挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

ぼくのかお

作者:雀インコ
 ぼくは、顔を落としてしまった。

 たしか、昨日まではあったはずなんだけど……
 鏡を見ても、顔のあった場所はつるつるで、目と、鼻と、口が、ない。
 だけど、鏡に映るつるつる顔の〝ぼく〟は見えるし、息は出来るし、声も出る。
 へんだなあ。
 ぼくの顔は、どこにあるんだろう。
 そこで、昨日歩いた場所をもう一度歩いてみることにした。

 まずは、いつも買いに行く三軒先のパン屋さん。
 すると――
「あんれまあ!」
 パン屋のおかみさんは、ぼくの顔を見るなり腰を抜かしてしまった。
「ぼくだよ、ぼく。ねえおかみさん、ぼくの顔、落ちてなかった?」
「顔かい? そういえば、そこの隅っこにひくひく動く鼻が落ちていたよ。それより、おっかないから早く出て行っておくれ」
 ぼくは、鼻を拾ってお店を出た。

 つぎに、お庭の花を買ったお花屋さん。
 すると――
「ひゃああ!」
 お花屋さんのおじさんは、お口を大きく開けて驚いた。
「ぼくだよ、ぼく。ねえおじさん、ぼくの顔、落ちてなかった?」
「顔かい? そういえば、そこの大きな花の上にギョロギョロした目が落ちていたよ。それより、おっかないから早く出て行っておくれ」
 ぼくは、目を拾ってお店を出た。

 つぎに、ふかふかの草が生えているお昼寝をした小川。
 すると――
「わっ!」
 釣りをしていたおじいさんは、持っていた釣竿を落としてしまった。
「ぼくだよ、ぼく。ねえおじいさん。ぼくの顔、落ちてなかった?」
「顔かい? そういえば、さっき釣り上げた大きな口がバケツの中にあるよ。それより、おっかないから早く帰っておくれ」
 ぼくは、口を拾って家に帰った。

 鏡の前で、目と、鼻と、口をくっつっけてみた。
「あれえ? ぼくの顔、こんなんだっけ?」
 右にずらし、左にずらし、上にあげ、下にさげてみた。
 だけど、ちっともぼくの顔らしくみえない。
 そこで、ぼくをしっている人に直してもらおうと、もう一度家を出た。

 まずは、パン屋のおかみさん。
「ねえねえおかみさん。ぼくの顔、直してもらえないかな」
「はて、君の目はこうだった気がするよ」
 ちょちょいのちょい。
 お礼を言って、家に帰り、鏡を見た。
「うーん、なんか違う気がする」

 つぎに、お花屋さんのおじさん。
「ねえねえおじさん。ぼくの顔、直してもらえないかな」
「ふむ、君の口はこうだった気がするけど」
 ちょちょいのちょい。
 お礼を言って、家に帰り、鏡を見た。
「うーん、なんか違う気がする」

 こんどは、釣りをしていたおじいさん。
「ねえねえおじいさん。ぼくの顔、直してもらえないかな」
「ほほう。君の鼻はこうだった気がするわい」
 ちょちょいのちょい。
 お礼を言って、家に帰り、鏡を見た。
「うーん、なんか違う気がする」

 ぼくのことを知っている人に直してもらったはずなのに、ぼくだという気がしない。
 困ったな。困ったな。
 空はすっかり暗くなってしまった。
 トボトボと外を歩いていると、温かな光が零れる建物が見えた。
 なんとなく近づくと、パン屋のおかみさんと、お花屋さんのおじさんと、釣りのおじいさんが話をしていた。
「見たかい? あの男の子」
「見た見た。あれは誰なんだ」
「知らないねえ。知っていたら顔の一つも思い出すんじゃが」
 三人は、ヒソヒソとぼくの正体について話していた。

 ぼくは、信じられない思いでいっぱいだった。
 いつもパンを買いに行っているんだよ?
 いつもお花や野菜の種を買いに行っているんだよ?
 いつも、釣りの成果を見せてもらっているんだよ?
 なのに、ぼくの顔がおもいだせないっていうんだ。

 そこで、ふと思い出した。
 おかみさんも、おじさんも、おじいさんも……

 ぼくの名前を知らなかった。

 ぼくを、ぼくだと知らなかった。

 じゃあ、ぼくは、誰なの?
 じゃあ、ぼくは、誰だったの?

 その場にいられず、ぼくはがむしゃらに走った。
 走って走って、辿り着いたのは、あのふかふかの草が生えている小川だった。
 そして、お月様に向かって、わんわん泣いた。
 ほっぺたに川ができるほど、泣いた。

 どれほど時間がたったのか分からないけれど、いつの間にか寝ていたらしい。
 ふかふかの草は大変寝心地が良く。そよそよと風が頬を撫でてくすぐったい。
 お空の上にまんまるなお月様が、ぷっかりと浮かんでいた。

 つんつん。
 ぼくの髪を引っ張られる感じがして、頭の上を手で探ると、ふわふわで温かくて柔らかいものに触れた。
「やあ、いい月の夜じゃのう」
 陽気な声で、それは喋った。
「ええと、ネズミ?」
「いかにも。こんな月夜の晩に泣くのはもったいないぞ」
 ぼくの手の上で、ひくひくと鼻を動かして、長いひげを揺らした。
「だって、ぼくは誰にも覚えてもらってなかったんだ。ねえ、ぼくはだれなの? 本当のぼくの顔、どこにいっちゃったの?」
「ふむふむ、なるほど。――あいわかった。お前さんは……個性がないのじゃ」
「個性?」
「そうとも。この人がこの人であるという大事な芯じゃ。同じ顔をした百人が、全員同じ名前だったら、誰が誰だか全く分からぬじゃろ? 自分が自分である為には、自分だけの特別な何かを持っていることじゃよ」
「特別な、なにか……」
 わかったような、わからないような。
 首をかしげるぼくに、ネズミは、ほ、ほ、ほ、と髭を揺らした。
「なぁに、自分で分からぬものは、いずれ分かるものじゃよ」
 謎解きのような言葉を残し、ネズミはツンとオオバコの葉を抜き、まるで傘のように掲げて歩き出した。
「雨が来ておる。気を付けて帰るんじゃな」
 ネズミが草むらに帰る頃、ぽつぽつと雨が降り出して、ぼくも慌てて家に帰った。

 さて、ぼくの顔はどうしたらいいんだろう。
 鏡の前に立ったぼく。
 元の顔はどんな顔だったのか、さっぱり思い出せないんだ。
 あのネズミが言っていた個性って、どうすればいいのかな。
 そうだ。一目見たら忘れられない顔なんてどうだろう。
 それはとっても素敵な考えに思えた。
 目はきりっとし、鼻は大きくして、口も耳までくっ付きそうなほど広げた。
 これなら一目でぼくとわかるだろう。
 気を良くしたぼくは、明日の朝が来るのが楽しみになった。

 しかし、期待していた通りの反応ではなかった――
「ひゃあ! おばけ!」
「ぎゃあ! でていけ!」
「わあっ! 助けて!」
 せっかく、ぼくがぼくだとすぐわかるようにしたのに、みんなひどいや!
 どうして逃げるの? どうして避けるの?
 ぼくだってわかるように、誰にもマネできない顔にしたのに!
「ネズミさん! ネズミさん!」
 ぼくは草むらに駆け込み、ネズミを呼んだ。
 すると、目をごしごしとこすりながら、ふわあとあくびをしてネズミが草をかき分けてでてきた。
「なんだい。わしゃまだ眠いんじ……ぎゃああっ! 誰じゃおぬし!」
「ネズミさん! ぼくだよ、昨日の夜、おじいさんとお話ししたぼくだよ!」
 ぼくの顔を見るなり、へなへなと腰を抜かしてしまったおじいさんへ、ぼくは必死に訴えた。
「みんな、ぼくの顔を怖がるんだ! ぼくだけの、ぼくのほか誰もマネができない顔なのに!」
 うわああ、うわああ。
 ぼくは、大声で泣き叫んだ。
 草の絨毯に転がり、ありったけの声とありったけの涙を溢れさせた。

 泣きすぎて、喉も涙も枯れた頃、ネズミはよしよしと僕の頭を小さな手で撫でながら言った。
「お前さん、怖がられた意味わかるかい? 個性は強ければいいものではないのじゃ」
 どっこいしょ、とネズミは小さなお尻を石の上におろした。
「いいかい。人は一人では生きていけぬものじゃ。皆と暮らすためには、抑えることも必要じゃよ」
「それこそ個性がないじゃないか」
「そうじゃない。皆で助け合って生きていくには、それぞれが得意不得意なものがあって、ようやく成り立つもの。つまり、皆が同じ能力ではなく、凸凹のように、補い合える関係をいうのじゃ。しかし、それぞれが違う形をして、さらに尖っていたらどうなる? 互いに傷つけあい、噛み合わず、悲しい思いをする……それでは誰も幸せになれんのう。今のお前さんの顔は、尖っておる。そんな恐ろしい顔の前に、誰がわざわざ近寄ろうか」
「ねえ、どうしたらいいの? ぼくの顔、みんなに受け入れてもらいたい。ぼくの個性、認めてもらいたいよ!」
「それなら……君の、幸せな思い出を頭に描くのじゃ」
「幸せな思い出……」
 そうはいっても。
 ぼくは、顔をなくす前の自分をすっかり忘れていたから、何を思い出していいかさっぱりわからなかった。
 首を捻るぼくに、ネズミは助け舟を出してくれた。
「ほれ、今のお前さんの周りの人たちのことを考えるのじゃよ」
 あとは自分で、と今度こそ大あくびをしながら、ネズミはまたもや草むらへ帰って行ってしまった。

 ぼくは、家に帰って鏡の前に立った。
 そこには、目は吊り上がり鼻は岩のようで口が裂けた、恐ろしい顔をしたぼくがいる。
 どうしたらいい? ネズミは何と言っていただろうか。
 ――今のお前さんの周りの人たちのことを考える。
 目を閉じて、思い浮かべるのは。
 パン屋のおかみさんが作るパンは、とってもおいしいパン。パリパリっとして、ふわふわで、もっちもちの食べていてニッコリと笑顔が零れてしまう、いい香りのパン!
 お花屋さんのおじさんが育てるお花は、とっても素敵なお花。赤、青、黄色、たくさんの色で景色がいっぱいにできる、彩り豊かなお花!
 釣りをしているおじいさんは、とっても物知り。昔話や知恵の話をたくさん知っていて、お話ししているととっても勉強になる、先生!
 するとどうだろう。
 顔の表面が、じわんと温かくなった。
 おそるおそる、片目を開け、もう一方も開けると、鏡に映る“ぼく”が見えた。

 ――ぼく……ぼく……これは、僕、だ。

 僕、とつぶやいた瞬間、頭の中で風船が割れるような音がした。
 そうだ、“これが”僕だ。
 一瞬で記憶が戻る。

 僕は――被害者の、家族だった。
 とある事件で家族全員を失った僕は、好奇な視線で世間に晒されて、気の休まる日など無く過ごして……
 悲しめば、喜ばれ、嘆けば、飯の種になる。
 僕をどうしたら満足するのだろう。彼らの望む僕とはいったいどんな姿なんだろう。

 わからない、わからない、わからない、わからない、わからない、わからない、わからない、わからない、わからない、わからない、わからない、わからない、わからない、わからない、わからない、わからない、わからない、わからない、わからない、わからない、わからない。

 逃げよう。何もかも捨てて。
 そう決断できたのは、出来事から一ヶ月も経ったころ。
 海辺で拾った小さな貝殻、戯れに僕が撮った写真。そして、一等賞になった運動会のメダル。
 それらの何もかも捨てて、ただ、ひたすら、走った。

 ぼくを、だれもしらないところなら、どこでもいい。

 うんと広い川があった気がする。
 うんと大きな海があった気がする。
 でも気付いたら、深い深い森の中だった。
 飲まず食わずで闇雲に彷徨っていたから、小川の水を飲み、ふかふかで寝心地がよさそうな草むらで、体を大の字にして寝転がった。
 ああ、ここは僕をだれも知らない。
 開放感でいっぱいになった僕は、久し振りにぐっすりと夢も見ないで寝た。

 起きたら、僕の記憶が飛んでいた。けれど、なぜか村の人に助けられたのか、すっかり村に馴染んでいた『ぼく』がいた……
 パン屋のおかみさんの所にご飯を、花屋のおじさんの所に散歩を、釣りのおじいさんは……ある意味事情聴取なのかな。僕のことを聞き出すために、いっぱい関係のない事も含めて会話をしていたんだ。
 でも、一切自分のことを話さない僕に、次第に興味がなくなったのか、それともあたりまえになったのか――
 目や、鼻や、口を無くしたら、それが僕だとは分からなかったようだ。
 名前すら名乗らず、僕が僕であるという個性もなかったから、仕方がないことかもしれない。

 いま、僕は自分の顔と記憶を取り戻した。
 するとどうだろう。
 気配が温かく感じられる。
 僕を包む何もかもが、優しい。
 僕が僕でいても許される、僕が生きていても許される、世界。

 ありがとう。

 僕は、小さく呟いた。
 胸の真ん中がぽかぽかと温かい。胸に手を触れると、じんわりと温かいオレンジ色のボールが四つできた。この気持ちをみんなに渡したくなった僕は、歩き出した。

 まずは、パン屋さんへ。
「おかみさん、こんにちは」
「おや君は……いつも店に入るなり、胸いっぱいに匂いを嗅ぐ子だね? いらっしゃい」
「僕のこと、覚えていてくれたの?」
「うちのパンを好きな子だとは知っていたよ。その大きな鼻が、うちのパンを大好きだって教えてくれるもの。覚えているとも」
「……ありがとう」
 僕は、胸のぽかぽかを一つ手渡した。
 そして、にっこりと笑って、店を出る。

 次に、お花屋さんへ。
「おじさん、こんにちは」
「おや君は……いつも花を眺めてはニコニコと笑顔になる子だね? いらっしゃい」
「僕のこと、覚えていてくれたの?」
「うちの花を好きな子だとは知っていたよ。キラキラと楽しそうにうちの花を見ていたからね。覚えているとも」
「……ありがとう」
 僕は、胸のぽかぽかを一つ手渡した。
 そして、にっこりと笑って店を出る。

 次に、釣りのおじいさんへ。
「おじいさん、こんにちは」
「おや君は……いつもわしの所でお喋りする子だね? よく来たな」
「僕のこと、覚えていてくれたの?」
「自分のことはちっとも話さないけれど、わしの話を楽しそうに聞いたり、ほれそこのパン屋や花屋の話をしたりするだろう。覚えているとも」
「……ありがとう」
 僕は、胸のぽかぽかを一つ手渡した。
 そして、にっこりと笑って店を出る。

 最後に、小川にやってきた。
 ふかふかの草が、太陽の光でキラキラと輝いて見える。
「おおい、ネズミさん、ネズミさん」
 声をかければ、ガサガサと草をかき分けあくびをしながらネズミが出てきた。
「ネズミさん、ありがとう! 僕の顔、戻ったよ!」
「ほうほう。良かったじゃないか」
 ネズミは、髭をちんまりとした手でくいくいと扱いた。
「無くしたものは、見つかったんじゃな?」
「うん……。大切な僕の思い出、ちゃんと見つけた」
「そうか」
「これ受け取ってもらえる?」
 僕は、最後の一つのぽかぽかを、ネズミに差し出した。
 ネズミは小さな手でそのぽかぽかを手に取ると、ああ、と溜息を漏らした。 
「ようやく、安心したよ」
「ありがとう」
 そしてネズミは、てとてと歩き出し、小川の向こうへと消えた。

「ありがとう……ありがとう、僕の家族」
 記憶が戻った僕には、あのネズミの正体がわかったのだ。
 ネズミは――僕の家族の想い。
 僕一人を残して、いってしまった、僕の家族。
 迷子になった僕を心配して、戻ってきてくれたんだ。
 泣き笑いの表情で、顔をくちゃくちゃにしながら、乱暴に涙をごしごし腕で拭った。
「僕もいかなくちゃ」
 みんなに渡したぽかぽかは、僕の気持ち。

 ありがとう、ありがとう。
 大好きだよ。
 僕はこの世界が大好きだったよ。

 世界丸ごと、愛してます。

 ぼくの目の前には川がある。
 ゆっくりと、一歩踏み出した。



 ありがとう 








評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ