挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
転生勇者と、あまえさせたい姫さまは『逃走スキル』で幸福(しあわせ)な逃亡生活を送ります −前向きに逃げる勇者の物語− 作者:千月さかき
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

11/11

第11話「逃亡勇者と姫さまに『逃げられたひとたち』の悩みと、新たなる旅立ち」

 ──コーヤとアリアが逃げたあとの城で──




「に、にがすなー! 弓兵! 多少傷をつけてもいい。勇者と姫様を止め──」
「やめよ!!」

 思わず口走った青銅騎士(せいどうきし)ディムニスは、次の瞬間、反射的に口を押さえた。

 ──今、自分はなんと言った?

 衛兵も、弓を射るように指示した部隊長も、驚いたように彼女を見ている。

「やめよ……射てはならぬ。ここまま……行かせてやれ」
「なぜですかディムニスさま! 陛下は彼らを捕らえよと──」
「勇者があの力を持って向かってきたらどうするのだ!?」

 ディムニスは、海を進む巨大な生物を指さした。

「あの大きさの生物が攻めてきたら、王宮はどうなる? 城壁ぐらいは砕かれるだろう。そうなったら、魔王軍への備えもままならぬ。勇者は、それだけの力を持っているのだ。刺激するべきではないだろう? 違うか!?」
「──ぐっ」

 隊長が言葉に詰まる。同時に、青い顔になった兵士たちも、弓を下ろした。

「なにをしているディムニス!」

 声がした。
 廊下の向こうから現れた国王の姿に、兵士たちが一斉に膝をつく。
 ディムニスもそれにならう。が、その頭上に、国王の叫び声が降ってくる。

「なぜ奴らを止めぬ! 青銅騎士ともあろうものが、情けをかけたか!?」
「違います! 陛下──違うのです……」
「なにが違う!?」

 ……なにが違うのだろう。
 わからない。頭の中がぐちゃぐちゃだった。
 勇者が投げつけていったセリフに、彼女の価値観はぶちこわされてしまった。
 これでいいのか。このままでいいのか。そんなセリフばかりが頭の中を回っている。

「……おそれながら、今回のなされようは、民の疑心を招くかと」
「なに?」
「こ、公式に出した約束を違えるのは、民の不信を招きます! 今後、王家の命令が出たときに、どこまで信じていいのかわからなくなります! 会社──じゃなかった──組織──でもなくて、国が信頼を失うことは、姫や勇者を利用する利益よりを考えても割に合いません! 良い条件で人を雇おうと思っても、信じてもらえなくなります。上の人間が信義を守るというのは、そういうことかと!」

 思わず、口走っていた。

 ──わたしはなんてことを──っ!

 無礼にもほどがある。しかも、勇者のセリフそのままではないか!?
 わたしはやっぱり何も考えていないのか!?
 こんなセリフを王に向かって──わたしは──っ!

「ディムニス!」
「はっ!」
「よくぞ言ってくれた!」
「えええええええっ!?」

 ひざまづいたディムニスが顔を上げると、目を輝かせた王様が彼女を見ていた。

「確かに、余のやり方は強引すぎたかもしれぬ。もっと勇者やアリアと話し合うべきであった。お前の言うことは実に正しい。さすが青銅騎士よ。お前がこれほどの見識を持っていたとは思わなかったぞ。実に素晴らしい」
「いえ、あの、これは」
「まさに、これぞ忠臣の(かがみ)よ! お前こそ我が国最高の騎士である!」
「え、そんな。いえ、陛下、実は──」
「まぁ、お前だから聞き入れるのであって、同じセリフをあの小生意気な勇者が口走ったのなら、問答無用で首をはねてやるところだがな!」
「────っ!?」
「よかろう! 直言、聞き入れた! そしてこの功績をもって、お前の階級をひとつ上げてやろう。お前は今日から白銀騎士だ! そこの兵よ、今すぐ職人を呼べ! ディムニスのために、白銀の鎧を仕立てるのだ!」
「ギャ────────ッ!」

 ディムニスは頭を抱えて転げ回る。
 どうしよう。いまさら勇者の受け売りだなんて言えない。というか、言ったら王様が勇者になにをするかわからない。なのに、自分が白銀騎士に取り立てられるなんて!? ああ、こんな、私は騎士の風上にもおけないまねを────っ!

「とにかく、勇者とアリアを追わなければ。おそらく、行く先はアリアの母の故郷だ。アリア自身の領地でもあるからな。騎士のうちのひとりをやって──」
「わ、わたしが!」
「ディムニス? いやお前はこれから白銀騎士の叙勲(じょくん)が」
「ぜひとも! ぜ・ひ・と・も!!」
「別にかまわぬが。無理はするなよ。大事な身だ」

 それは勇者と姫様の方です────っ!
 とにかく、あの2人を探して謝らなければ。そして王様と和解させるのだ。そうしてから、さっきのセリフが自分のものではなく、勇者のものだと告白する。そうでなければ恥ずかしくて生きていけない。騎士どころか、人間としても間違っている──っ!

「待っていてくださいアリア姫、勇者さま! ディムニスが参ります──!」

 そう言って青銅騎士の少女は、辺境めざして走り出したのだった。







────────────────────






「……まぁ、そうは言ったものの、勇者の方は死んでもいいのだがな」

 玉座の間に戻った王は、ため息をついた。

 ディムニスの考えはわかった。立派だ。だから表向きは約束を守ろう。だが、勇者にむかついてることには変わらない。そうだな、2人を王宮に呼び寄せて、隙を見て勇者に毒でも盛るとするか。

 王に無礼を働いた罪、身をもって知るがいい。勇者よ。
 アリアを未亡人にするのは気の毒だが、若いのだからやり直しは効くだろう……ふふ。

「陛下! 伝令であります!」
「伝令だと?」
「はっ。東方のディルガ山脈──魔王の居城より使者が参りました!」
「魔王からの使者だと!?」

 ありえない。
 魔王が王に書状をよこしたのは、アリア姫が捕らわれた後、一度きりだ。
 そもそも魔王は人間を対等のものだとは思っていない。
 書状を送ることさえまれなのに、使者だと!?

「まさか、宣戦布告か!」
「いいえ、停戦希望です!」
「はぁっ!?」
「読み上げます!



『ナルンディア国王よ、貴公が送り込んできたのであろうが……あの勇者はひどすぎる。
 問答無用でアリア姫を奪い去り、宝物庫を荒らし、脱出時に魔王軍の幹部に甚大な被害を与えた。「精霊の泉」を利用し、我が配下に重傷を負わせ、トラウマまで背負わせた。
 その後は配下の魔将軍を、遺体が原型をとどめなくなるほどに踏み殺し、さらには逃走中、我が配下の魔物たちをなぶり殺した。

 こわい。
 あんなの相手にしたくない。

 ゆえに、魔王軍はナルンディア王国との停戦を希望する。国王の布告によれば、勇者はアリア姫と結婚するのだろう? ならば、彼らが生存しているうちは争うまい。これは、魔王グランデルガの決定である!!

 よければ、我が姫を人質として、勇者と結婚させたいとも考えている。
 頼む、停戦を、どうか……どうか、良き返事をいただけるように──』



「ゆ、ゆうしゃとありあをさがせーっ!」

 がくがくがくがくっ!

 震えながら、国王は玉座から転げ落ちた。

 夢のような話だ。
 長年続いていた、魔王軍との戦が終わるのだ。野生の魔物はどうしようもないが、魔王軍の配下の魔物に、町や村が荒らされることはなくなる。それは祖先の王からの願いだった。それが叶う。自分は伝説の王になれるのだ。
 勇者とアリアが、自分の味方でいる限りは──

「よいか、傷つけてはならぬ。ていねいに説得するのだ。おねがいだ。ふたりをさがしてくれえええええええええっ!」

 ──ええい、死ねい。1時間前の自分っ。

 ──死んでやりなおしてしまえーっ。



 がんがんがんがんがんがんっ!!



 玉座の間の床に額をたたきつけながら、ナルンディア国王は叫び続けたのだった。






────────────────────





 コーヤとアリアの逃亡と、魔王軍との停戦の噂は、またたくまに広まった。

「勇者さまと姫君が逃げた?」

「冗談じゃねぇ! 俺は勇者さまについていくって決めたんだ!」

「おふたりはアリア姫の領土に?」

「西方の国境付近だよな? 俺は行くぜ! 勇者さまと姫のもとに!」

「あたしも! 勇者さまの戦術があれば死ぬことはなさそうだし!」

「魔王軍との戦争を終わらせる方なんだろう? わたくしも会いたいですわ!」

「行こう行こう」

「西へ!」「西へ──っ!」

 こうして、コーヤもアリアも知らないうちに、人々は西方への移動をはじめたのだった。





────────────────────




 そのころ、逃げたコーヤとアリアは──

「くしゅんっ!」
「うん。アリア、もうちょっとこっち来て」
「……はいぃ。コーヤぁ」

 もぞもぞ。
 アリアは小さなお尻をずらして、俺の方に身体を寄せた。

 目の前には炎。浜辺に転がってた流木を、アリアの魔法で渇かして燃やしたやつだ。
 炎の灯りが、アリアの真っ白な肌を照らしてる。

 時刻は夜。ここは海岸にあった、古ぼけた小屋の中。
 アリアも俺も服を脱いで、濡れた身体を温めてる。

『逃走用使い魔』クラーケンには、当たり前だけど魔法がかかっていて、乗ってる間は波しぶきをかぶることもなかった。けど、解除するタイミングが悪かった。クラーケンに乗って浅瀬まで来て、触手で海岸まで運んでもらって、降りる直前で解除しちゃったから、結局俺とアリアはずぶ濡れになって、こうしてこっそり、身体を乾かしているのだった。

 裸で。
 しょうがないよな。俺の服も、アリアのドレスもずぶ濡れになったんだから。

「これからのことなんだけどさ、アリア」
「はい。コーヤ」
「アリアの領地に行くのは、やっぱり危険だと思うんだ」
「父さまからの追っ手がくるから、ですね」
「そう。王様なら、間違いなくアリアの領地に目をつける。というか、俺だってそうする。だから、こうやって領地の手前の岸で降りたわけなんだけど」

 結局、クラーケンはアリアの領地まではたどり着けなかった。
 稼働時間はフェンリルやガルーダより長いけれど、内海を渡るには足りない。

 しょうがないので、僕たちはなるべく人の少なそうな入り江にクラーケンをつけた。
 そして、こうして小屋を見つけて、休んでいるのだ。

「こうなると、アリアしか知らない相手を頼った方がいいかもしれないな」
「アリアも、コーヤの意見に賛成です」

 ことん、と、アリアが俺の肩に小さな頭を載せた。

「でも、本当は、アリアはコーヤの世界に行ってみたいです」
「それが出来れば楽なんだけどね。元の世界だと、俺は死んでるから」
「この世界では死なないでくださいね」
「そのための逃げスキルだからね」
「コーヤが死んじゃったら、アリアは後を追わなければいけません」
「……それは困るな」
「ゴーストで幼妻でお母さんって、扱いが難しそうですからね……。やっぱり、コーヤとは生きて一緒にいたいと思います。こうしてあっためてあげたり……身体を拭いてあげたり……拭いてあげますから背中を向けてください、コーヤ」
「はいはい」

 俺は言われるまま、アリアに背中を向けた。
 やっと乾いた洗濯物をつかみ取って、アリアの小さな手が背中を撫でていく。ひととおり拭いたら今度は俺が拭いてあげる番……って、思ったんだけど。

「じゃあ次は前です。こっち向いてください、コーヤ」
「前はちょっと」
「……どうしてですか?」
「俺たち、裸だよな」
「は、はい」
「で、俺はずっとアリアとくっついてた」
「はい」
「だから……その」

 いろいろ反応が大変なことになってるから。うん。

「……お母さんもおさな妻も、そんなの気にしません」
「声がうわずってるけど」
「そ、そういうコーヤはどっちがいいんですか? 今のアリアに、どんな反応を期待してますか? お母さんですか? おさな妻ですか?」
「今は、おさな妻かな」
「……アリアも、いまは、おさな妻が優先です」

 アリアは言った。
 俺が振り返ると、アリアは火が出そうなくらい、真っ赤になってた。

「よいしょ」
「ひゃっ。コ、コーヤ?」

 俺はアリアの身体を抱き上げた。軽っ。

「王様が認めてくれないから、正式な結婚はできそうにないけど……」

 そのまま膝に載せて、正面から、顔を合わせて。
 なんだか照れくさくなったから、額をくっつけて。
 アリアが緊張してるみたいだったから、落ち着くまで、すべすべした背中をなで続けて。

「実質的に、アリアを俺の妻にしておきたいと思う」
「……はい、コーヤ」

 アリアは目を閉じて、俺の唇にキスをした。

「アリアを、本当にコーヤのものにしてください──」

 ゆっくりと、アリアは体重をかけてきた。
 そうして俺たちは、お互いの身体を探索しつづけたのだった。






 翌朝。俺たちは『空のガルーダ』の翼に乗って出発した。
 目指すは北西。アリアの幼なじみが住む、ダークエルフの隠れ里だ。
 彼女との関係は王家も知らないし、彼女の幼なじみなら、無条件で僕たちをかくまってくれるらしい。

「なんたって、アリアの魂の姉妹ですから」
「この世界ではそういうのがあるのか……」
「はい。アリアと性格もそっくりです。だから、アリアと2人がかりでコーヤを甘やかしてくれるはずです!」
「それはいいから。アリアだけでおなかいっぱいだから」

 結局、いまだに俺たちは逃亡中。
 だけど別に不安も不満もなく、俺たちは使い魔に乗って空の上。
 行けるところまで行ってみよう。そのうちどこかにたどり着くだろ。
 アリアがいれば、それでいい。

「コーヤ! アリアは、旅先だから、コーヤをぎゅーっとするのを我慢しようと思います」
「うん、それがいいね」
「1時間に60回で我慢します!」
「せめて一桁で」

 こうして俺たちは──新天地目指して旅立ったのだった。




第1部、おしまい
このお話はここでおしまいです。
2人はこれからも逃げ回りながら、知らないところで世界を平和にしてるのではないかと……。
(第2部があるかどうかは未定ですが、あるとしたら今回のように書きためて一気に更新、となると思います)

全11話、一挙更新におつきあいいただき、ありがとうございました!
もしもこのお話を気に入っていただけたなら、他のお話も読んでみてください。ではでは──。
よろしければこちらもどうぞ

「異世界でスキルを解体したらチートな嫁が増殖しました  − 概念交差のストラクチャー −」

奴隷少女のスキルを解体して「チートキャラ」にしていく、いちゃらぶファンタジーです。
ただいま、書籍版も4巻まで発売中です。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

二度目の人生を異世界で

唐突に現れた神様を名乗る幼女に告げられた一言。 「功刀 蓮弥さん、貴方はお亡くなりになりました!。」 これは、どうも前の人生はきっちり大往生したらしい主人公が、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全374部分)
  • 300 user
  • 最終掲載日:2017/09/20 12:00
ワールド・ティーチャー -異世界式教育エージェント-

世界最強のエージェントと呼ばれた男は、引退を機に後進を育てる教育者となった。 弟子を育て、六十を過ぎた頃、上の陰謀により受けた作戦によって命を落とすが、記憶を持//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全175部分)
  • 287 user
  • 最終掲載日:2017/09/08 01:21
絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで

「働きたくない」  異世界召喚される中、神様が一つだけ条件を聞いてくれるということで、増田桂馬はそう答えた。  ……だが、さすがにそううまい話はないらしい。呆れ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全291部分)
  • 298 user
  • 最終掲載日:2017/09/24 00:00
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部分)
  • 335 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全383部分)
  • 377 user
  • 最終掲載日:2017/09/20 22:05
魔王討伐したあと、目立ちたくないのでギルドマスターになった

【富士見ファンタジア文庫から書籍版の刊行が決定しました!】 アルベイン王国に突如として現れた、千年に一度の才能を持つ『奇跡の子供たち』。彼らは十歳前後にして、並//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全113部分)
  • 289 user
  • 最終掲載日:2017/09/25 02:29
異世界転移で女神様から祝福を! ~いえ、手持ちの異能があるので結構です~

 放課後の学校に残っていた人がまとめて異世界に転移することになった。  呼び出されたのは王宮で、魔王を倒してほしいと言われる。転移の際に1人1つギフトを貰い勇者//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全172部分)
  • 362 user
  • 最終掲載日:2017/09/24 00:00
異世界でスローライフを(願望)

忍宮一樹は女神によって異世界に来訪し、そこでチート能力を選択できることになった。 だが異世界に来てチート能力を貰おうと戦闘しなくてはいけないわけではない。 //

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全101部分)
  • 334 user
  • 最終掲載日:2017/09/23 17:23
地味な剣聖はそれでも最強です

 日本の高校生だった白黒山水は、神様のミスで死んでしまい、異世界へ転移する。  最強になりたいということで神様から仙人への紹介状をもらって、そこで五百年間の修行//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全50部分)
  • 294 user
  • 最終掲載日:2017/09/26 00:00
最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます

 ―最上級職から初級職になったのに、より強くなるだけでした―  最強の《竜騎士》アクセルは、王家の依頼により勇者パーティーの一人として魔王を倒した。その後、多大//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全50部分)
  • 336 user
  • 最終掲載日:2017/09/24 21:31
没落予定なので、鍛治職人を目指す

前世でプレイしていたゲームのキャラに生まれ変わった主人公。そのキャラとは悪役令嬢とともに没落し、晩年を夫婦として一緒に暮らすクルリ・ヘランという男だった。 ゲー//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全101部分)
  • 301 user
  • 最終掲載日:2017/09/25 19:50
転生貴族の異世界冒険録~自重を知らない神々の使徒~

通り魔から幼馴染の妹をかばうために刺され死んでしまった主人公、椎名和也はカイン・フォン・シルフォードという貴族の三男として剣と魔法の世界に転生した。自重の知らな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全124部分)
  • 291 user
  • 最終掲載日:2017/09/18 12:00
社畜ダンジョンマスターが気付いたら史上最悪の魔王と呼ばれてました。。。

現代日本で、どこに出しても恥ずかしくない立派な社畜の渥目雄馬は今日も一人、会社に残り残業していた。 そんな時、渥目は自身のデスクの上に謎の契約書を見つける。その//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全62部分)
  • 301 user
  • 最終掲載日:2017/09/23 21:31
村人ですが何か?

飯島竜人は異世界に転生し、リュート=マクレーンとなった。 転生先の肉体の最適職業は村人で、家も普通の農家で普通に貧乏だった。 ゴブリンやらドラゴンやらが闊歩する//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全93部分)
  • 299 user
  • 最終掲載日:2017/09/05 23:03
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全525部分)
  • 283 user
  • 最終掲載日:2017/09/23 22:38
失格紋の最強賢者 ~世界最強の賢者が更に強くなるために転生しました~

とある世界に魔法戦闘を極め、『賢者』とまで呼ばれた者がいた。 彼は最強の戦術を求め、世界に存在するあらゆる魔法、戦術を研究し尽くした。  そうして導き出された//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全151部分)
  • 314 user
  • 最終掲載日:2017/09/23 21:54
即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。

※書籍化しています。既刊3巻まで。4巻も発売予定です! 成長チート? 無限の魔力? 全属性使用可能? そんなもの即死能力で一撃ですが? 本当に最強なら、戦いに//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全92部分)
  • 316 user
  • 最終掲載日:2017/09/25 23:16
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えれば唯//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全282部分)
  • 396 user
  • 最終掲載日:2017/09/23 18:52
進化の実~知らないうちに勝ち組人生~

柊誠一は、不細工・気持ち悪い・汚い・臭い・デブといった、罵倒する言葉が次々と浮かんでくるほどの容姿の持ち主だった。そんな誠一が何時も通りに学校で虐められ、何とか//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全106部分)
  • 335 user
  • 最終掲載日:2017/09/20 22:29
おっさん冒険者ケインの善行

 おっさん冒険者ケインは、いつもの薬草採取の途中で幸運にも、超レアアイテム『蘇生の実』を手に入れる。  一度は売って金に変えようと思ったケインだったが、仲間の命//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全34部分)
  • 306 user
  • 最終掲載日:2017/09/25 17:07
アラフォー賢者の異世界生活日記

 VRRPG『ソード・アンド・ソーサリス』をプレイしていた大迫聡は、そのゲーム内に封印されていた邪神を倒してしまい、呪詛を受けて死亡する。  そんな彼が目覚めた//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全139部分)
  • 286 user
  • 最終掲載日:2017/08/19 12:00
デスマーチからはじまる異世界狂想曲

 アラサープログラマー鈴木一郎は、普段着のままレベル1で、突然異世界にいる自分に気付く。3回だけ使える使い捨て大魔法「流星雨」によって棚ボタで高いレベルと財宝を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全545部分)
  • 371 user
  • 最終掲載日:2017/09/24 18:00
賢者の孫

 あらゆる魔法を極め、幾度も人類を災禍から救い、世界中から『賢者』と呼ばれる老人に拾われた、前世の記憶を持つ少年シン。  世俗を離れ隠居生活を送っていた賢者に孫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全123部分)
  • 328 user
  • 最終掲載日:2017/09/22 23:45
勇者召喚に巻き込まれたけど、異世界は平和でした

ある日突然異世界へ、どうやら勇者召喚に巻き込まれたらしい。当然勇者は俺ではなく別の人……正に王道ともいえる展開に疑心暗鬼を募らせながら、俺は戦乱に身を投じていく//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全493部分)
  • 330 user
  • 最終掲載日:2017/09/24 23:00
成長チートでなんでもできるようになったが、無職だけは辞められないようです

 俺、一之丞は就職100連敗、さらに記録更新中の無職だった。  面接に向かう途中、トラック事故に巻き込まれ、あえなく死亡。  そして、女神から常人よりも400倍//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全199部分)
  • 296 user
  • 最終掲載日:2017/09/15 16:38
二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む

魔王を倒し、世界を救えと勇者として召喚され、必死に救った主人公、宇景海人。 彼は魔王を倒し、世界を救ったが、仲間と信じていたモノたちにことごとく裏切られ、剣に貫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全124部分)
  • 318 user
  • 最終掲載日:2017/09/25 08:58
異世界でスキルを解体したらチートな嫁が増殖しました  − 概念交差のストラクチャー −

書籍版はカドカワBOOKSさまより、3巻まで刊行中。4巻は9月8日発売です! コミカライズ版は「ドラゴンエイジ」で、ただいま連載中です! 異世界に召喚されたナ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全140部分)
  • 377 user
  • 最終掲載日:2017/09/25 20:00
魔王様の街づくり!~最強のダンジョンは近代都市~

 魔王は自らが生み出した迷宮に人を誘い込みその絶望を食らい糧とする  だが、創造の魔王プロケルは絶望ではなく希望を糧に得ようと決め、悪意の迷宮ではなく幸せな街を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全186部分)
  • 316 user
  • 最終掲載日:2017/09/23 19:31
回復術士のやり直し~即死魔法とスキルコピーの超越ヒール~

――世界そのものを回復《ヒール》してやり直す。 回復術士は一人では戦えない。そんな常識にしばられ他人に利用され続けたケアル。 彼はある日、回復《ヒール》の先にあ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全100部分)
  • 283 user
  • 最終掲載日:2017/09/22 19:49
外れスキル【地図化】を手にした俺は、最強パーティーと共にダンジョンに挑む

 【地図化(マッピング)】——。    15歳になったノートが贈与の儀で与えられたのは【世界地図(ワールドマップ)】や【地図(エリアマップ)】の下位互換とされて//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全45部分)
  • 310 user
  • 最終掲載日:2017/09/24 15:47
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部分)
  • 330 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
↑ページトップへ