挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

誓い-YUUside RECORDING Style-

作者:癸 那音
どうも。
みずみです。
よろしくお願いいたします。
 何度やっても照れる、けど――。
「ケン」
 僕はケータイにむかってその名前をつぶやいた。ケン――坂井さかい けんは、僕の幼馴染で、クラスメイトで、恋人。僕のことを一生愛すと誓ってくれた人。
 ひとことだけで、録音を終えた。さっそくケン宛てのメールにデータを添付する。
 返事はすぐに返ってきた。
『あと何パターンかちょーだい』
 僕は呆れながらもケータイのボイスレコーダーを起動して、57回目の録音にとりかかる。
 今度はちょっと怒ってみようかな、なんて思ってみたりして。

 ケンがお許しを出してくれたのは、96個目のボイスを送信してからだった。
『ユウ、ボイスありがと。おつかれ。たくさんあるから、どれに設定しようか迷うよ~。』
 メールの添付ボイスには、そんなことが吹き込んであった。自分がいっぱい録らせたんじゃん、と心の中で思ってみる。
 でも、まあ、ケンは喜んでくれてる。そう思うと嬉しくて、ケンにメールを送信する。
『ケンもボイスちょーだい』



 2分もしないうちにさっそくもらった「ユ~ウ~」のボイスを、着ボイスに設定した。もちろんケンからのアクセス専用で。「ユ~ウ~」は、口調が普段のケンからは想像もできなくて、思わず笑ってしまった。

 ――そしてその後100回くらい、ケータイからケンに名前を呼ばれた。
 ケンも、相当負けず嫌いだもんね。

 ありがと、ケン。
読んでいただきありがとうございました。
感想、アドバイス等々遠慮なく。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ