挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

夜光虫

作者:新染 因循
1.
己が蒼白の示す
渺眇たる沈殿、
その無謬に、
波のあわいで
震える夜光虫よ。
汝らがそがひに、
かの不滅は来たるぞ。
かはいかなるものの
業により象られ得たか。

2.
このいと暗き夜に、
寂寥に震へるか弱き
光を編みつつゆく、
汝ら、魂を言祝ぐもの。
あわいにて微睡み給へ。
あゝ、古の貝に眠りし
旋律が、我をかいいだき、
あやしつける……。

3.
天を妬み、傲慢なる大洋の、
双翼の限りに、その蒼、
損なわれぬ美に、我が魂を
波間の煉獄に、連れ去るもの、
天のいと高きとき、潜むは何処。
ルシフェリンとは、ルシフェラーゼによって酸化されて発光する物質の総称であり、生物発光の源であります。そしてルシフェラーゼの語源は、かの堕天使の名でもある、ルシファーだとききます。
わたしは、海とルシファーを取り扱った詩を、フェデリコ・ガルシーア・ロルカの作品(題名は忘れてしまったけれど)以外は見たことがありませんでしたので、3.はこのスペイン詩人の言葉を用いることとしました。
夜光虫、そして揺れる光と心に茫洋と顕れる海、その不安と深さ、それらが伝われば幸いであります。
それでは。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ