挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

Smile Japan

手をつなごう

作者:大橋 秀人
「さむいなちきしょー」
 吐く息が白い。薄い雲が覆った冬の空に向かって悟司は毒づく。
「汚い言葉、使わないで」
 半ば本気で珠緒はそんなことを言う。
「寒いからさむいって言ってんだよ。何が悪い」
 荒い言葉で悪態をつく悟司は、でも歩幅を広げようとしない。しっかりと珠緒の歩くペースに合わせている。どこにいくわけでもなく散歩に出た二人は、近所に有る、普段は目にも留めなかった小さな山に登っていた。
「しっかし、何もないな」
 あっという間に登った山頂を見て、悟司はそう言い放った。
「仕方ないじゃん。こんなところ、滅多に人なんかこないんだから」
 珠緒は少し上がった息を整えながらフォローする。山の頂は少しだけ開けていたが、特に目のつくものは確かに何もなかった。言うなればただの公園という趣である。
「にしてもさ。せっかくここまで歩いてきたんだしよ」
 悟司が首をぐるぐる廻し辺りを探ると、広場の隅にひどく草臥れたベンチを見つけた。二人の足は自然とそこに向かった。
「どうして離すの?」
 座るとき、珠緒は繋いでいた手を離した。
「だって、座るんでしょ?」
 まだ座らない悟司を見上げ、珠緒が言う。
 彼はドカッと腰掛けると、無言で彼女に手を差し出す。その手を見て、彼女は可笑しげに微笑む。
「何が面白い」
 なんだか馬鹿にされているようで、悟司はふくれっつらをする。でも、差し出した手は引っ込めない。
 どんどん冷やされていく掌に、小さなそれが置かれ、重ねられた。
 悟司は当然の如く自分のそれとともに、結んだ掌をコートのポケットに突っ込んだ。
「あ、あれ」
 ベンチの目の前は開けていて、遠くに海岸線が見えた。
「あー。高校ね」
「うん、小学校もある」
「あそこ、俺んち」
 そうやって暫く自分たちの知っているところを指差して遊んだ。
 海は厳しく飛沫を上げ、空は陽を遮る薄い雲に覆われている。
「寒い?」
 悟司が訊く。珠緒は首を横に振る。繋がれた掌は、二人を温めていた。
「もっと近くに来るか?」
 彼は二人が通った学校を眺めながらそういう。そして珠緒の肩を抱く。
 彼女は無言でお尻をずらし、悟司に体を寄せる。
「あったかい」
 彼女は小さくそう零す。
「何?」
「ううん。なんでもない」
 珠緒はなんだか可笑しくなる。
「なんだよ、変なやつ」
 悪態をつく悟司の顔には、穏やかな微笑が湛えられていた。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ