挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

さくら、咲く

作者:西門
 僕は校庭に立つ、桜の下にいた。

 今年の開花は少し遅いらしく、ほころび始めといった程度。
 それでも沢山のつぼみが枝先につき、古い樹齢の幹に薄紅色の春を彩り出している。

「こんなとこにいたの」

 後ろからの声は、一つ下の親戚の子だ。

「うん」

 僕は振り向かず、枝の間から青空を見続ける。

「もう。卒業式が終わったばかりの私に、一言もないわけ?」

 彼女は隣まで来ると、同じように樹を見上げつつ聞いてきた。

「懐かしい?」

 問われて考えるが、一年じゃ感慨は湧かない。

「そうでもないよ」

 空を流れる綿雲は、時の流れも心もゆっくりにさせる。

 やがて、最初の問いへ僕が答えない事にじれて、こちらを向く彼女。
 文句を言われる前に、僕は一言祝う。 

「高校卒業おめでとう」

 そうしたら卒業証書入りの筒で、こっちの頭をたたき出した。

「顔見て言ってよ」

 ぽこぽこと音を発する長い筒。
 僕は顔を上げたまま、手で受け止め、ひょいとそれを取り上げる。

「暴力反対~」

 今度はポコられるのをかわそうと、彼女は笑顔で飛びのく。

 僕は苦笑を我慢し、筒を両手でうやうやしく捧げ持つと、彼女へ近寄る。
 不審げな相手の顔までかがんで、卒業の証を返した。

 そして瞳を合わせて繰り返す。

「おめでとう」

 すると今度は、彼女が視線をずらした。

「う、うん。ありがと」

 桜のつぼみぐらいには、頬が染まっている。
 僕は今度こそ笑って背を伸ばし、また大きな桜の枝をながめる。

「なによ~」

 彼女は空いた手で僕の背中をバシバシ叩く。
 けっこう本気で、胸まで響いた。

 げほ、と咳き込む僕に満足げにうなずくと、彼女はすうっと息を吸い込む。
 僕も一緒に深呼吸をする。

 微かに、新しい季節の息吹が香ったのは気のせいか。

「桜餅食べたくなるね」

 彼女はとても分かり易い表現で目の前の春を評している。

「婆ちゃんの手作りは絶品~」

 僕の祖母が幼い頃から二人に食べさせてくれた。
 若く柔らかい桜の葉をつみ、独特の味付けをする。

 餅と練り餡に合う、葉の甘じょっぱさがとても好きだ。
 ただ若葉を漬けるのに少し時間がかかる。

「僕が引越し先に宅配で送ってあげるよ」

 僕がそう言うと、彼女ははしゃぐのを止め、静かになった。

 卒業後、彼女は母親と同じ看護師を目指し進学する。
 年末に推薦合格し、遠い街へ引越しする準備中だ。

「そっちも結果発表きたんだ?」

「うん」

 僕も大学を受験をしていた。
 一浪だ。今年も落ちたら地元に残る。
 昨年は、試験当日に風邪で寝込んでしまった。

 農家で土を触るのも好きな僕は、農学部に興味があった。
 でも学費も高いので諦めていたら、親父から説教をくらった。

「お前は馬鹿だから、もう少し勉強してこい」

 隣に座るお袋の、吹きだしそうな顔。
 それを見ずとも激励なのは、優柔不断な馬鹿息子にもわかった。

 だからって、体調崩す程、無理したつもりはないんだけど。

「やっぱり、私が去年反対したから」

 彼女がうつむいている。

 確かに僕の進学に大反対された。

「地元で農業継げ」、「婆ちゃんを泣かせるのか」とわめいて、逆に僕の家族になだめられていた。

 その後興奮し過ぎたのか、盛大に風邪引いて寝込んだ彼女。
 入れ替わりで熱を出した僕の話を知り、自分が風邪をうつしたと可哀想なぐらい落ち込んだ。

「あの後、外に出たし関係ない」

 僕の言葉に納得せず、両親に僕を「浪人させて下さい」と頼んでいた。

 そんなおせっかいで元気な彼女が、今は沈黙したままだ。
 だから卒業証書の筒をぎゅっとにぎる彼女の耳元へ、僕はささやく。

「まあ、直接持ってく方が近いかな」

 顔を上げる彼女に、笑いかけた。

「なるべく近くのアパートを探すよ」

 僕の志望先と同じ街の看護学校。

 絶対一緒にと、僕以上に僕の受験に熱心だった。
 もはや両親の出る幕がないほどに。

 バランス良い食事のレシピや夜食の差し入れ。

 いつの間にか、祖母に菓子作りを習っていたらしい。
 夜食の品は中々の出来。形はアレだったけど。

 受験前、鬼気迫る顔でお守りを山ほど渡された。

「このお」

 ふと気づくと、彼女は真っ赤になって怒っている。

「昔から、どうしてそう意地悪っ」

 両手で殴りかかる彼女の腕をかわして。

 ――抱きしめる。

 万歳状態で固まった相手の髪を優しくなでた。
 そして僕は伝える。

「ありがとう、支えてくれて」

 去年の春は、むなしさと後悔。
 努力の全てが、一瞬で失われた。

 ここで、散っていく桜の花びらを握り締めていた。

 でも、もう一回やってみろと言ってくれた人がいる。
 怒りながら背中を押してくれる人がいる。

 彼女は腕をさげ僕の胸に顔を埋めた。
 その顔がぐじゅぐじゅと音を立て出す。

 おーい。鼻水は待って。

 ハンカチを渡し、いたずらっぽく僕はたずねる。

「見事合格した僕に、一言もないわけ?」

「なんで、ぞう昔がらっ」

 花粉症の様な鼻声のクセに、文句を繰り返す彼女。
 僕は当たり前の答えを告げる。

「そんなの、好きな子だからに決まってるよ」

 そう答えながら目の前の樹を三度見上げた。

 今年の桜はきっと一番きれいだろうな。









評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ