挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
Brandnew Brandy 作者:水岡 きよみ
3/3

キスマーク

ばりばりの畳の上で
激しく互いを求めあった
きみはシャツをはだけさせて
胸に 熱い 熱い くちづけをする
紅い花びらを無数に散らして
消えない、消えない愛の痕
もっと、もっと欲しくなる
求めれば求めるほどにとまらない この熱情
自分じゃないみたいな甘い声で
きみを欲しいとねだれば
覆いかぶさる 肉厚な重み
やわらかくて、かたい
やさしくて、はげしい
「きみが、ほしいの」 いつもおあずけ
いじわるだけど まだまだ虜
このまま きみに永遠に閉じ込められていたい
今の恋人を思っていると創作が進まないくらいに全力で生きて恋をしていますが、どうしても欲が抑えきれず詩が出来上がってしまいました。久しぶりに創作したぁ。
ちなみに詩のときは致してません。わざと誤解を招く刺激的な描き方を一度してみたかったのです。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ