挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

太陽のはなびら

作者:伊織千景
ゆっくりと、しかし確実に滅びゆく世界で、一人の少年は生きていた。滅びゆく世界の中でも、懸命に生きているロコロ村の人々とともに。しかし、少年は一つの重大な秘密を持っていた。少年は背負っていた。人には言えない。言えるはずのない、大きな十字架を……。だれしもがもつ、人には言えない悩みや秘密。どんなに親しくても、親しくなればなるほど言えない秘密。それをこころに抱えている全ての人に、この話を捧げます。COMITIA92で配布した小説を、クライマックスまで公開します!
プロローグ
2010/04/02 07:58
第一章:暖かな村
2010/04/02 08:01
暖かな村(2)
2010/04/03 07:59
暖かな村(3)
2010/04/04 06:56
暖かな村(4)
2010/04/05 06:10
第二章:限られた時間の幸せ
2010/04/06 08:34
限られた時間の幸せ(2)
2010/04/07 08:56
限られた時間の幸せ(3)
2010/04/08 08:21
第三章:響く心
2010/04/09 07:33
響く心(2)
2010/04/11 01:17
響く心(3)
2010/04/11 21:57
響く心(4)
2010/04/13 08:05
第四章:偽りは涙の味
2010/04/13 20:54
偽りは涙の味(2)
2010/04/14 08:18
偽りは涙の味(3)
2010/04/15 13:02
第五章:光の花
2010/04/16 21:53
光の花(2)
2010/04/17 17:28
光の花(3)
2010/04/18 08:06
第六章:誰がため、我がため
2010/04/19 22:36
誰がため、我がため(2)
2010/04/21 18:43
誰がため、我がため(3)
2010/04/21 18:44
第八章:深い眠りの中の君
2010/04/22 07:41
深い眠りの中の君(2)
2010/04/23 23:53
第九章:君は大丈夫
2010/04/24 09:49
君は大丈夫(2)
2010/04/25 10:32
君は大丈夫(3)
2010/04/26 15:49
第十章:言葉の世界が紡ぐ言霊
2010/04/27 06:31
言葉の世界が紡ぐ言霊(2)
2010/04/28 08:43
言葉の世界が紡ぐ言霊(3)
2010/04/29 06:21
言葉の世界が紡ぐ言霊(4)
2010/04/30 08:36
言葉の世界が紡ぐ言霊(5)
2010/05/01 11:02
言葉の世界が紡ぐ言霊(6)
2010/05/02 07:44
第十一章:咎、愛に包まれ
2010/05/07 10:16
咎、愛に包まれ(2)
2010/05/08 09:58
咎、愛に包まれ(3)
2010/05/09 08:05
咎、愛に包まれ(4)
2010/05/10 09:37
最終章:太陽のはなびら
2010/05/11 08:16
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ