挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

作者:ペンネーム
みろよみろよ
A君『ふぅ~↑寒いねぇ...』

B君『寒くない』

A君『そりゃあね、書いてるの5月だからね、寒くないね』



A君『なんか投稿しようとしたら200文字書いてないから投稿できないって
でたんだけど...』

B君『あ、そっかぁ...(諦め)』

A君『君さぁ...こんな夜中に馬鹿みたいな小説とも言えない
文章一人で書いて投稿してマスターベーションして恥ずかしくないのかい?』

B君『君だって筆者が書きあげたキャラクターだよ』

A君『うっそだろお前...』

B君『二百文字いったと思うので投稿してきます』



評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ