挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
この作品には 〔残酷描写〕 が含まれています。

念土遊戯

作者:東雲長閑
 魔法によって自在に形を変える物質「念土」が発明された未来。五年前、テロリストのユイガによって恋人エシャを殺されたガシンは、塔都魔法士になって「魔界」に残されたエシャのデータと会うべく塔都へ向う。ガシンはエシャにそっくりな少女オンコや、ウカらを倒し、塔都魔法士試験の一次試験を突破する。
 街でオンコと再会したガシンはオンコが師範代を務める道場のやっかいになり、二次試験用の大容量魔法具を探すが手に入らない。
 二次試験前々日の夜、オンコ出身の念土製孤児院が崩壊し、病弱なキドが死ぬ。孤児院が崩壊したのは、魔法士が電波塔「塔都空樹」建設のため、念土徴収を行ったのが原因。怒ったオンコは抗議に行くが、責任者のメッシに返り討ちにされてしまう。孤児院の院長、エンリはガシンに大容量魔法具「銀盤」を託す。
 二次試験当日。魔法長ハジャによって魔法士の本拠「魔法タワー」を案内されたガシンは、地下牢でユイガと再会する。ガシンから、メッシによる念土徴収を知らされたハジャはメッシを塔都空樹長から解任。ガシンとメッシは、最終試験の受験生と試験監として激突する。ガシンはメッシに逆転勝利するが、放った魔法が暴走し魔法タワーを破壊。地下牢のユイガは、追っ手のガシンを意識不明に追い込み、逃走してしまう。
 ユイガは臨時空樹長キンキを倒し、塔都空樹を掌握。塔都全土に向けて、全市民が肉の体を捨て「魔界」内でデータとして生きる計画「魔界降臨」を発表する。
 ガシンはユイガの野望を止めることができるだろうか。

(タイトル変更しました。)
空樹の町1
2014/08/29 13:00
空樹の町2
2014/09/02 18:12
空樹の町3
2014/09/05 12:35
空樹の町4
2014/09/08 19:07
空樹の町5
2014/09/10 18:36
空樹の町6
2014/09/12 19:24
空樹の町7
2014/09/17 19:32
空樹の町8
2014/09/19 18:06
空樹の町9
2014/09/22 20:16
空樹の町10
2014/09/24 19:34
空樹の町11
2014/09/26 20:26
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ