挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
転生勇者と、あまえさせたい姫さまは『逃走スキル』で幸福(しあわせ)な逃亡生活を送ります −前向きに逃げる勇者の物語− 作者:千月さかき
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

5/11

第5話「逃亡勇者と姫さまの『かけおち設定』」

「ガルーダ、戻れ!」
『キェエエエエエエエエ──っ!』

 怪鳥(けちょう)音とともに、金色の鳥が消えていく。

 使い魔の活動時間は30分くらい。
 ウィンドウに警告がではじめたから、俺は近くの街道に着陸することにした。

 ガルーダはいろいろ細かい命令まで聞いてくれた。テルーシャの実をあれだけ大量に準備できたのは、ガルーダがそのでっかい翼で枝から落としてくれたからだ。
 緊急時だから、かなり雑なやりかただった。精霊さん、怒ってないといいけど。

「すごいです、コーヤ! アリアたち……逃げられたんですね……」

 アリアは地面に座り込んで、荒い息をつきながら言った。
 そういえば飛んでるとき、ずっと目を閉じてたな。アリア、高所恐怖症なのか。

「ここは人間の領域です。たぶん、王国の東のはずれだと思います」
「近くに町が見えたけど、あそこからアリアの国に連絡できるかな?」
「伝令を送れます。それについては、落ち着いてから相談いたしましょう」
「そっか」
「コーヤは、これからどうしますか?」

 アリアは心配そうな顔で、俺を見た。

「俺の方は決めてないよ。アリアが王都に戻るまではつきあうつもりだ」
「そ、そうですか…………よかった」
「俺の『3つの使い魔』がもっと使えたら、王都もすぐなんだけど」

 使い魔を呼び出せるのは、種類を問わず1日1回。
 できるだけ使うのは控えた方がいいだろう。緊急時に困るから。

「とりあえず町まで行こうか」
「はいっ」

 アリアがまだ震えてたから、手をつなぎ──
 近くの町に向かって、俺たちは歩き出したのだった。






 町には、簡単に入れてもらえた。
 ふたりで話し合った結果、ここでアリアの正体を明かすのはやめにした。

 この町は魔王の領地にも近い。スパイがもぐりこんでいないとも限らない。
 町にアリアがいるとわかったら、魔王の配下が攻撃してくる可能性がある。
「町の人に迷惑はかけたくありません」というのが、アリアの主張だった。

 そんなわけで俺たちは一般人のふりをして町に入り、まずは宿を取ることにした。
 魔王城からかっぱらってきた金貨があったから、一番いい宿を取った。食事つき風呂つきの大部屋に泊まって、それでもお釣りがでた。

 ありがとう魔王さま。ありがたく使わせてもらうよ。

 金貨はかなりの価値があるそうで、宿屋ではお釣りの銀貨が足りなかった。なので、代わりに俺たちは店を紹介してもらうことにした。アリアの着替えも買わなきゃいけないし、俺の服も異世界風にしておきたい。

 同じ町の人間同士なら、つけがきく。
 だから金貨のお釣りの分、服の代金は宿屋持ちにしてくれるってことになった。

 いいお店だ。
 また来ることがあったらお世話になります。





 そんなわけで、俺とアリア、それに宿のメイドさんは、並んで町を歩いてる。

「お客様たちは、どこからいらっしゃったのですか?」
「「………………」」

 俺とアリアは顔を見合わせた。
 ……そういえば設定を考えてなかったな。
 俺は異世界人、アリアは捕らわれてた姫君じゃまずいよな。やっぱり。

「俺は謎の放浪者。彼女は謎の姫──」
「ひねりもなにもないですねっ! コーヤっ!」

 怒られた。

 アリアは、こほん、とせきばらいを一回。
 ちょっとだけほっぺたを赤くして、俺の方を横目で見てから──

「わ、わたしとコーヤは、駆け落ちの真っ最中です」

 いきなり超設定来たよ!?
 ……いや、待てよ。この世界には身分制度があるんだよな。
 だったら『駆け落ち』って、普通にあるのかもしれない。
 俺はこの世界の素人だから、ここはアリアに任せよう。

「わたしは貴族の娘で、彼は手練れの冒険者です。わ、わたしは、コーヤのこと、大好きで……めいっぱい甘えさせてあげたいと思っているのですが……父は交際を認めてくれなくて──やむなく、辺境まで逃げてきたのです……」
「それで駆け落ちを? そこまで、愛し合っていらっしゃるんですか……?」
「あ、愛し合ってますよね? コーヤ。わたしのこと、嫌いじゃ……ないですよね?」
「うん。それはもちろん」
「よかったぁ…………」

 アリアは顔を押さえて、ぺたん、と座り込んだ。

「も、もちろん、アリ──じゃなくて、わたしもコーヤのこと、大好きです。コーヤが目の前にいきなり現れたとき、運命が舞い降りたように感じたんです。コーヤは、わたしが『逃げて』って言ったのに、逃げないでわたしをつれていってくれました。
 そのときわたしは、この人なら信じられるって思ったんです。張り詰めていたものが、ふわり、と解けて、ああ、泣いてもいいんだ、逃げてもいいんだ……ってわかったんです。
 出会ったばかりなのに、ぎゅ、って抱きしめて、すりすりしたくて。コーヤを腕の中で眠らせてあげたいって思ってる自分がいたんです。それに──もう──すみずみまで──み、見られ──」
「お幸せですねさっさと結婚してください!」

 なぜか、だんだんだだんっ、って地面を踏みならしながらメイドさんは叫んだ。

「おふたりは好きな人と一緒にいられていいですね! アリア姫は、好きでもない人と結婚しなきゃいけないっていうのに!」
「────え?」

 メイドさんは黙って町の掲示板を指さした。
 そこには羊皮紙が貼ってあった。
 この世界の文字は、一応読める。えっと……

『国王陛下、告げる。魔王にさらわれたアリア姫を取り戻した者は、その身分に関わらず姫の結婚相手とする』

「……はい?」






「ごめんなさいコーヤ。アリアはあの告知のこと、知っていました」

 宿屋に戻ると、アリアはベッドに座って、ぺたん、と頭を下げた。

「アリアが魔王城にさらわれたあとすぐに、あの告知が出ていたようです」
「『アリアを救い出したものを、婿(むこ)にする』って?」
「はい」
「…………アリア、まだちっちゃいよね?」
「母性はありますよ?」
「そういう問題じゃない」
「子どもも作れますよ?」
「それも問題じゃない」
「子どもは好きですか?」
「嫌いじゃないよ。にぎやかなのはいいと思う……だからそういう話じゃなくて」

 母性あふれすぎアリアの前に座って、俺は訊ねる。

「でも『婿にする』なんてのは、人集めのブラフだったりしないのかな。ほら、実際に姫様を助け出したら、話をチャラにしてお金で解決、とか、普通にありそうだし」
「アリアには、いろいろと事情がありまして」
「事情」
「アリアの母は幼い頃に亡くなってしまい、お父さまは後妻を取られたのです。その方に、アリアはあまり好かれていなくて──少しの間、母の実家の方に行くように言われて、送り出されたあとに、魔王軍にさらわれたんです」
「護衛のひとたちは?」
「魔物が強敵すぎたので、逃げるように命じました。アリアが」

 それでアリア、あっさりさらわれたのか。
 さすがナルンディア王国の「お母さん」を目指してるだけのことはある。
 けど、そんなとこで包容力を発揮しなくてもいいのに。

「だから、アリアが魔王の人質になっても、父は交渉に応じる必要がなかったんです。もともと、人材としてもそんなに価値がないですから。コーヤが来てくれなかったら、あのまま……」

 殺されてたか、自害してたか、かな。
 せちがらいなぁ。異世界。

「でも、勇者をつのって助け出そうとはしてたみたいだよな。王様」
「はい。王国には『勇者予算』というのがあり、適当な人を勇者として魔物と戦わせてるんです。月の限度額は銀貨50枚ですが……どうもアリア救出にはその予算が使われていたようです」

 そう言ってアリアはためいきをついた。

「そんなわけで、アリアはあまり、両親には好かれていないので……勇者に与える景品としては、ちょうどいいのでしょうね……あ、でもでも!」

 アリアは慌てたみたいに手を振った。

「コーヤと結婚するなら、アリアはまったく不満はありません。それにこの国は一夫多妻も大丈夫ですから……コーヤほどの方なら、アリアの他に妻がいてもいいと思います。いっそアリアは母親ポジションでも!」

 なんですかそのゆがんだ夫婦生活。

「でもさ、俺たち出会ったばかりなのに。アリアはそれでいいのか?」
「コーヤだって、出会ったばかりのアリアを助けてくれました」

 そういえばそうだった。

「自分ひとりなら、もっと簡単に魔王城から逃げられたはずなのに、アリアを連れて逃げてくださったでしょう? そんな人を信頼するのは当たり前じゃないですか」
「……そのへんは性格の問題でもあるんだけどさ」

 俺の場合、元の世界ではそれで逃げ損ねたんだよなぁ。
 前の職場でも「タカツキさんがいるから、この仕事をやっていられるんですよ。お願いですよ。バイクのローンがあるから、辞めたくないんですよ。だから助けると思って辞めないでください」って後輩に言われてつきあいで残って、でもって先に辞められて、結局、逃げるのに半年かかったってこともあった。

 別に後悔してるわけじゃないし、アリアをあそこで見捨てるって選択肢はなかったけど。

「アリアの鎖を切ったときだって、本当に助かるかどうかわからなかったでしょう?」
「それを言うならアリアだって、俺を信じて鎖を切らせてくれたじゃないか」
「アリアは、別にコーヤと一緒なら吹っ飛んでもかまいませんもの」
「なにその無条件の信頼!?」
「コーヤと出会って、アリアの母性が暴走しちゃったみたいなんです。無茶をしてるコーヤを見てると、アリアは胸が、きゅん、となって、抱きしめて、頭をなでてあげたくなるんです。『恐かったね。がんばったね。アリアが一緒だから大丈夫だよ』って──ちょっと頭出してください、コーヤ。さぁ早く」
「実演しなくていいから」

 アリアはたぶん、元々こういう性格だったんだろう。
 だから「ナルンディア王国のお母さん」を目指してて、魔王の前でも気を張ってた。
 で、俺を出会って、無茶するところを見て、母性が覚醒した、と。

 アリアを母性だだもれのまま誰かに渡すのは──嫌だな。
 これは俺が覚醒させたアリアなんだから、俺がもらうのが筋ってものかな。

「わかった。アリアは俺がもらう」
「──っ!」
「ただ、姫様としてじゃなくて、アリア個人をもらうってことでいいかな」
「アリアを、ですか?」
「うん。だから、めんどくさいしがらみとか、王宮の陰謀とか、権謀術数(けんぼうじゅっすう)にからまれそうになったら、遠慮なく逃げさせてもらう。アリアがついてくるかどうかは、任せる」
「コーヤ……」
「もちろん。俺はアリアにはついてきて欲しいけど」
「ついていきますよ! 当たり前じゃないですか!」

 アリアは俺の手を握って、まっすぐこっちを見て、うなずいた。

「なんたって、アリアはコーヤの保護者でお母さんなんですから!」
「その設定まだ生きてたのかよ!?」
「アリアの母性を甘く見てはいけませんよ?」
「だけど、アリアは俺と結婚するんだよね?」
「逆に言えば、コーヤ以外の男性とは目も合わせません」
「別に目くらい合わせてもいいけど、結婚相手とお母さんって両立するのか?」

 時間が止まった。
 アリアは目を見開いたまま、凍り付いてる。
 ふるふると手を震わせて、それを俺の肩に置いて、真剣な顔で──

「……コーヤの妻とお母さんは両立するのでしょうか?」
「おさな妻にお母さんは無理かな」
「やってみなければわかりません。でも……むぅ……むぅむぅ……」

 僕の手を握ったまま、アリアはうなりだす。かわいい。
 面白いからしばらくそのままでいたら……ノックの音がした。

「お客さまー。お風呂の用意ができました」

 さっきのメイドさんの声だ。

「別室に用意しております。燃料代もかかりますので、同室の方はご一緒に、30分以内でお願いしますね……」

 …………30分以内。
 …………一緒に。

「……コーヤ」

 気がつくと、アリアが俺の肩を、ぐっ、と握りしめてた。
 手が小さくて指が細いから、痛くもなんともないけど。でも、むちゃくちゃ真面目な顔だ。

「アリアは、おさな妻とお母さんが両立するかは、まだわかりません」
「うん。それはどうでもいいんだけどね」
「それと──アリアは、魔王城から逃げてきたばかりで、まだ精神的に不安定です。ひとりなるの、こわいです。落ち着いたら、恐くなってきちゃいました」
「つまりアリアは、ひとりでお風呂に入るのが怖い、と」

 俺が言うと、アリアは恥ずかしそうにうなずいた。

「で、でもでも! 異世界から来たばかりのコーヤはもっと恐いですよね?」
「いや、俺は別に」
「いらっしゃい、コーヤ」

 そう言ってアリアはふたたび「胸に飛び込んでらっしゃい」のポーズ。

「おさな妻とお母さんが両立するかどうか、試してみましょう。ただし正式な夫婦がするようなことは……王都について落ち着いてからということで」

 まぁ、いいか。そういうことなら。

「うん。じゃあ今日は、アリアをじっくり観察するだけにしとく」
「だ、だったらアリアは、コーヤでたっぷり母性を満足させてもらいます!」

 勝負開始。
 俺たちは一緒にお風呂に入り、30分を少しオーバーしたところで、宿屋の人に怒られた。


 あと、おさな妻とお母さんは、意外と両立した。

コーヤと出会って、アリア姫の「包容力」は完全覚醒したようです。
次回、第6話は今日の午後6時に更新の予定です。
よろしければこちらもどうぞ

「異世界でスキルを解体したらチートな嫁が増殖しました  − 概念交差のストラクチャー −」

奴隷少女のスキルを解体して「チートキャラ」にしていく、いちゃらぶファンタジーです。
ただいま、書籍版も4巻まで発売中です。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ