挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

融ける

作者:山兎
『融ける』

凛と静かな空気のなかで
わたしが
ゆっくり
とけていく

身体のなかから
透きとおり

皮膚という 点と 線が
じんわり
やんわり
とけていく

瞳を閉じて 視界をふさげば
耳に触れる しんとした音

空気の音か
空気の音か

鳥のさえずる鳴き声も
雨のしとしと泣く声も
聞こえるはずでも
耳には入らず

ただ
ただ
わたしが
解けていき
溶けて
ゆらりと
晒すのです

とけた芯から
転がり落ちた
わたしの在処(ありか)

あばかれて
あばかれて

世界に
そのさま
晒すのです

わたしが
ゆっくり
解けていく
じんわり
やんわり
溶けていく

空気にその身を(ゆだ)ねたら
ゆっくり
とけて
解けて
溶けて

こりかたまった
わたしの(こご)りも
こんなに さらりと 流れます
こんなに さらりと 流れます

こんなに
泪がこぼれます

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ