挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。
この作品には 〔ボーイズラブ要素〕 が含まれています。
この連載小説は未完結のまま約1年以上の間、更新されていません。
今後、次話投稿されない可能性が極めて高いです。予めご了承下さい。

セルリアンブルーの瞳

作者:小室
民俗学者とその助手の呪いを巡る物語です。
ホラーと言うよりオカルト色が強いかも知れません。各話に挿絵があります。
pixivにも投稿してます。
1.鬼塚
2015/05/24 19:10
2.霧の中
2015/06/13 09:40
3.石棺
2015/07/10 23:08
4.空白
2015/07/12 15:55
5.陰雨
2015/07/24 22:26
6.告白
2015/08/14 18:22
7.南十星
2015/08/16 14:04
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ