挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

姉と俺(と母と父)

奇跡

作者:聖魔光闇
なんじゃこりゃぁ!!
「ただいま! 母さん、見てくれよ! 凄いだろ! 奇跡じゃねぇかって自分でも思うんだ!」
 学校から帰って、一目散に母親の所に行くと、一枚の答案用紙を差し出した。
「何これ! 本当に!?」
 母親も驚きを隠せないようだ。
「凄いだろ! 奇跡的だろ!」
「本当ね……。奇跡ね……」
 弾ける俺とは裏腹に母の表情が曇っていく。
「俺が……悪いんじゃねぇよ……」
「本当に、そう思ってる!?」
 曇りきった母の顔が恐い。
「じゃ! 俺部屋に戻るわ!」
 答案用紙をふんだくり、部屋へ行こうとした俺の腕を母が掴んだ。
「な、何だよ」
「あんた、数学得意じゃなかったの!?」
「得意も得意。大得意教科だよ!」
「じゃあ、何なのよこの点数! 0点って何なのよ!」
「名前……書き忘れ……。でも! 名前書いてたら100点だったんだぜ! 奇跡的だろ!」
 開き直って、踏ん反り返った俺から答案用紙をもぎ取ると、
「今日、父さんが帰ってきたらわかってるわよね!」
 母が《鬼》に変貌していた。




『しくじった。奇跡的な出来事に浮かれ過ぎていたよ。……ハァ、説教か……』





 その夜、俺は父と母に呼ばれた。
「お前! 名前忘れで0点だったんだってな! しかも、名前をきちんと書いてたら、100点だったっていうじゃないか! 凄いな! 俺なんて、名前書いたのに0点取った事あるぞ!」
「へ?」
 父の顔を見る事も出来ず、俯いていたが、思わず父の顔を見た。
 すかさず母が、父の頭をペットボトルで殴った。
「あなた馬鹿!? 怒らなくちゃいけないでしょ!」
「そんな事言ったって100点だぞ100点。凄いじゃないか!」
「問題はそこじゃないでしょ!」
 目の前の夫婦は、もう俺の事も忘れたかのように喧嘩している。



『【夫婦喧嘩は犬も食わない】って言うしな、退散……しよーと……』



俺のせいか?

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ