挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

Poesia

すみれのみほん

作者:路瀕存
花粉症の季節です。はなびずがどまりまぜん。
でかけよう
やあやあ コートがよんでいる
ふかふか花が うずもれて
ようよう はにかむ
ひっぱるとほっこり ふわり
ダンス Waltz ターン
するとするりと透きとおり
かよいだすそしてあふれだす
そこへここへ そこここへ
生業とするぬくもりの前のほうへ
とどく
とどく
とおくへとどく
と お く へ  こ  え  が  と  お  く   へ
と  お   く  へ
と   お   く  へ
こ  え   が  す る と こ え がするとこえが

よんでいる

のはこえだったか ふるふると
胞子があふれだしたらば
ああはたとおもいだして
みると
ときおり背伸びして
すると 靴がうたいだし
ほんのりはんなりあふれだす
そとへ そとへとうかぶように

うかれよう。
ふかふかうたいだす。
そうしてやうやうあふれだす
たびに
ときおりそうしてホップして
ふんわりとそとへ
やわらかなその生業のそとへ。
無言ダンテさんの企画「Smile Japan」に捧げます。
小説ではなく詩なのでひっそりと。当該企画周知の一助にでもなればさいわいです。

「Smile Japan」とは:
http://smilejapan.dousetsu.com/
http://mypage.syosetu.com/mypageblog/view/userid/2143/blogkey/155860/

お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ