挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ある魔心導師と愚者の話 作者:藤一左

《禍根の瞳》編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/42

プロローグ『答えの問いかけ』

『お前が守りたいもんはなんだ』

 と、向かい合ったそいつに訊ねられ、俺は疑問ごと否定する。

「そんなもんありゃしねぇよ。そんくらいは解ってんだろ。なんの嫌味だ」

 すると、そいつはさらに質問を重ねる。

『お前が守るべきもんはなんだ』

 その質問を、俺は嘲る。

「知らねぇな、と言いたいところだが、あれだ、俺はナルシストだからよ。自分が大事っつーわけで、俺が守りたいもんは自分自身だ」

 それは皮肉でしかなかった。だがその皮肉に、そいつは卑屈な笑声を上げる。

『成長したなー、ほんと』

 気色悪い笑みなのは、きっとお互い様だった。

「おかげさまでな。随分後ろ向きな成長が出来た」

 その返しは嫌味のつもりだった。だが、俺の嫌味に対し、そいつは満足げにこう言うのだ。

『後ろ? はっ、どっちが前かも解ってねぇのに、どの口が言いやがる』

 俺は黙った。沈黙の理由は、そいつの言葉の真意を掴めなかったからに他ならない。

『なら俺が教えてやるよ』

 口を閉ざした俺の代わりに、そいつは続ける。両手を広げて、得意げに回答を紡ぐ。

『お前が守りたいもんは――』



 そのやり取りの発端を、どこから語ればいいのか解らない。

 解らないから、一番最初まで遡ってみるとしよう。この場合での最初とはつまり、俺が一番最初に、「守りたいもんはなんだ」と、自分自身に問い掛けた時の事だ。

 そうさな、時系列で言うなら、始まりは小学生の時で、中学生では何事も無かったからスルーして、高校に上がってあいつと遭遇した時まで時間が飛ぶ。そんな感じだ。

 あらかじめ明記しておく。

 これは、心にも無い事を平気で言う嘘つきであり、心無いことも平然とやってのける薄情者でもある、そんなクズの物語だ。
昔書いていたアカウントが使えなくなってたのですが、どうしても書きたくなり、コピペで復元中です。

最初は早いかもしれませんが、途中から更新遅くなります。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ