挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ある魔心導師と愚者の話 作者:藤一左

《遭難者の行方》編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

42/42

エピローグ『答え』


あれからいくらかの日数が経過して、貧血による立ちくらみもほぼほぼ無くなった頃の事だ。俺は自分の部屋で胡座をかいて、安っぽい紙束を安っぽく纏めただけの漫画を読んでいた。

「……なんじゃこりゃ」

冬月璃燕の作品なんだが、これがなんとも言えない。

絵はなかなか綺麗だった。淡いタッチで、萌えではないがリアルでも無い美男美女達の、軽音楽ストーリー。起承転結も丁寧だから、所詮はアマチュアの作品であることを忘れて、途中から安心して読めた。

「中身は別に良いんだが……」

吹奏楽部の二番手のドラムをバンドに誘うシーンな。

幼馴染みと一緒に全国で金賞を取ろうと約束して、その幼馴染みだけ転校しちゃってて、でも金賞は約束だからって頑張るけど、プレイスタイルが吹奏楽よりもロックバンド向きなせいで、二番手に甘んじている、という設定らしい。

らしいのだが……。

『私ね、君のスランプの理由、解るんだ。君も多分、解ってると思う』

『それが解ったら、苦労はしない』

『ううん、君は解ってる。解ってるけど、それを認めるのが怖いんだよ』

『……演奏する理由なんて無くなっていた。約束したから頑張ってきたが、なんで約束したかも忘れていた』

『なんで約束したの?』

『楽しかったから。音楽が』

『じゃあ、楽しい音楽をしようよ』

そう言ってボーカルのヒロインが手を差し伸べる。ドラムが手を取る。って流れ。

──既視感があるのは気のせいだよね!?

まぁ、まぁね、確かにこのへんのやり取りは俺と冬月のやり取りに似てる気がする。でもまぁ別によくある会話の流れだと思うし、そもそもこんなハッピーな雰囲気じゃなかったからね、あの時。

それよりも、たぶん、

「……詰め込み過ぎだよなぁ……」

大賞に送るようの短編でページ数はそんなに無いのに、バンドメンバー全員を揃えるのは、展開が早すぎる気はする。

「俺自身がせっかちだから、嫌いじゃねぇが……」

面白かったとも、思う。そのへんは流石に、努力を続けてきた人間だろう。ただ詰め込み過ぎて説得されるメンバー全員ちょろく感じる……。

「ほんと、嫌いじゃねぇが……」

結局、大切なところが解らなかった。

作品に宿る、伝えたいこと。

バンドメンバーの全員が、人間関係になんらかの問題を抱えていた。昔の約束。家庭環境。転校生だからぼっち。そういう、人と人との絆について、作中で明確に触れていた。

絆は触れないから、音で繋がって。

友情に形は無いから、音楽という形にする。

そういう物語。

「…………形、ねぇ」

そりゃそうだ。思念体にでもならなけりゃ、あらゆる思いに形は無い。確かめようが無いから、思念体になるまで肥沃化させてしまう。

でも、そうかもしれない。

思いを形にすることが出来たなら、思念体なんてものは、殆ど産まれない可能性が非常に高い。

そういう面では、

「あー! 彼方、私が来るまで待っててって言ったのに、もう読んでる!」

なんか悲鳴上げながら俺の部屋に入ってきたこいつ、愛野は、思念体とは程遠い存在のはずだよなぁ。我慢はするけど、形にするの得意そう。

「いや、一冊しかねぇのに、一緒に読めるわけねぇだろ」

俺は読み終わっているため、愛野のほうへ放り投げる。

「ちょっ、と、とわ!」

なんか足掻きながらなんとかキャッチした愛野。

「丁寧に扱いなさいよ!」

「大賞に送るのは別個に印刷してるっつってたし、丁寧に扱う必要はねぇだろ」

「そういうのじゃないの、こういうのは、気持ちが大事なの」

「こういうのってどういうの」

抽象的過ぎて解らん。

「こういうのは、こういうの」

きっとその漫画の事だったのだろう、愛野はすぐさま、その作品に没頭しだした。

邪魔するほど話したいことなんて無い。愛野が読んでる間、物思いに耽る。

『お疲れ様だったね、彼方くん、青衣』

思い出したのは、遠足が終わって3日後の、御藍のおっさんとのやりとりだ。

遠足あとの日曜日と代替休日は手当てと輸血で終わって、そこからは傷も生々しい中で普通に登校した。

俺も光峰も一時戦線離脱したため、御藍のおっさんは色んなところで数人分の仕事をしていたらしい。やっとこさ暇を作って来たと思えば、すぐに仕事の話だった。



「大変だったろう。分離思念体の母体討伐、おめでとう」

「何がめでてぇのか解んねぇけど、協力には感謝せんでもない」

ここは流石に素直に言っておく。あの作戦は、このおっさんと春香も居なければ成り立たなかった。

「お父様あっての成果です」

と、恭しく頭を下げる光峰。しかし、身体のそこかしこを庇いながらの礼だからか、妙に滑稽だった。

「彼方くんあっての成果であり、青衣あっての成果だよ。私はあくまで、手伝ったに過ぎない」

当たり前のようにこれを言うのだから、出来た人間なのは確かだろう。

「しかし、申し訳ありません、お父様。今日も、こっちの思念体まで排除して頂いて」

「構わんさ、君達は本来修行中の身。強大な敵を倒した事で、君達は今回、間違いなく成長した。その成長があれば、何も問題無い」

「ありがとうございます」

光峰は素直に受け取ったらしいが、俺はそう出来なかった。

「成長、ねぇ」

筋トレとは訳が違う。やったから、倒したからと言って、成長したと断言出来ない。そもそも俺に成長願望が無いのだから、問題大ありだ。

そうやって訝しむ俺の内心を見抜いたらしいおっさんは、柔らかく笑ってみせた。

「そう、成長だ。成長とは、常にしたくてするとは限らない。時に、何かに強いられ、初めて為せる成長もある」

「嫌味ったらしい成長もあったもんだな」

「そうだね。悲しくとも、成長であり、進歩だ」

「…………」

その言葉に何も返せなかったのは、不意に、今頃漫画を書きまくっているであろう冬月が脳裏を過ぎったからだ。

夢を諦めた冬月。俺はそれを、悲劇を強要したと認識していたし、多分、愛野も似たような感想だろう。冬月にとっては間違いなく、悲劇だったに違いない。

しかしそれを、例えば母さんはこう言い表した。

『切り捨てられて初めて拾われる』

そういう救いもあるのだと。

それをこのおっさんが言うと。こうなるらしい。

悲しくとも成長であり、進歩。

皮肉だ。

誰も望んじゃいないのに、それが進歩だと言うのだから。

「君達が怪我を負ったのを、名誉の負傷と言って誤魔化すのは好きじゃない。負傷は悲しいことだからね」

でも、と、おっさんは続けてこう言った。

「そうまでして、君達が何かに立ち向かったという事実に、私は、喜ばざるを得ないんだよ」

「人が怪我して悲しんでんのに、なんつーおっさんだ。これで実は大して成長してませんでした、とかだったらどうすんだよ」

なんとなく解るのは、きっとおっさんは、挑んだことそのものが進歩の証、とか言いそうな事くらいだ。

そう思ったのだが、おっさんは何故か苦笑した。



──成長以外でもそうだ。ものの善し悪しは、手に入れて少ししてからじゃなきゃ、本当の意味では解らないものだよ。



「ゆうかーーーーーーーー!!」

愛野がキャラの名前を叫びながら涙を流していた。え、そんなになるようなテンションの高いシーンあった?

「うるせぇよ。ここ俺の部屋だぞ」

「だって……だってぇ。ゆうかちゃん、羨ましくって……」

悠花(ゆうか)とは、冬月の漫画のヒロインだ。転校してきて、主人公にバンドをしようと持ちかけるキャラ。

確かに、人の和を広げる悠花の行為は、愛野が頑張ってきて、1度失って、なんとか取り戻して、そして先日、神田川が失ったものだ。

そう考えると、この漫画のヒロインたる悠花と愛野は、似ているのかもしれない。似つかないところと言えば、悠花には一切の遠慮がなく、愛野は変なところで遠慮してしまうところか。

だから、羨ましい。なるほどよく解る理屈だ。

「こうまで人を巻き込むやつってのは、現実だと結構ウザイだけだぞ」

漫画に出てくる行動力の高いキャラというのは、相手に相応の裏付けがあって初めてバランスが取れるもんだ。

しかし、俺の意見は的外れだったらしい。愛野はフルフルと首を横に振る。

「私はそう思うってだけなんだけどね、誰かの居場所って、誰かが頑張ってるから維持されるんだと思うの。一見(いっけん)誰も意識してないように見えても、誰かが気遣ってたり、頑張ってバランスを取ってる。そうやって誰かにとって、居心地の良い場所が出来るって」

それでね、と、愛野はその漫画を畳に置く。

「悠花ちゃんは沢山の人の居場所になれるんだろうなぁって、そう思っちゃったんだ」

漫画の縁をなぞる指は、孵化したての雛を撫でるようだった。見つめる目も、微笑んだ口元も、濁り無さすぎて俺には眩しかった。

だから愛野から目を逸らし、そしてはたと思いつく。

それが、愛野茲菜という人間なのかもしれない、と。

誰かにとっての居場所であろうとして、だけど踏み込むのが怖くて。助けたくて、でも弱くて、不幸にはしたくなくて、だけど選べなくて。誰しもにとっての居場所でありたくて。

そういう居場所を共有した人間同士を、あるいは友達と呼ぶのだろうか。

「…………わっかんねぇ」

結局友達ってなんなのって話だ。ここ最近だけで色んな事を言われた気がする。いくつかの定義を見出して、けど納得は出来ずに居た。

そもそもだ。

ものの善し悪しは、手に入れて初めて知ると御藍のおっさんは言った。悲しかろうと進歩とも言った。逆説すれば、進歩したところで悲しいこともあるのだ。

そして、切り捨てられて初めて拾われる救いもあると母さんが言った。手放さなければ進めないものもあると。

なら、繰り返すしか無いのか。

拾って。捨てて。そういう取捨選択を何度も繰り返した先でしか得られない答えがあると。

多分、そういうものなのだ。友達というのは。人間関係というのは。

拾わなければ始まらない。捨てなければキリが無い。

善し悪しなんかは解らない。今回の神田川みたいに、予想だにしなかった結末をぶち込んでくるパターンもある。

「……ああ、めんどくせぇ」

「なにが?」

「さて、なんだろうな」

「あっそ」

「聞いといて素っ気ねぇな」

「そりゃそうでしょ。彼方が何を考えてるかなんて、まだ付き合いの浅い私じゃ──」

当たり前のように愛野は言う。きっと最初から、それが答えだった。愛野はずっと知っていたのかもしれない。

俺もようやく解ってしまった。最近俺を悩ませ続けていた案件。すなわち、『友達ってなんぞや』その答えを見つけてしまった。

たぶん、こんな下らないものが答えなのだ。

「──考えるだけ無駄よ」

色々と考えるのが面倒になるほどに、思考を止めたくなるほどに、下らない答えだった。
ここまで読んでくださった方がもし居ましたら、ありがとうございます。作者です。

長かったですねぇ。

でも、ストーリーはじっくりめだった気がします。

多分読んで下さった方よりも、僕が一番楽しんだんだろうなぁ。好きだったなぁ、彼方。

お付き合いいただけて幸いです。

ありがとうございました。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。

※書籍化しています。既刊3巻まで。4巻も発売予定です! 成長チート? 無限の魔力? 全属性使用可能? そんなもの即死能力で一撃ですが? 本当に最強なら、戦いに//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全101部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/10/16 00:06
異世界にて奏でる伝説 ~時を止める者~

無表情すぎて『人形王子』という異名をもつ主人公の早乙女奏。ある日、彼はクラスごと異世界に勇者召喚されてしまう。飛ばされる途中、彼だけは神様のいる空間を経由したの//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全38部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/10/19 17:22
眼鏡とあまのじゃく ~真逆の君に恋するなんて、絶対あり得ない(はずだった。)〜

宝島社文庫より加筆修正版が「君に恋をするなんて、ありえないはずだった」というタイトルで書籍化されました。 主人公・飯島靖貴。地方の県立高校に通う三年の受験生。//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 完結済(全110部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/08/06 01:29
ステータスが見えるようになったらハーレムできた

遠藤 達也は普通の高校生。人と違うところといえば、クォーターという事くらい。 しかしある日、ステータスが見えるようになる。 そんな達也がクラスメイトの秘密を覗い//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全36部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/02/10 00:00
エリクシアオブライフ ~不死の災いと悪魔の写本~

英雄に憧れる少年クロ・クロイツァーは、悪魔の少女エリクシアと出会い「不死」になる。クロは不死身になってはじめて自分の才能を知る。手負いの獣のように、致命傷を負え//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全57部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/10/14 18:08
うちの武器屋の赤字事情

 聖剣――多くの英雄、冒険者が追い求めた伝説の武器。手に入れるためには莫大な資金を用意し、様々な困難を乗り越え、そして何よりも強運が必要となるだろう。  たとえ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全31部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/04/27 00:00
ラスボスの向こう側~最強の裏ボス=邪神に転生したけど、1000年誰も来ないから学園に通うことにした~

観察好きの16歳の少年は事故で短い生涯を終える。すると神が現れ、少年にふさわしい転生先があるからやってくれないかと頼まれた。 少年は快諾し、異世界転生する。転生//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全146部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/01/22 18:00
英雄覇道の狐巫女(旧:勘当されたけど伝説の狐巫女がいる!)

 此処は精霊都市エレメア。  英雄の血統を持つ家の少年アルフは低位な精霊獣の小狐を呼び出してしまい、家から追い出されてしまう。  しかしその小狐の正体はかつて大//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全61部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/10/22 07:59
ブックマスター

水木和也は、ある日のHR中にクラスメイトと共に異世界に召喚されてしまう 微妙な称号しか得られなかった和也が、いつの日か最強になる話 10/06 スキルレベルの表//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全21部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2014/10/18 13:37
灰被りの勇者と封印されし聖女~疫病神の英雄譚~

疫病神と疎まれてきた少年、服部八雲は、ある日、クラスの全員とともに異世界に召喚されてしまう。その世界はまさに剣と魔法の世界だった。そこでは、魔法こそが身を守る術//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全67部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/01/21 00:03
流星のアステル

 小さな町の鍛冶屋の次男として生を受けたアステルの魔力には誰もが持っているはずの属性がなかった。  属性がないため魔法を使えないアステルだったが、魔力を操ること//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全173部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/09/30 00:00
リワールド・フロンティア-最弱にして最強の支援術式使い〈エンハンサー〉-

※「好きラノ(2017年上期)」にてランキング【7位】をいただきました。ありがとうございます。   「支援術式が得意なんですけど、やっぱりパーティーには入れても//

  • アクション〔文芸〕
  • 連載(全97部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/10/05 17:17
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム-

 各プレイヤーの行動や性格、プレイスタイルによって独自に能力が進化するシステム<エンブリオ>。人と間違うような、確かにその世界に息づくNPCたち<ティアン>。そ//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全308部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 21:00
トラベラーズ・レコード

 様々な世界を旅していた彼が辿り付いた場所は、人間と魔物が存在する世界だった。  戦いにより摩耗し磨り減った人類の世界――その中、彼は勇者と呼ばれる少女と邂逅す//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全76部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/08/25 03:16
ロストナンバー

通う生徒全員が“能力者”の学校、私立光輪高校。この高校では、能力の強さによって厳格な順位づけが行われ、実力主義の世界が形成されていた。ここに通う一生徒早房景は、//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全60部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/09/04 23:33
灰色の勇者は人外道を歩み続ける

灰色の勇者として異世界に勇者召喚された日本人、灰羽秋。 だが彼は召喚された12人の勇者たちのなかで唯一1人だけ、スキルの選択に時間をかけすぎてしまい別の大陸へ誤//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全67部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/04/23 00:47
Eクラス冒険者は果てなき騎士の夢を見る 「先生、ステータス画面が読めないんだけど」

ステータス。それは神様から与えられた才能が一目で分かる魔法の画面。 そんなステータス画面が重要視される世界で、主人公のライのステータスだけは、本人はおろか誰に//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全107部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/10/18 22:09
農民関連のスキルばっか上げてたら何故か強くなった。

超一流の農民として生きていくため、 農民関連のスキルと、たまに友人の仕事の 手伝いで他のスキルレベルも上げていた アル・ウェイン。 ある日、最後のスキルのレベ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全179部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/10/21 02:31
無属性魔法の救世主(メサイア)

とある諸事情で異世界転生を果たした俺。転生先は剣と魔法のファンタジー世界であり、貴族の次男として生まれた。だが親からは一切愛情をそそがれず、相手にもされない。能//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全65部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/07/10 11:26
チート転生者の俺は悪役に仕立てられ国外追放された令嬢を拾った。

異世界へと転生した少年、トキワ クニシロはある日少女を拾った。 少女は森を挟んだ隣の国の元公爵令嬢。王太子に謂れのない罪を着せられ、婚約破棄されてさらには国外追//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全58部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/11/26 00:08
異世界迷宮の最深部を目指そう 《一章~七章》

「異世界に迷い込んだ少年は見覚えのない暗い回廊で目を覚まし、魔物にも人間にも殺されかけてしまう。その後、彼は元の世界へ帰還するために、迷宮の最深部を目指すことに//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 連載(全373部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/06/02 17:46
スキルを使い続けたら変異したんだが?

俺、神城勇人は暇潰しにVRMMOに手を伸ばす。 だけど、スキルポイントの振り分けが複雑な上に面倒で、無強化の初期スキルのみでレベル上げを始めた。 それから一週間//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 完結済(全43部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/04/17 21:15
魔界帰りの劣等能力者

堂杜祐人(どうもりひろと)は異能を受け継ぐ最強の霊剣師の家系、堂杜家に生まれた。 しかし、父と母から霊力、魔力と相反する力を引き継いでしまい、魔力側だけを//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全206部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/10/23 00:30
異世界のキャンセラー~不遇職でもキャンセルスキルで無双する~

巨大隕石が落ちて地球は滅びた。だが彼は地球最後の日も呑気にゲームをプレイしていた。そして地球が滅亡した瞬間彼は自分がプレイしていたゲームそっくりの異世界にいた。//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全254部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/10/04 21:01
Bグループの少年

 クラスや校内で目立つグループをA(目立つ)のグループとして、目立たないグループはC(目立たない)とすれば、その中間のグループはB(普通)となる。そんなカテゴリ//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全2部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/05/24 03:22
異世界魔法は遅れてる!

※2017/7/25 『異世界魔法は遅れてる!』コミカライズ第一巻が発売します! 漫画です!  コミカライズ担当はCOMTAさんです!    八鍵水明(やか//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全152部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/07/22 20:02
鉄鋼車にて異世界へ

宝くじの一等当選に喜ぶ俺は、女神から一年の余命宣告を受けてしまう。 とある神の悪質な改竄による被害者であるらしい俺に、女神は「一年後、貴方を異世界に送ります」と//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全57部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/07/25 17:40
虚弱高校生が世界最強となるまでの異世界武者修行日誌 

 楠恭弥は優秀な兄の凍夜、お転婆だが体が弱い妹の沙耶、寡黙な父の利徳と何気ない日常を送ってきたが、兄の婚約者であり幼馴染の倖月朱花に裏切られ、兄は失踪し、父は心//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全19部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/08/31 20:21
天職に支配されたこの異世界で

理不尽な事故によって人生を台無しにされた大学三年の主人公、氷室(ひむろ)一夜(いちや)はとある謎の老人の導きによって異世界へと送り出されることとなる。 そして//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全107部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/09/20 19:35
黒の星眷使い ~世界最強の魔法使いの弟子~

 異世界に転生した主人公、ソウジ・バウスフィールドは魔力はあるのに魔法を扱う才能のない落ちこぼれとして魔法の名門であるバウスフィールド家で蔑まれてきた。七歳の誕//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全167部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/10/05 17:00
職業リア充の異世界無双。

いつも通りの日常を送っていたガチオタ主人公、芝崎優斗のクラスに、突然光が降り注ぐ。そして目を開いたらそこには森が広がっていた。チート能力を持ってるかと思い、いつ//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全66部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/04/07 20:38
金色の文字使い ~勇者四人に巻き込まれたユニークチート~

『金色の文字使い』は「コンジキのワードマスター」と読んで下さい。 あらすじ  ある日、主人公である丘村日色は異世界へと飛ばされた。四人の勇者に巻き込まれて召喚//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全816部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/10/18 00:00
氷使いは栄光の夢を見る

強さを求め氷属性最強となった主人公のジエロ。 強さを極めた先に何も無いことに気づき虚無感に苛まれたジエロは、自分を討伐しに来た親友に封印されることにした。 そし//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全105部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/06/24 18:54
リアル世界にダンジョンが出来た

第4回ネット小説大賞で受賞。それに伴い書籍化決定! 2017/10/10 PV3000万達成しました〜!! 2017/05/25 「復讐の乙女と最凶の刃」という//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全157部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/10/15 12:00
『Innocent World Online』 極振りさんのVR日記

話題のVRMMO『Innocent World Online』。多種多様なスキルによる自由度が売りのこのゲームで、常人には真似できない変態プレイをしている一人の//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 完結済(全183部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/01/14 00:00
↑ページトップへ