挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
非異世界ファンタジア 作者:なんこつ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

51/51

第四十六話 調査・後編

やっと書けた……!!
 第二階層へと足を踏み入れた俺たちを待っていたのは牧歌的な風景だった。

「空!?」

 驚く澪の言うとおり、見上げればそこには青空が広がっている。それも雲一つない快晴だ。先ほどまで天井のある洞窟を歩いていたのに突然野外のフィールドが始まる。これもダンジョンの意味不明なところの一つだろう。

「それに、随分と温かいです」

 また、上着を脱ぐ璃良の言うように気温もおかしい。外は十一月も半ばで寒くなってきているのに、ここは温暖な気候のようだ。足下にも青々とした草が生い茂っている。

「まあ、これがダンジョンっていうものなんだろうね」

 細かい理屈は分からない以上、とりあえずはそういうものだと受け入れるしかない。それでもなお驚きが止まない二人に、俺も夢の中で初めて潜ったときはこうだったなと懐かしくなる。

「ひとまず、先に進もうか」

 とはいえ、ずっとここに居ても仕方がない。それにしばらく歩いていれば慣れてくるだろう。問題はどの方向に向かっていくかなのだが……。

「璃良、どうやって進めばいいと思う?」
「ま、また私ですか!?」
「ああ。どうも運が良さそうだからね」

 公平を期すのならば今回は澪にすべきだ。だが、あの迷宮妖精は璃良の元に現れた。それを考えると、今日は璃良の采配に頼ってみたくなる。迷宮妖精に会えたというのはそれほどのことなのだ。

「私もそれでいい」
「えっと、それじゃあ川の上流の方に」

 そう言って璃良はどこか遠慮がちに右側にある川を指さした。

「よし、行こうか」

 そう言いって歩きだしつつ、内心で良い選択だなと思う。というのも、現在いる第二階層はここから見る限り広大な丘陵地帯のようなのだが、往々にしてこの手の一面フィールドは全域を舞台とした謎掛け(リドルタイプ)であることが多いのだ。正しい道を行かねばいつの間にか既に通った場所に戻されるはめになり、いつまでたっても次の階層に至ることは無い。そんな場所では少しでも指標となりそうな物に沿って進むのがセオリーである。
 ちなみに左側には林が広がっていて、こちらはこちらで何かありそうな雰囲気だったりするのだが……。まあ必要があればまた来ればいいだろう。

「魔物です!」

 そう思考に区切りをつけて、目の前の戦闘へと意識を切り替えることにした。



 サハギンやリザードマンといった水辺に出現する魔物を倒しながら川辺を歩くこと暫く、俺たちの目の前にはそれまでとは少し異なった光景が広がっていた。

「牛と……小麦か」

 俺たちが歩いてきた川の左側には牛たちが闊歩しており、反対の右側にはちょうど収穫時期だろうと思われる麦が風に靡いている。一見して長閑なその景色は、しかしダンジョンの中の一部であることを念頭に置くと異様と言えるものだ。

「魔物、でしょうか?」

 確信を持てないといった風に呟く璃良の言葉の裏にあるのは、これがダンジョンの一部かもしれないということだろう。事実、ここに来るまでの道中の川に居る魚の半数はダンジョンの一部だった。戦闘の余波などで損傷を受けると壁や地面と同様に消えていく。そんな摩訶不思議な光景を目の当たりにした二人には、現在目に映る何もかもが紛い物に見えて仕方がないのだろう。だが、あの牛はそれより性質の悪いものだ。

「試してみようか」

 俺はそう口にしつつ水球を生成し、牛に向かって射出する。あくまでも試しであるので威力は控えめにしたそれは、狙い通り目標に着弾すると、対象の気を引くことに成功した。

「ギョエェェ!!」
「……え」

 怒りの雰囲気を漂わせた牛は俺たちの方を振り向き、本能的に不快感を覚えるような叫び声と共に頭部が“縦に”割ける。中からはうごめく触手を覗かせ、割けた淵には幾本もの牙が。

「魔物だったね」
「……」
「……」

 とりあえず二人の緊張を解くためにと軽い調子で言葉を放ってみたが効果はなかったようだ。俺の発言は虚しく空気に溶け、二人は魔物のあまりのおぞましさに肌を粟立たせている。
とはいえ、悠長に構えているわけにもいかない。なにせ先ほどの注意を引いた牛の声に釣られるように周囲の牛も口を開き、そしてこちらに群れを成して向かってきているのだから。

「二人とも、迎撃準備!」

 ゆえに、拍手を一つ打って二人のきつけを行う。

「見ての通り、炎に弱いらしい。近づけさせないで始末しよう」

 そして色々な属性の攻撃を同時に放ちながら有効手段を見せてやり、行動を促す。すると二人はようやく意識を戦闘モードに切り替え、俺と共に掃討を開始した。



「まあ、ああいう魔物もいるってことだね」

 戦闘終了後、ドロップ品の皮を集めながら敵のグロテスクな容貌に動きを止めてしまったことへの注意をそう言って締める。

「で、次はこっちなわけだけど」
「……また魔物なの?」

 そして皮を集め終えた後、元の位置まで戻ってきた俺は小麦畑の方を向いてそう口にすると、澪が実に嫌そうな表情で疑問を返してきた。

「いや、多分こっちは――」

 そう言いながら風の魔法で小麦を刈り取ると、小麦はこれまでの破損したダンジョンの一部のように消えていく。もっとも、ただ消えるだけでなくその場に金色の粒子を残した。
 そしてその後も暫く刈り取りを続けると、やがて変化が訪れる。金色の粒子は集まり、光と共に藁製の袋となったのだ。

「宝物、ということなんでしょうか?」
「おそらく」

 中に詰まった小麦を見ながらそう答える。随分安っぽい宝物もあったものだが、ドロップ品以外のダンジョンからの収集物を総じて宝物と呼んでいるので間違ってはいない。なにも露骨に宝箱に入ったアイテムだけでなく、ダンジョンの一部から採取できる宝物もあるわけだ。ちなみにダンジョンの宝物や魔物は異世界と法則が同じならば一日以上時間をかけてランダムに復活する。

「全部持って帰るの?」
「それは気分次第だけど、刈取りだけは全部やった方がいいだろうね」
「えっと、何ででしょう?」
「不自然だから」

 温和な環境に忘れそうになるが、ここはダンジョンである。そして、そのダンジョンを入り口から歩いてきて初めてとなる大きな変化なのだ。ダンジョンの常識に照らし合わせて考えるならば、ここは宝物庫か次の階層へと至るキーポイントの可能性が高い。ゆえに小麦を持って帰るかはさておき調査はする必要があるというわけだ。
 そんな説明をすると二人とも得心が行ったようで早速小麦を刈り取り始めた。

「さて、早めに見つかるといいんだけど」

 はるか先まで広がる小麦畑を前にそんな呟きがこぼれた。



 小麦を刈り取り続け一時間が経過したころ、ようやく先へ進む鍵となるであろうものが出現した。

「石碑と台座、ね」

 ダンジョンの課題としては比較的オーソドックスな形である。石碑に書かれた課題の品を台座におくことで次への道が開かれるという仕組みだ。ちなみにこの石碑は触れることで内容が伝わってくる不思議システムを搭載しているので文字が読めない人も安心だったりする。もっとも、異世界においてもその機能が使われることは稀だったが。

「これ、何が書かれているんでしょうか?」

 だが、今はその機能がありがたい。なぜなら“前半部分が異世界言語で記載されている”からだ。

「翻訳、にしては中途半端――っ!!」

 そう疑問を呈しながら文字を追っていた人差し指で石碑に触れた澪は、とっさにその場を飛び退く。

「澪ちゃん……?」
「何か、声が」

 石碑から内容が伝わってくることを知らなければ当然の反応だろう。とはいえ、害は無いと分かっている以上このままでいても時間の無駄なので俺も石碑に手を当てる。すると懐かしき異世界言語が聞こえてくると共に、その内容が直接伝わってきた。

『(深奥を目指す旅人に告ぐ)』
『(汝、この先を望むならその証を台座に示せ)』
『(一つは牛の皮、一つはトカゲの皮、一つは狐の皮)』
『揃えた暁には引き換えに霧の迷いから守る石を与えよう』
『扉はその向こうにあるがゆえに』

 途中から同時に聞こえてくる言葉が日本語になったが、それは記載された部分が日本語に切り替わったからだろう。内容自体は聞こえてくる言語に関わらず伝わってくるので特に問題はない。ゆえに心配そうにこちらを見ている二人にも促して確認させる。

「つまりゲートは霧の中?」
「そうみたいですね。幸いリザードマンとさっきの牛のような魔物の皮はあるので、あとは狐の魔物の皮を集めればいいと思います」

 浅い階層であることもあり、謎掛けというよりは単なる道標だったので二人もすぐにやるべきことを挙げていく。目標が明確になったからか心なし先ほどよりもやる気が感じられる。

「それじゃあ、早速――」
「いや、今日はここまでかな」

 だが残念なことにタイムリミットだ。既にダンジョン内に入ってから三時間半が経過している。依頼で潜っている以上、俺たちは最初の指示通り直ぐに帰還に入らなければならない。

「まあ、解放されたらまた来ればいいさ」

 非常に残念そうな二人に苦笑しながらそう声をかける。他のダンジョンの成果にもよるが、完全に封鎖されるということはまずないだろう。危機感ゆえか欲望によるものかは分からないが、そう遠くないうちにダンジョンは解放されてまた入る機会がやってくる。その時に今日の続きを探索しようと説きながら、地上に向かって三人で歩き出した。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

進化の実~知らないうちに勝ち組人生~

柊誠一は、不細工・気持ち悪い・汚い・臭い・デブといった、罵倒する言葉が次々と浮かんでくるほどの容姿の持ち主だった。そんな誠一が何時も通りに学校で虐められ、何とか//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全116部分)
  • 4303 user
  • 最終掲載日:2018/01/09 00:01
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全534部分)
  • 4273 user
  • 最終掲載日:2018/01/15 22:46
ワールド・ティーチャー -異世界式教育エージェント-

世界最強のエージェントと呼ばれた男は、引退を機に後進を育てる教育者となった。 弟子を育て、六十を過ぎた頃、上の陰謀により受けた作戦によって命を落とすが、記憶を持//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全178部分)
  • 4355 user
  • 最終掲載日:2017/12/28 04:15
異世界迷宮で奴隷ハーレムを

ゲームだと思っていたら異世界に飛び込んでしまった男の物語。迷宮のあるゲーム的な世界でチートな設定を使ってがんばります。そこは、身分差があり、奴隷もいる社会。とな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全221部分)
  • 4287 user
  • 最終掲載日:2017/11/30 20:07
二度目の人生を異世界で

唐突に現れた神様を名乗る幼女に告げられた一言。 「功刀 蓮弥さん、貴方はお亡くなりになりました!。」 これは、どうも前の人生はきっちり大往生したらしい主人公が、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全388部分)
  • 4259 user
  • 最終掲載日:2018/01/15 12:00
クラスが異世界召喚されたなか俺だけ残ったんですが

【2017/9/30 モンスター文庫様より書籍化しました。また、デンシバーズ様にてコミカライズ連載が決定しました!】 突然異世界の神からの半ば強制的な依頼で俺//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全161部分)
  • 4839 user
  • 最終掲載日:2018/01/11 23:05
レジェンド

東北の田舎町に住んでいた佐伯玲二は夏休み中に事故によりその命を散らす。……だが、気が付くと白い世界に存在しており、目の前には得体の知れない光球が。その光球は異世//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1617部分)
  • 4297 user
  • 最終掲載日:2018/01/20 18:00
異世界転移で女神様から祝福を! ~いえ、手持ちの異能があるので結構です~

 放課後の学校に残っていた人がまとめて異世界に転移することになった。  呼び出されたのは王宮で、魔王を倒してほしいと言われる。転移の際に1人1つギフトを貰い勇者//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全191部分)
  • 4704 user
  • 最終掲載日:2018/01/21 00:00
異世界のんびり農家

●KADOKAWA/エンターブレイン様より書籍化されました。  【一巻 2017/10/30 発売中】  【二巻 2018/03/05 発売予定】 ●コミッ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全366部分)
  • 4238 user
  • 最終掲載日:2018/01/21 08:30
Knight's & Magic

メカヲタ社会人が異世界に転生。 その世界に存在する巨大な魔導兵器の乗り手となるべく、彼は情熱と怨念と執念で全力疾走を開始する……。 *お知らせ* ヒーロー文庫よ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全135部分)
  • 4469 user
  • 最終掲載日:2018/01/02 01:32
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全400部分)
  • 5478 user
  • 最終掲載日:2018/01/16 22:30
賢者の孫

 あらゆる魔法を極め、幾度も人類を災禍から救い、世界中から『賢者』と呼ばれる老人に拾われた、前世の記憶を持つ少年シン。  世俗を離れ隠居生活を送っていた賢者に孫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全126部分)
  • 4611 user
  • 最終掲載日:2017/12/24 06:11
聖者無双 ~サラリーマン、異世界で生き残るために歩む道~

地球の運命神と異世界ガルダルディアの主神が、ある日、賭け事をした。 運命神は賭けに負け、十の凡庸な魂を見繕い、異世界ガルダルディアの主神へ渡した。 その凡庸な魂//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全363部分)
  • 4595 user
  • 最終掲載日:2018/01/07 20:00
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部分)
  • 4340 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
デスマーチからはじまる異世界狂想曲( web版 )

◆カドカワBOOKSより、書籍版12巻、コミカライズ版6巻発売中! アニメ放送は2018年1月11日より放映開始です。【【【アニメ版の感想は活動報告の方にお願い//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全562部分)
  • 5546 user
  • 最終掲載日:2018/01/14 20:42
モンスターがあふれる世界になったので、好きに生きたいと思います

会社からの帰り道、主人公は大きな犬を轢いてしまう。 その瞬間、彼の頭の中に声が響いた。 ≪モンスターを討伐しました。経験値を獲得しました≫ 「え?」 突如として//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全84部分)
  • 4185 user
  • 最終掲載日:2018/01/18 18:00
ライブダンジョン!

ライブダンジョンという古いMMORPG。サービスが終了する前に五台のノートPCを駆使してクリアした京谷努は異世界へ誘われる。そして異世界でのダンジョン攻略をライ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全267部分)
  • 4210 user
  • 最終掲載日:2018/01/19 17:00
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えればた//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全301部分)
  • 5547 user
  • 最終掲載日:2018/01/20 18:00
カット&ペーストでこの世界を生きていく

成人を迎えると神様からスキルと呼ばれる技能を得られる世界。 主人公は二つのスキルを授かり、それをきっかけに英雄と呼ばれる存在へと成り上がる。 そんなありきたり//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全254部分)
  • 4363 user
  • 最終掲載日:2018/01/10 06:00
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部分)
  • 5407 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
外れスキル【地図化】を手にした俺は、最強パーティーと共にダンジョンに挑む

 【地図化(マッピング)】——。    15歳になったノートが贈与の儀で与えられたのは【世界地図(ワールドマップ)】や【地図(エリアマップ)】の下位互換とされて//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全47部分)
  • 4366 user
  • 最終掲載日:2017/11/18 15:18
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部分)
  • 4403 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
勇者の活躍はこれからだ!

どこにでもいる高校入学直前の少年御影達也は、ある日突然異世界に召喚され、『異世界の勇者』として魔王討伐をする羽目になった。 苦節十五年、ようやく魔王討伐に成功し//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全76部分)
  • 4507 user
  • 最終掲載日:2018/01/20 20:36
失格紋の最強賢者 ~世界最強の賢者が更に強くなるために転生しました~

とある世界に魔法戦闘を極め、『賢者』とまで呼ばれた者がいた。 彼は最強の戦術を求め、世界に存在するあらゆる魔法、戦術を研究し尽くした。  そうして導き出された//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全174部分)
  • 5110 user
  • 最終掲載日:2018/01/19 02:02
魔王様の街づくり!~最強のダンジョンは近代都市~

 書籍化決定しました。GAノベル様から三巻まで発売中!  魔王は自らが生み出した迷宮に人を誘い込みその絶望を食らい糧とする  だが、創造の魔王プロケルは絶望では//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全213部分)
  • 4835 user
  • 最終掲載日:2018/01/19 18:46
そのおっさん、異世界で二周目プレイを満喫中

中年冒険者ユーヤは努力家だが才能がなく、報われない日々を送っていた。 ある日、彼は社畜だった前世の記憶を取り戻し、かつてやり込んだゲーム世界に転生したと気付く。//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全67部分)
  • 4533 user
  • 最終掲載日:2018/01/19 18:32
真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました

 勇者の加護を持つ少女と魔王が戦うファンタジー世界。その世界で、初期レベルだけが高い『導き手』の加護を持つレッドは、妹である勇者の初期パーティーとして戦ってきた//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全71部分)
  • 4416 user
  • 最終掲載日:2018/01/19 19:16
アラフォー賢者の異世界生活日記

 VRRPG『ソード・アンド・ソーサリス』をプレイしていた大迫聡は、そのゲーム内に封印されていた邪神を倒してしまい、呪詛を受けて死亡する。  そんな彼が目覚めた//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全147部分)
  • 4483 user
  • 最終掲載日:2017/12/10 12:00
↑ページトップへ