挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
セラフィナイト~巡り来る青陽~ 作者:トト
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

4/14

~第四章~

「叶わぬ望みである事は承知しています。だからこそ私は、ただ貴方のお傍に居られれば良かった……」
「なっ、何を言ってるんだ!?」
「貴方をっ! 貴方だけを、ずっと愛していました!」
「馬鹿な事を。そんな事は昔から知っている」

 シェルは至極当たり前だ……と言わんばかりに平然とそう告げた。

「でも勘違いするな! お前が愛しているのは“王”としての俺であって“俺”じゃない!」
「確かに、私は王としての貴方を敬愛しています。貴方は一族の中で、いえ! この世界で私が敵わない唯一の方だ。私は貴方に憧れて焦がれて、妬んで……貴方のようになりたいと願った。けれど、私が人間として男として愛した貴方は王としての“貴方”じゃない!」
「…………?」
「私は幼い頃から、ずっと貴方を見てきました。貴方の弱さも脆さも、みんな知っています。私は、寧ろ貴方が“王”などではない方が良かった」
「……???」
「もし貴方が“王”でさえなければ……」

(私はもう疾うに、力ずくでも貴方を奪っていた……)


    挿絵(By みてみん)


 ――シェルタイト様、誰よりも貴方を愛しています――

 その言葉を生涯、口にするつもりはなかった。
 告げる事は許されない、決して叶わぬ想いだと分かっていた。
 何度も諦めようと思った。
 けれど、出来なかった。

 許されないと……。
 叶わないと思えば思うほど、更に想いは募る。
 口に出してしまえば止められない!
 一度堰を切った想いを止める事は、もう……出来ない!!


    挿絵(By みてみん)


「そう思ってるなら、何故こんな事をする!? こんな無礼は、譬えお前であっても許さない!」
「シェルタイト様、非礼はお詫び致します。けれど、私は……」
「それ以上言うな! セラフィナイト、今日までのお前の忠誠に免じて今のはなかった事にする。だが、二度目はない! 決定も覆さない! 拝命は一週間後だ! それまで俺の前に姿を見せるな!!」
「シェルタイト様っ!!」

 それは、有無を言わさない……絶対的な“王”の厳命だった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ