから直接依頼があった。
新人戦までの間、お前たちを徹底的に鍛えてやれってな」
「ダンジョンマスターが?」

 ああ、そうか。別にダンジョンマスターは俺達の事を妨害しようとしているわけじゃないからな。
 乗り越える巨大なハードルは用意するけど、手も貸すって事か。ありがたいね。まったく。

「時間があるなら、同ランク同士の模擬戦でも意味はあるんだろうが、ちょっと事情が事情だ。
< ウォー・アームズ >のメンバーがお前らを直々に鍛えてやる。
……お前ら、新人戦まで後何回ダンジョンに潜れる? まさか10層は突破してんだろ?」
「え、3……いや、新人戦期間は潜れないみたいだから2回かな。 10層は……うん」
「だったら、その2回、俺達が同行する。制限時間ギリギリまで使って中で修行だ。山篭りならぬ、ダンジョン籠もりってやつだな」

 至れり尽くせりだね、まったく。




-4-



 俺達はクロと一緒に動画見ながら固まっていた。
 普通なら、寮の自分の部屋に女の子が来るとか、大イベントなんですが、それどころじゃない。

「ヤバイなこりゃ」
「ほんと、どうしようか」

 見せられた動画は順を追っている為、アーシェリア・グロウェンティナの辿ってきた軌跡という感じになった。
 元々クロが重要な部分だけを編集して持っていたので、1本1本の時間はそれ程でもない。

 最初は良かった。とても良かった。
 トライアル挑戦時のアーシャさんとか、俺達よりも年下だし、とても可愛くて微笑ましい。
 初回挑戦の為に準備して頑張っちゃいましたっていう感じが見えて、子供の成長を見守る親の気分だ。
 一度強化ミノタウロスに叩き潰されたシーンは正直グロ画像で、目眩がしそうだったが、それはいい。

 失敗してからの1週間の特訓もホームビデオみたいな映像で残っていた。
 見た事のない女の子と、小さいクロも登場していた。

 再挑戦で、妙に凛々しくなったアーシャさんが、巨大な槍でミノタウロスと真っ向勝負している。
 最初の挑戦は3人だったのに、再チャレンジは1人だ。ここで何かあったのかもしれない。
 アーシャさんの巨大な槍がミノタウロスの体を貫通。激闘の果てにその巨体が沈む。

 続いて10層ボス戦。パンダと戯れるアーシャさんが微笑ましい。ちょっと和む。

 新人戦。《 流星衝 》を得たアーシャさんと、仲間のメンバー2人は、新人戦の相手を圧倒し勝利する。
 この時点で既に並の中級を寄せ付けない強さだったらしい。
 相手はなんとトカゲのおっさんこと、グワルだ。この時点で既におっさんを蹴散らすのかよ。

 20層、30層、40層と層を重ねていくにつれ、その強さは際立ち、周りのメンバーも急激に強くなっているのが分かる。

< 流星騎士団 >の結成についても番組で放送されたものがあったので、それを見た。
< 朱の騎士 >の名前から、いるんじゃないかと思っていたが、やっぱりいました< 蒼の騎士 >。
 ローランというその男は《 流星雨 》という弓スキルで前線を支える指揮官のようだ。
 この2つのスキル《 流星衝 》と《 流星雨 》の名前からクラン名が< 流星騎士団 >となったらしい。

 このローラン。とても美形で、一般にも冒険者にもウケのいい、アイドル的存在らしい。
 どうせは表ヅラだけよくて、裏ではヒーローショーの舞台裏でスーツ脱いだおっさんみたいなやつなんだろって思ったんだが、プライベートも良い奴らしい。
 ランクもアーシャさんを抜いてのAランク。< 流星騎士団 >団長の立場といい、こういう完璧超人は爆ぜればいいのにと思う。
 くそ、なんて羨ましいんだ。

 50層、55層、60層と、階層を重ねていく毎に強くなっていく< 流星騎士団 >。
 流石に現在攻略中の階層近辺はなく、動画は70層ボス戦のもので終わっていた。
 そこまで見て感じた事は、< 流星騎士団 >の強さではなく、むしろ敵の強さの方だった。
 ヤバイと言われている30層以上でもそうだが、更にその上、特に50層を越えたあたりからの敵の強さがハンパじゃない。
 10層のパンダとか一体なんだったのかという強さのボスが登場していた。動画見ているだけでも伝わってくる強さは、ちょっと想像以上ってレベルじゃなかった。
 あれと今後やり合っていくのか?

 だが、そんな化け物相手でも< 流星騎士団 >は戦い抜いてきたのだ。
 全滅した回数も10回20回じゃない。人数にしたらひどい事になるだろう。でも、勝って先に進んでいる。
 言ってみれば、この人達は生きた英雄だ。現在も尚最前線に立ち、攻略を続けている真の強者である。
 食事会で会った時は強さの底が見えないと思った。それは比喩でもなんでもなく、俺がそれを感じられる領域に立っていないのだ。

 これが死ぬ程頑張ればギリギリ勝てるかもしれない相手だって?
 どんな判断だそれは。いくら才能があろうが、数年かかっても埋められる差じゃないぞ。
 本当に自動クエスト生成システムとやらは信用していいシステムなのかよ。

「実はね、これでも本当に見せられない部分は削ってるんだ。
この動画で確認できるよりも、多分もっと強い。公開されてないスキルも沢山あるよ。私が聞いた事すらないのも一杯あると思う」

 クロの補足を聞くと更にどん底に叩き落とされそうだ。

「後半の攻略戦で乗ってたグリフォンは使ってくるのかな」

 ユキが言っているのは、上層の攻略動画で登場していたアーシャさんの騎乗生物の事だ。
 動画ではこのグリフォンに乗り、戦場を縦横無尽に駆け巡っていた。

「それはないよ。闘技場は専用ルールじゃない限り騎乗は禁止だから。
新人戦は騎乗禁止ルールだから、あれは出てこない。だから、お姉ちゃんも完全ってわけじゃない。
実際、騎乗状態じゃないと使えないスキルもあるし、それは好材料ではあるかもね」
「好材料か……そうなんだけどね」

 あんなん乗ってきたらどうしようもないわ。
 むしろ、グリフォンだけで瞬殺されるのが目に見えるようだ。火とか吐いてたんですけど。

「つーか、《 流星衝 》がヤバ過ぎる。何だあれ」
「朝に言ったじゃないか。回避不能だって」

 動画内で使っていた《 流星衝 》。ダンジョンマスターからのボーナスであるこのスキルは、正にクランの名前を冠するに相応しい基地外性能だった。
 最初は良かった。新人戦の頃はまだ、その性能は十全に発揮されておらず、"槍も数本"だし、"スピードもそれ程ではなかった"。
 だが、先に進むにつれ、正確には本人が強くなるにつれて、それがどんどん増えて速くなっていった。
 無数に展開される光の槍が、敵に向かって飛んでいく。レーザーのようなスピードで射出されるそれを全て回避するなんて人間技じゃない。
 絶対に食らう。小型の虫とかならともかく、相手が人間大ならどんだけ回避性能が優れてても命中し、その内1発でも食らえば致命傷だ。巨大な槍が貫通するのと変わりないのだ。
 となると耐えるしかないわけだが、どうやって?という感じである。
 あれ、巨大な金属盾でも簡単に貫通するぞ。実際、ボスの巨大カラクリマシーンが持ってた盾貫通してたし。

 おそらく、使われた時点でアウト。ユキの言葉は誇張でも何でもない真実だ。
 ハードルが高過ぎて、最早視界に入らない。

「ついでに言わないといけない事があるんだよ」

 何だ、まだ何かあるのか?

「あたしもツナ君達の動画見たんだけどさ。2人……というかツナ君だね。
動画の中で、ツナ君は多分何回もHP全損して、ほとんど生身の性能だけで戦ってるよね?」
「ああ、そうだな。相手が相手だったし。気合でなんとかするしかなかった」
「一体全体どういう精神構造ならあれが出来るのか分からないけど、それは凄い事だし、実際強化ミノタウロスと隠しステージを攻略出来たのはこの力が大きいと思う」

 そうだな。HPがなくなった時点で終わりなら、多分ミノタウロス戦で終了だ。
 飛んで来た石片だけでも終わるかも。猫耳相手は更にどうしようもない。

「でも、闘技場のルールはダンジョンと違うんだよ。ユキちゃんは、新人戦ルールは見た?」
「え、うん。一通りは……あれ」

 言われて、ユキが何かを思い出したような表情を見せる。
 ユキがじっとこちらを見つめてる。照れるぜ。

「知ってるなら気づくよね。
闘技場で行われる試合の全部が全部ってわけじゃないんだけど、少なくとも新人戦ルールは"ゼロ・ブレイク"。HP全損時点で終了になるルールなんだ。
だから、ツナ君の化け物染みた不死身っぷりを活かせない。これ、更にハードルが高くなってるよね」



 ……もう、ゴールしてもいいかな。


イエーイ(*´∀`*)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ