挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

深夜のナツカシ通り

作者:ナツカシ
深夜のナツカシ通行人

あなたはandroid

ここを通りたければ

懐かしの通行証を

観せよ


以下の通り

過去を消化数


其処は、ナツカシの産まれた夜

ナツカシ通りです



山の向こうに海が見え

家から、それが見える


月の月の逆光で

目が覚める

陰が動いて音が出る

演出をナツカシ

動いてみます

わたしの
名前は、楽しい?

楽しい夜、楽しい想い出

楽しかった修学旅行

悲しいたのしみ



誰かが死に覚めると

楽しかった

死は楽しかった

それでも良かったら仲良くしてください

ナツカシ





評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ