挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

衝動。

作者:漣の音色
君からメッセージが届く。
それだけで少し嬉しく感じる。
なのに君ったら。僕を困らせようとするかのように
毎回不思議な内容なんだ。
今朝、君からのメッセージに気づいた。
今回も不思議な内容。は

『私は本気だよ。』

もちろんだ。僕も本気だ。
君が好き。って気持ちに偽りはない。
なのになんで。なんでこんな風に言うんだろう。
この気持ちを文章にするのなんて不可能だと思う。
言葉にして君に直接言えたらどんなに楽か。

『僕も本気だ。』

とりあえず打ってみる。
このまま送ってしまおうかと悩む。
ただこれで気持ちが伝えられる自信がない。
それを消して長文にしてみる。
なんだかしっくりこない。


やめた。

外出の支度をする。
財布をズボンのポケットに無造作に突っ込む。
何も考えぬまま家を飛び出して駅へと走り出す。

携帯とにらめっこはやめだ。
気持ちは固まってる。君に会いに行く。
会って直接伝えよう。この気持ち。
場所なんてもちろん知らない。
でも君とならどこかで出会えると思うんだ。
僕らは出会うべくして出会うはずだから。


携帯を開く。

『待ってて。君に会いに行く。』

それだけ送信した。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ